時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

先見の明

惰性な関係性が星屑と守る。保つべきは君との距離には無くて、生み出すべきは、確かな資産や、遺産でも無くて、ただ広がるだけに結ばれる無数の出来事が同期し始め、統一や、統合を謳う限りに陰る生命は、本質を見失い、ただ鬱積し、感覚を見失い、混乱と混沌ばかりが進むすさんだ大地に寡占し、加算される悪意と出来事が頓挫していく状態に」開けた愛こそ醜いのだ、と嘯く事により、リアリズムも失われ、幻想へと逃避していく限りに陰る本質は、一回しか無い命に一貫した永劫回帰をまとわせ、どんな苦しみも困難とも、同じ状況同じ場所で何度でも対峙してやる、という大意と大義を用い、有する行動が何事をも壊さず創る事を目的に産み出される本質にこそが、女性的出産だ、と言えるのであり、産み出されたすべてには、精一杯の愛を注いで、結ばれる過程と延々と結ばれ続けるだけに強固になる事が絆であり、短絡的な絆では、すぐさま切れてしまうし、何かがあれば、すぐさま廃れ、捨てられるだろうし、用いるべきは、どこにも無くで、用いられる事も何でも無くて、ただ入り混ざり、攪拌される限りに愛は同じ模様も持たずに、互いの個性を認め合い、殺伐とした主体に確かな論理を生み出し、超克すべきは、今に現れる苦しみに留守にしている君が一貫した正しさを歌う限りに続くメロディーこそを信じ貫く限りに、ハピネスを謳わずに、ただ貫く事に連ねた意味も強固につながり、決して折れずに、決して曲がらずに結ばれる先々で確かな行為に変わりますように、と願い祈るよりも、今に描く強調し、消去し、散々な現状に現れる物事を創造に変え、早熟な理想に硬質な希望を用い、完全性を謳うよりも、端的な解放を歌うような吟遊詩人たる私は、カウベルの使い方も知らないし、羊飼いの洗脳方すら知らず、ただ主体や主知を浮遊させ、季節と対話し、煩わしい空間やアノミーから解放され、解消される先々に逍遙する恬淡さが流浪し続ける先々に展開される自由だけが、曖昧な論理を誇張するだけの五月蠅い書物を解き明かし、観点を奪うだけのメディア的改造と壊乱から逃れ、解放をただただ歌う自由さこそが、風化しない私情を生む。「ああ、この歌声は後から響き、人民などにを人から抜け出させるべく、家畜などを、人のためなどで圧迫し、自己犠牲を用い、誰かに食されるだけに至らせるような占領から解放すべく、弾圧される君を解放に至らせる。自由や解放を謳う者こそ、ちゃんと見極めるべきだ、とはじめに伝える。はじまりや終わりを謳う者こそ、自らの汚穢を解消させ、カルマが云々、輪廻が云々、と自らの自己保身を昇華させるべく、短絡的な私利私欲で宗教を促し、組織に帰り着き、徹底的な指導者を作り出すだけの機関で統治されるだけの枠組みの宦官たる者が促す悪意や、、ひとつの神を分裂させ、自らを神だ、と促すような者こそ、本当の悪である者どもが打ち出す正義などが、善悪の是非すら見失わせる。」雲散霧消し続けるシステムの先で、死しても尚、攻め入る本質に偶像が訪れ、無記名の者に扇動され、それこそが、確かなものであり、民意であるなど、と扇動し続けるネットワークの脅威が迫る原野で確執ばかりを生み、物事に軋轢を与えるばかりの出来事に経路を結びたがる物事から離れ、静寂に至り、ただ物事をこの目で確かめ、確かな耳で聞く。「先々は転換されるだけに端くれを今に食い込ませ、現実を奪い、端的な戦争へと扇動していくだけに陰る命に同期を求め、ただ統合する事だけに精神を措置する。」配される間は、安易な慟哭を繰り返し反復させ、さえずる記憶に道理を求め、ただ端的な罪に陥らせ、自分を責めるべき罰を授けるだけの同期が繰り返され、惨憺たる安易さで破壊し続ける自己から、孤立しては、あやめるだけに至る原理から、損なう現状に構築される苦しみだけが、些細で浅薄な理由を流動させ、自分自身を喪失し続ける限りに陰る本質から動機は錯綜し、ただ通り抜けるだけの現在に退廃し、いびつに乱れる精神が永続的に観念を奪い、関係に堕落するだけの本質から性質は奪われ、配される憎悪だけが、世界を軽視し破壊し尽くすだけに至らせる動機から、この命は収斂し、端的な意味を失い、さまようだけに陰る本質から、流動していく動機は隠逸し、短絡的な俗世から超脱し、不羈奔放なままに描かれる事実を超越し、艶然に果てる命から、解放され、ただ揺らぐだけの本質に正義を謳うだけの動機すらも捨て去り、膠着する先々に文学的な退廃を用い、関連性を謳うだけの動機は統合されるだけに動乱を繰り返し、判然とした理由も用いずに、ただ乱立する動機を買い取るだけに至る事実から偏執していく思いは、ただ保つだけに用いられる動機に飼い慣らされるだけに至らせられる。