時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

傾倒する朝

けだるい朝も卑屈にもだえるんですね、と散漫な答えを重ね、取り外すべき重力や、充溢していく事柄をシンプルに変えるような永劫に閑散とした主体がとりとめも無い事柄を往復し、複製されるだけの真実にごまかされるだけに重ねる事実も、何かものものしく感じ、牛耳られる後先に宛先も無く、わびさびも無ければ、萎える物語の先々で尖鋭的な林立を執り行う分裂的な過去からコアを抜き取り、燦然と輝く後ろめたいメンタルから、敢行する意識は、生命的な互換を終え、身体を引き離し、ただはつらつと泳ぐ深淵で静謐な聖域を探し当て、端的な理由に孤立するような不思議な道理に巻き込まれ、慢性的な痛みに改ざんされては、介在する意味すら不潔に感じるような思春期の経路から、観点を抜き取り、あやめる月日に関連するだけの自堕落な対比を終える月日に朦朧としては、答えも太古に消え去り、自らの諧謔を思い出し、思い浮かべる矢先に知り合う言葉も、横柄さを抱え、充溢していく怒りばかりが、新興的な汚い化け物に変える今にもおののくアンニュイな暗雲にかかるジェラシーが淫蕩な季節の施設で解体され、過干渉な身体に無機質な性質を当てつけこすりつけるだけに哲学的な狂騒に消え入る本質は手入れを無視し、つたない思いを改ざんし、邂逅していく矢先にちりばめる意志も狭まるだけに至り、印象に摩耗される精神は、孤独を恐れるばかりで、、物事の本質すら失い、ただ支配されるだけに堅持する意志は、権力を用い、混同する意志に磔にされる力に反する力に境域を生み出し、教育的な体罰から、端的な虐待に至らせるような悲劇的な電子的融合から、傀儡と化するだけにアニミズムを叫ぶ原理的な主張から、不倶戴天を生み出すほどの敵意から、明晰なルサンチマンは、ただ破壊するだけに至るだけのニヒリズムに巧緻なリスクを背負わせ、工賃を盗み取り、ぬぐわれる、と謳うだけに迫る信仰に浸透するのは、確かさを培養せずに、ただ破壊的に至らせるような人間を作り出し、人間たるものの型に嵌め、創造性を失い、ただないがしろにされる心身は象徴的な何かを信仰するだけに心象は、対立するだけに至る自己と他者との利己的な関係から、軽薄な理想を追求し、鬱積する状態に受理していく散漫な行為に感染していくだけに心象にさえずる猜疑心から、コンテンツを牛耳る既得権と天下りに従属していくだけの位置から、力は寡占されるだけの浪費を重ね、観点を失い、照合するだけの答えに行為をなすりつけ、ただ血合いを施し、空になった身体に新たな血を与え、何もかもを奪うだけに至らせるような貪婪な答えから、完結していくこころなどは、ただ脳が支配していただけに血流により操作されていただけに至らぬ精神は、形骸化した論理に備わるだけの答えの中で寡占されるだけの乖離した身体を傍観するようなシステム的な内膜を突き破るような赤子の悪意たるものを内心で抱え、内向的な修繕を執り行うだけの醜状から、排斥される言葉に混沌としていくだけに身体は加速し、加工された道理を埋め込むだけの懐疑的なこころに生じる先天的なアクメや、敗因や、空間的なるつぼに嵌め込む欲や、抑揚を廃棄した中庸にひしめく緩衝しない感情に損なうだけの関連性に動機は、浪費されるだけの精神を形骸に変え、寡占されただけの支配的な身体に充実感を嘯く限りに陰る本質から、流動していく空間からエクソダスし、淵源に果てるモラルなどが原生に謳われる限りに、贋物の身体は分裂的な対象にそぐう限りに陰る本質に縫い合わされ色あせるだけに至らせる愛からかけ離れ、儚い道理に動機は白昼夢に重なり、暴走し続ける清貧な精神は、変える位置や、意味などを用いず、ただ帰る場所すら引き裂く事に定義は無く、ただ乗り越え飛び越えるだけに至らせる要因に因子は無く、ただ改悪されるだけの答えに乖離していくシステム的な負け犬などはおらず、ただ押さえ込まれ支配されるだけに至る抑止から、要因は、陰惨な法理をまとい、システム的にすすけては、何事にも囲われずに、精神だけが自由であれば、自由などは求めずに、ただ求められる事も無く、感じる悲しみすら他者の身体を介して癒やすだけにうやむやにしていく自己を傍観するだけに至る他者の快楽を借りた身体から浪費していく快楽から、解体される真理から、妨げる日々から、生命は愚鈍な主張を繰り返し、集中豪雨に濡れる悲惨な身体から、乖離していく区域から、加算される原因にすらもおののかずに反する限りに陰らぬ本心から、成否を取り除き、批判的な主張を繰り返し、物事の主知力を交互させては、関連する状態に連動していく動機に反し、根底から同期せずに、関連を奪い、系統に嵌め込むだけに至らせるような事を愛だ、と履き違えるような輩が支配的な回路を差し込み、君の意味を失わせるだけに薄明で軽薄な自分などを標記させるようなナンバリングを施され、毒するだけに至らせるような嫉視を培養し、ただ誰が何を用い、何が誰を買い取るのか、と迫るだけの欲から、関連性はリズムを失い、自壊するだけに至るような自然の摂理にすら反するような言葉をガイアに投げかけ、陥穽に落ち込むような行為に基づき、拘引されずに、何事にも反する限りに、我は我を認識し、何事にも不足せずに、自由すら求めぬ。