時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

隠滅

孤独な夜の倒し方を学ぶ。瀰漫した欺瞞を吸い取る女神がきらめく今にも夜は推考を続け、啜る意識から、観点は浪費する瞬間にすべては移動し、確かな意味とは、今に契りを交わし、契約的な愛に廃滅する。不確かな何かを抱え、豊かなものなど隠滅するような夜の寒さに耐える孤立した幽遠に悲愁漂う予感から、苛烈な動機にモラルなどを食い込ませるような同じ格好をして、同じ事を思わせる傀儡の大群から逃げ惑う今から象徴的な死地を掲げる今から広がる意味へと追憶は、俗っぽく変換され、牽制を繰り返し、ただ操られるだけに至る原理から、損なう影に広がる意識がでたらめな構造の中で改ざんされる今からプログラミングされる形に擁護され、酔いしれる先で検疫にかけられ、ありもしない病を抱えさせられ、先天的な物語を踏みにじり、健全な過去に酔いしれるだけのデカダンな法で囲い、邪推し、浄化されない気持ちにないがしろにしていく先で指定されるだけの権限などに捕まりながら、捉える今から途絶える安易で幼稚な道筋に道理などを突きつけ、真理をうそぶく間すべてが武器に変わり、誰をも攻撃するような批判的な構図に、高次な者はおらず、ただ押しつけ合うだけに至るような悲劇の中で加算される原理は、理想を供給するだけに境域に陰鬱な衝動を攪拌させ、観点を奪い、乗じる先に延々と浪費していく主体から還元される事ばかりがせめぎ合い、心象に与える影響が損ない続ける行いから留守になり続ける抽象的な自己を慰問し続ける乖離した利己的な独裁的な自己から、理想は供給されるだけに歪み、その場で屈従するように、と倒錯させては、他人任せに促し、互いをかばい合わずに、ただ独占されるだけに所有欲ばかりが木霊し、出し抜けるためだけに互いを利用するように仕向け、互いを道具のように扱う愚行から、この偶像に孤立していく偶然から、修繕されない思いに内積する悲しみや苦しみの受け皿になるべき経験すら軽視され、ただ与えられた名前や役職などで嬉嬉とするような輩が生み出すアナクロニズムな宿命から、証明される事柄を認識すべき君すら、無意味な行為にひた走り、従う事により、事実から損なわれ、ただ損失を促すだけにこの夜を倒す事に至らぬのだ、と厳しく叱咤する君のリズムからは、希望は感じられず、ただ指図され、屈従する事により、リアリズムから引き離され、ただ従う快楽に至るような食い込みから、あらゆる原理を喪失し、ただ従う事に強度を置き、物事の損失をぬぐうべく、ただ測る事だけに至るような驕りで、自らを傷つけていくすべては、静謐な蜜月に沈み、陰鬱な症候群を重ねる夜と永久の孤独が虚空を舞い、印象的な対立を繰り返す空腹を抱えた空間とアリス的に乖離して改ざんされる世界を世界として認識するデカダンスの騎士たちや、憂鬱な偏頭痛を抱えた気圧的な伴侶から、反重力的な支配から、邂逅していく預言的な空に盛大なリスクを挟んだ堕落した充実感から、快楽の傀儡として肉欲迫る具現化されない日々から、交通していく先々に倦怠感をまき散らす動機から、艶然に長ける面影も乖離しては、肉薄していく苦悩へと疎外されていく背徳的な関連性から、金銭的に介在していくだけのペインから、陰線に欠ける本能から、凡庸なシステムに捕らえられた捕囚の強制労働から、統合される事だけを世界と呼ぶだけに容易で安易な答えは、先々で支配的な素因をまき散らし、恬淡な者に欲そのものを押しつけ、何かを買うことが、君を咎めずに、君を幸せにするのだ、と促すコマーシャルを打ち砕くような鉄槌を用い、天敵たる不倶戴天の的たる自己から、適度な敵意を用い、射貫かれる言動に疲れ切った心身は、はまりきるまに腐敗していく現行に長けるだけの思いがマイノリティーを謳い、そこに権力を持たせ、打倒マジョリティーへと移行し、短絡的な暴力に移行しては、存在自体の同一化を目指し、恫喝しては、慟哭していく毒された君から秘密裏に巻き込まれる今に盛り込む意味すら不潔な心情に淘汰され、情報統制されるだけに提供される物資は、依存性を含ませ、ただ対立していく自己に利己的な支配を繰り出すだけに、介在する事すら、この空間では、無に至らせるのであり、のうのうと記憶に結ばれる無数の出来事や、できあいの事物に自由を求めるだけに浮遊する原理に現行は草臥れた意味を理想に食い込ませ、駆動する意識に殲滅していくだけの影に対比していくだけの古来からの自己をなぞるような道筋や、求めるだけに吐き出される生涯に欠乏していくだけに捉えるべき物事すら、捉えずに至らず、ただ伝うままに受け取るだけの不自由さが重力を感じ、抵抗力を失い、ただ交互していく様に悶絶していくだけのジェンダーは、やがて迫害を受け、履き違える性別から、剪定される意志から、意味は隔離されるだけに明け暮れる価値に凡庸さを織り込み、失望を繰り返し、杳然としていく過程に捉えるべき事実も、ただ途絶えるままに巻き込まれる先に送り込まれる苦悩により、物事の本質を見失う。