時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

雨粒

退廃的モジュールに組み込まれたような女が歌う愛とは欠落という標題を聞き、関する我が無神経な記憶から、臆するだけの思いが互換し、拘うものに変わり、実体を攪拌しては、存在とは、損なうままに陰るのだ、と押し付ける。記憶とは数億の孤独を引き取った後の突端になびく幽遠にほのかに飛行するような耽溺を含ませ、要する限りに陰るだけに反応に明け暮れる脳内の機密さに反し、短絡的な動機を反物質的に食い込ませ、駅という駅すべてをおざなりに爆撃するような戦争から、導き出される扇動から、有する過程は、引き延ばされるだけの存在を唾棄し、蔓延る意味を無意味に変えるだけの永遠性から、枯れ果てる蕭然とした豊かさに、モラルも無ければ、バラバラになる身体だけが、露骨な支配を待ち受けるの、とデカダンスを抱えた耽美な思春期の彼女らが放つ死臭から漏れる優美さに蔓延る憂鬱から、反社会的なノイズから、ちぐはぐな思いから、観点は、疎外されるだけの有害さに敷衍し、触れるほどに痛む身体はいっさいに解き放たれ、関する理由を超克し、苦しむ是非とは、自ら生み出し、食い込む様に戻るだけの過去から、浩然とくみ取るいっさいに蔓延る動機からドラマも生まれ、引き裂かれる物語で乖離していくシーンから、法則的なものに反する理由から孤立していくいっさいに表現は、固執するだけに分岐し、最たる思いは、愚鈍な象徴に死地を重ね、艶然に長ける思いは、都会とビートを混ぜ合わせ、褪せるほどにメレンゲに変わり、ただ甘いだけで、何の意味も持たずに、今にもつぶれるだけに至らせるだけに原理が強襲し、何事をも同じ意味で滅亡させるだけに酩酊し、健全な意志などが無くなるほどに痛感していく思いは、指定されるだけに裂ける原理から、惨憺たる安易さを運び、配下に下すだけの同化から、不本意で不穏な現象に関わるだけに未熟な道順を生み出し、悠然と蔓延る意志は、研鑽されるだけに投棄される間に付帯していく感情は、永遠を軋ませ、道筋を失い、ただ有害な空に吐き出される言葉を孤独に引き取らせている延命器具に絡まる永遠も、損なうだけの記憶をたゆませ、たじろぐ間に、もっともっと生きろ、と促す風に慟哭し、要する間に生み出される高次から、偏執しないように、内積する思いを孤独に覆わせ、尖鋭的な先に劣等感すら無いから、屈辱に耐えるよりも、その屈辱すらも乗り越えるような強さを謳うよりも、この尊く結ばれる意味に選ばれた者すらおらず、自尊心ばかりで、万端に貧するだけにこじれる後から、豊かなものとは、応じるだけにこじれるだけに至り、高次に至らず、逸するだけに打開すべき現在に偏執しては、性差を用い、成因にかじかみ、配する愛に誘導されるだけに豪雨に濡れ、傲岸不遜な街並みは、交換されるだけの価値にカタストロフを謳い、ロストする真実や、漏出していく意味にモラルなどを突きつけ、追憶に馳せる現用から、課せる思いに頻繁に生み出される汎神論や、廃止される先々に関しては、配されるままを受け取るだけにうねる心情から、濫觴していく現象が息吹くまでの言葉に関わるすべてを名付ける前に生み出す現在に汎用されるだけの物事を飛び越える辺りから、改善される理由が装置と化しては、悔悟をため込み、相対する思いに寛容に結ばれては、体制を打ち倒し、投じる間から、喚起する状態を召喚し続ける先々に命題は損なわれ、ただ買い取る先々で代用されるだけの品位になし崩しになり、配されるままの寛容さを失い、統合されるだけに運命にこじれるだけに広義に解釈せずに、解消されるだけに先行きに生み出される不安に廃棄処分にされては、境目に現れる曖昧さなどに、この命とはすり減らされていくらしい、と促すだけに懐疑的にため込まれる思いは、大量の慈悲を求め、ただ用いる空虚に生きる事を阻害され、壮大な意志を用いずに、ただ与えられる餌で満足するように仕向ける意味から、孤独は固執し続ける意味に遊興し、こじれる思いが恋路を携えずに、ただ淵源に果てるだけの私欲に滅亡していくような俯瞰的な業火に巻き込まれ、昂じる後に雰囲気は生きた心地を失い、喪失感に絶え絶えになる季節感から、喪失感を携えるだけに退行していく思いは、行為に引き取られるだけの関係に逆撫でされては、査定し合うだけの関係に最たる意味を儀式化し、愛から外れ、ただ配備されるだけの婚姻に形式を売る軽視から、淘汰される現用に生み出すべき愛も孤独を用い、応じる答えを有するだけに強請られるものであるし、やがて価値も、勝ち負けや、善悪で判断されるだけに、物事の是非はゆがみ、ただ互いの攻撃性に支配されるだけに至るパーソナルな問題は、物事の距離に支配されている本能に方向性を失うほどに歪んでしまった思考から、効率を求めるだけに等位から、判然と差別されるだけに判別される意識は、配される愛に指示されず、ただ支配的なものに操作される傀儡たえる脳内が受動し続ける快楽から解放されずに、些細な言動に関わり、絡まるだけに改まる意図から改善されずに、解放されるままを受け取るべき是非から是認すべき意味を格好だけで決めてしまうような愚かさに至り、陥る自信喪失から、相違すべき事実も相互するだけに、物事の本質は、途端に奪われるだけに至る。