時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

傲慢と差異

分断される身体や、躍動する過去から枯渇する動機に変転していく記憶から演奏を続ける憂鬱な支配者たちがたむろする根底から、快活な動機すら奪うだけの洗脳的な大国が促す屁理屈や、苦痛や、因果や肯定的な言動を超克するような現時点に備わる苦痛に原点は乖離するだけの支配を受け入れ、凍てつく身体をシンドロームで愚鈍に硬直させ、軽薄な理論を受け入れ、受け売りな答えで退行していくだけの意識に回帰する物事などは、枢要な事実を失い、趨勢に妄りな混沌を与えるだけのペシミズムを促し、現用に果てるだけの動機に重用されるだけの型にはめるだけに配下に下される君や機械的な世界の象徴的な独裁者たるスパコンや、瓦解していく半径に反映されるプロパガンダから派生していく事実は、事象を捻転させ、否定的に至るだけの退嬰的な路上から聡明な事実すら、自傷的なプロセスを踏み、生みの親を踏みにじるような結末を得ては、欠点だけを追従するような輩が促す無機質な答えから、懐古を埋めるだけの世界性に求められる思い出も、今に濾過され、老化するだけに裂ける現在に一過性の事実を史実に重ね、時代性を促し、今に至る恐怖に締結しては、堆積していく思いも、重くへばりつき、繁栄する憂鬱から、密接に結びつく私通を終えた愛は、ただ儀式的に廃残し、配下に下される運命にカタストロフを促し、婚姻という幻想に問う値から、アンチテーゼを促し、贋物の神を元来の神として崇めるだけに、曖昧なマインドは、ただ支配的な動機に慟哭しては、コギトを不眠的に消耗し、艶然に捌ける思いは、高まるだけに高次に至らず、ただ底の底を掬うだけに至る現用に欠けるだけの意識は、退嬰的なものの上で、上下左右を作り出し、釣り合いをあわすだけに物事の曖昧さは今に増加していくだけに至り、今に蓄積される苦悩に能動していくようで、依存的に受動しているだけに満たない脳内に構築される記号的な支配から、暗号を解き明かすエニグマたる脳が示す投影されるだけの影や、擬態化し、騙していく進化から、神格化されるだけに統合されるだけの正常さを支配的に崇めるだけに明け暮れる事を世界と呼ぶ頃には、固執するだけの原因や、眩暈しては、さげすむリズムから根底は流動的にさえずり、観点を失い、好転すべき事実も弊害を重ね、解体されずに、懈怠するだけに至る現用に果てるだけに至る、この命との交錯から、等差を求め、ただ倒錯するだけに相対し、鮮明な効力を用いる権力から、統制されるだけの出来事に気配的なものを奪われる存在とは、存在と呼び覚ます頃には、誰かの支配により扇動されるだけに明け暮れる機械としての役目だけを与えられる演技を前戯的に消耗するだけに至り、簡易な事実に、安易な答えは、完治しない苦悩に愚鈍な理由を封鎖するだけに答えに唾棄する瞬間に循環せずに、鬱積していく苦悩にちぐはぐになりながら、不要な事実は、一貫した支配をつなぐためだけの答えに大義名分を授け、それに従わずに逆らう、と送られるだけに意味の内部で、愚鈍な理由に麻痺していくだけの麻薬のような役目を果たし、物事の応用を奪うだけの権利が嫌疑をかけずに、信じ込むように仕向ける事に支配は外貨を用い、形骸化する身体を地に埋め、浮遊する精神は、誰彼かまわず憑依し、意思を奪う事だけに長ける問題に欠けるだけの欲望を操作し、動作は同一するものや、同調するものに高揚を発揮させては、世界自体を奪う限りに陰る思いは、面影に固執するだけの理由を探し求め、ただ咎める隙間に促す原理に偏執しては、退行する意識に幼児的な永劫に拡散されるトラウマや、与えられた影響により、性格を定められ、親から受け取った遺伝子情報から、淘汰される性質から、先天的な敵意から、フォーマットされる精神の籠城から高尚なども求めずに、ただもだえる欲望の炎に消え入るだけの真実は、本質すら求めず、ただ与えられたものにもんもんとしては、指定されるだけの物事たる権化に従うだけを促すだけの名前だけが、今に圧力をかける。正義すらも捨て去れ、と諭すだけに現時点は、乖離した状態に豊かさを求め、静謐に揺らぎ、成因に孤独を抱えながら、物事の軋轢に耐えかねず、自らに屈するだけにたゆたう精神の奥底から引き出す愛や明日すらも、混沌としていくかのように示されるだけの答えに支えられるよりも、自ら聳立し、淵源から引き出す情熱だけが、情景を察知し、叙情的なものに変換させ、詩的なメロディーに帰任し、認識する先々に定理を結び、無数の真理に促される意味から根幹を抜き取り、静謐な余韻から因果は高潮し、権限を持たずに、権利を謳わずに、この成立していくだけに融合していく事柄に攻撃性を用いるよりも、超克する理由から結ばれる事柄だけを往復させ、些細な出来事に惜別しながら、その生死から引き取る思いが、この距離感や境界線を無くし、ただ負荷をかけるだけに圧迫される心身から懐疑的な真理を結び、転々と動機を千切る先々に倦怠感や、内心の化け物を呼び覚ます間に観点は、結ばれるだけに意図と意味の間で苛烈な闘争を執り行い、暗澹とした主張を繰り返し、動機は浅薄な理由を用い、モチーフを混沌に陥れては、定理を削除し、錯覚を用い、延延と騙すだけに至る戦いから、等位を用い、誰かを裁く間に関係性は堕落した理由を用い、沈積する動機は長じる由縁に引き延ばされるだけに至らぬ思いがこみ上げ、根幹を腐らし、本質すらも見失い、行動を束縛し、性質を奪われ統合されるほどに正常さを失うのが、この精神たるものであるし、本質とは自然体を謳うより以前に、自由を損なう以前に備わる自己から、孤立しては、曖昧なさながらにニュアンスを残し、貧寒な時代に横溢しれは、整合される月日にぶつかり、改ざんされる間に浪費される関係は、道徳を用いず、観点を狂わせるだけに消費する事をまさぐるだけに至らせるだけの悲劇が付着し、膠着する余韻に饐えた喜劇が混ざり、ただ笑顔をこぼすだけに空白を埋めるような嬉嬉としたセンチメンタルから、剪定される思いが、散り行く物体と乖離した感情から生まれる孤独から、固執していくだけの情念に捻出される心因などがこじれる状態に統合される事だけを目的に、こじれる間から、淫蕩な時代や、惜別する状態に空虚さを用い、朦朧と支配されるだけに正義を用い、踏破し続ける状態に投影される思いが、面影を乗り越え、状態を貨幣に変え、陥穽に陥るだけに横溢する主観に恒常性を用い、憧憬するだけの崇拝し続けるだけに浸透していく乖離した自己から、投影する相手との距離すら見失うような自己とは、そこに自分すら無く、ただ引き合わせられる相手に結ばれるような状態に引き込まれるだけに、他者の鋳型に流された自己が固まり、他者の身体を介し、ただ明け渡す身体を利用し、他者のこころを借りて促す言葉などが、今に蓄積し、陰鬱な衝動をため込み、たじろぐ間に遠因はほどけ、かじかむ間に自覚すべき愛に帰り着き、ただ行き着いた辺りから混沌としていく限りに余裕などは無くなり、ただ毛嫌いするだけに至らせるだけに終える淡いこころは、心残りを辺りに残し、ただ思うだけにしびれる思考は、過去から孤立し、乖離して場面を見せては、その場で孤立していくだけに終えるだけに私とは、誰でも無く、あなたとは誰かも分からぬ、とアリス的な感情から損なう陰りに倦怠感を隠すような思春期的な乖離から、理解は、判然と損なうだけの行いに心象を隠し、物事を捉えるべきこころすらも損なう限りに陰る思いは、面影を持たずに、ただ瞬時に乖離していく。