時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

突き抜ける意志

言葉は影を背負い、物事に重量を与え、短絡的に降り注ぐ悪意に反さず、関する理由から超脱できずに、徴収されるだけの税を取るだけに簡素な国家たる牽引から、加速する意味は無秩序に張り巡らされる支配の速度に、偶像に腰掛ける倦怠感に浪浪と促すだけに裂ける意味合いから、劣等感などが生まれ、寂寞に破壊的なルサンチマンを形成し、軽薄な理論を促し、否定的な観念から、軽蔑すべく愚衆が促す真理などに、元元の正しさなどは、優劣をため込むだけで、ただ互いを恨むだけに惜別していくシーンから、簡素な時代にくるまり、その時代たる繭から生まれる自我がどもが飛び交い、端的な理由を模索し、催すだけの痛みから、ただ学歴が生み出す軋轢から、摩耗するアカデミックへと倒錯し、ただ論理的なものよりも、自らに着せる鎧により、正しいものが操作されるだけの概念から捻出される差異から、剪定される意識に敢行すべき意志すら、意味を求めるだけに欲動する理論が地を這い、繁栄すべき理由すら理想を失い、魂胆に根幹は無く、ただ後ろめたいだけに怠惰な理由を加速し、この暗い世から蝉蛻すべく、前衛的で先鋭化する思いが理想を供給するよりも、自らが気負う事無く、攻撃的に劇的に進む間に、間柄は無く、漠然とした命から、位置は生まれず、この阻まれる時代を脱ぎ捨て、自堕落な社会が生み出す社会たる名称から抜けだし、跋扈し続ける先先に最たる意味もまさぐられ、協調を求めるだけに、用いられる善意により消費される悪意に査定され、最たる意味を喪失し、損なう限りに陰る思いは、喪失感を称え、損なわれる思いを崇拝し、配される愛を否定し、愛に疲憊し、配される愛を重荷に感じるころには、孤独はこじれる合間に移行し続け、つたない思いに主体性を持ち込み、いじらしい思いは、虐げられるだけに従い、外観を打ち砕くべき消費されるだけの観念は、勘違いを生み出し、緩和せず、ただ設置される思いに刹那を閉じ込め、それを永遠として売買するような愛に躙られ、耽溺し続ける事を愛と勘違いする事から、加速する情事は、何かを守るべく、何かを保ち、用いられる事柄に横柄さを重ね、平衡する意識は、ただ位置づけられる地位により錯綜する真理を惨憺たる要因に生み出し続け、用いられる事柄に陥る余韻から、要因は、相似するだけに、口実をため込み、ただ嘯くだけに者が促す答えにより、麻痺していく世界を、世界として認識し、受け入れる形に、受け売りし続ける限りに陰る意志は、邪推し続けるだけに懈怠していく。

単葉がほぐれる間に遺伝子的に乖離していく詩的な融合と高揚感から、多幸感は静謐にエイジングされ、漂う意識は暗黒を用い、行為にこじれていく限りに陰る本質は、誘導されるだけに荒れた観念で抗い、システム的な快感から、固執していくだけに人道的な主義を促す衆愚たる陰険さから、陰湿な倒錯は生まれ、固執していく限りに執念がねじ込まれ、ファシストが独裁的に偏執していき、エンコードを愚者に改ざんされ、物事に怪異を生み出し、捏造されるだけに親権を奪い合い、反意で翻す間に労する言葉は、根底を飢渇させ、均等な意味すら、位置を用いられ、意味に逸する者を押さえ込み、応じる答えで捏造する限りに熱意を損なわせ、淫蕩な世界で屠るだけに終える命から、意味合いは、認識すべき位置に意味を用い、そこで裁きを加え、漠然とした罪に罰を与えるだけに抑止させるべく、概念に植え込む駄目である、という植え込みから、安易な事実を摩擦し、まさぐる間に偶像を生み出し、偶然にふさぎ込み、空虚さが差額を頂戴し、悶悶としていく限りに陰る今が暗闇に包まれ、空疎な空間でクーデターを誘い、自らの国家を打ち砕くだけに陰る本質は、物事に倒錯し、用いられる主義と思想にこじれ、行為に元元の正しさは愚鈍な決議により、決意は偏向し続けるだけに暴力的なものに操作され、投下される怒りで燃やし尽くされる痛みで麻痺していく思考は、行く末を案ずるよりも、安易な情意で転じる愛は、添加物にまみれ、ただ食する、と後から心身を悪くするような悪意を突き刺し、捕囚として働かされる間から差異は生まれ、最たる意味も再会をよろこばず、成し遂げる合間に今すら腐敗していく限りに陰る本質が瓦解し、快感だけを運ぶものに念じるだけの事柄が物事を圧壊させ、察するまでも無く、ただ閉ざされる間に葬られることごとくがわびしさも持たず情緒すら無く、ただ叙情すら用いずに、短絡的な破壊に嵌め込まれるだけによじれる。

衰退化する精神を啜るだけに命から、放念すべき今に案ずる言葉も、枯渇するだけに終える花々の命の華々しさに供給される思いは、主たるものを持たず、ただ用いられる善意にすら反し、権威的なものに反し、根底から流動する言葉だけに本質を用い、真実とは、用いられるよりも、自ら寄り添い生み出すようなものにこそ、微かに備わり、君を正しい事のように示す事も無く、ただ備わる限りに正しさを押しつけぬ限りに、正しいもののようなものも生まれる。