時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

解放の鐘

永遠に迫る夜に瀰漫する妖艶な秘密を抱え、健全な理由など、ほとんどの意味を吐き出すだけに遮られるだけに訪れる猜疑心に朽ち果て、淡々と移動し続ける淡いだけの命に動機すら存在を損ない、感覚で結ばれる無数の意識や、意志を持たぬ夜光虫たちが徘徊する伝説的な夜と、伝達されるべき愛に緩和せずに、ただ長じる苦痛に夜は腐敗し、羽化すべき理由も、挺身すべき運動にも反するだけの孤立した憂鬱の水面に沈む健全な動機すら配される苦痛により、処理される過ちを抱え、総和すべき時代的な幽遠に潜む形有るものの終わりや、その汚穢にため込まれる理由に帰巣するだけの人生的な戒律から離れ、汎称する隙間から寡占されるだけの欲望に支配され、未熟な思春期を抱えては、端的な理由すら行い擦れては、応ずる答えも、絶え間なく結ばれる無数の意識に儀式的な苦しみが迫る原野にていたらくな問題をアンニュイな理想に重ね、タイミングすらずっと先で魂胆を失い、悲しみに悶え乖離する現実から、ストーリーは沈積する痛みを組み込むだけのシステム的なものにダウンし、打ち寄せる今に屈従するだけの権利が膨張し、この宇宙を支配するまでに至らせる悲劇から、寛容な意味が生み出す陥穽にはまり、廃棄処分にされる因果の銀河に浮遊する季節に接続される事故的な恋愛から、愚鈍な象徴を崇めるだけに至らせる今に起算される思いも、コンテンツと化し、緩和すべき状態に社会的なものを送り込み、そこで支配は邪推を知らず、ただ受け取るだけに国家的なものを自身に組み込み、ただ暗示されるだけに案じる思いを平静に変えるべく、線引きし、己を枠に嵌めるだけに配備される理由は、理屈を用い、根底に流動する本意すらも捕囚にし、鮮明な理由すらも蹴り落とし、魂胆を奪うだけに形有るものの始まりに交わる刹那に高潮していく出来事に爆砕する真実は、投影される理由に補足されるだけの物事を行いに展示し、ただ傍観する者を固執する者として支配し、気配を奪うだけに情緒などを産み落としもせずに、ただ切望するだけにため込む絶望から、挿入される言葉も、加算される起源に陥るだけのカスタムを続け、つたない思いにこみ上げていく理由すらも、広大な意志を持たずに、ただ自由を謳う者と奪う者に扇動され、抑圧されるだけにため込む痛みがこみ上げ、固執するだけに終え、ただ偏執していくだけにシーズンに消え入るだんだんと迫る暗鬱さに、アンチテーゼばかりを重ねる蕭然とした隙間に叙情的な懇切を重ね、幼い命は、症状を悪化させ、恒常性を失い、うやむやにされる理由にさらされ、さらわれるだけに終え、終える、と言い放つだけに応じる答えを麻痺させ、その終わるというペシミズムに支配されるだけにリリカルな詩情は、ただ透徹すべき安易さを風景に重ね、詩的な思いは、テクノロジーを超越し、尖鋭的な状態に固執しないように、内規に迫るだけの肉薄から、根幹は腐りきる理由に即座に腐敗し、ただ重なるだけの関係に腐る自己に空白を用い、モチーフとされる理由に諭され、最たる意味に今を重ね、緩和すべき状態に即席の自由を動かしては、関係性によどむだけに存在に固執するだけのプリズムやプロセスが独創的な神話や深夜に交わり、しなびた面影は、行為に基づき、ただ投棄される現実に返事を重ね、色合いは、不届きな輪廻に接続され、空疎な理由に現代的な摩耗を続け、短絡的な道理に移行していくし思考が硬直し、根底は、ただ放たれる事実に軽率な動機を不埒な物事に接続していくだけの繰り返される苦悩から、能動すべき理由に時代的な安易さに隔離され、空理に走るだけの放たれる理想は、希望をリセットし、ただ奪うだけの権限を無色透明に変え、ただ投影される事実に権限を用い、受け取るだけの反抗から、等位を用いるだけの玩具的な世界に勘ぐりを続けるだけに、甘苦は空間に狭い価値を突きつけ、カタストロフに追いやるだけにロストしていく真実は、経路を失い、ただ形骸化していく意志から、位置を用い、この行いに現行を引きずらせ、いじらしい思いに虐げられるだけに濫觴を捧げる些細な伝説から、象徴的な神を用い、モチーフとされる伝承に置き換えられる記憶は、その象徴的なものに抑止され、その行動に善と悪と罪と罰を植え付け、受け答えする事すら愚かである、とその行いにケチを付けるだけに得るものは、ただ得るものとして受け取る者を批判し、ただ反するものは、抑圧される物事が、決して正しいものでも、悪いものでも無く、問題として提起される訳でも無く、ただ与えられる苦しみに泣きはらす今から凡庸な煩悩を梳かし、濾過すべき思考も、助けを求めるだけに神を用い、祈る事を利用し、還元される宦官ともの私腹を肥やすだけに至らせる差異から、答えは再開発されず、再利用され、ただ過去から用いられる理由に背きもせずに、従う事だけが正しい訳も無く、ただ用いられる答えを垂れ流すだけに、交換される答えは、宦官どもが操作するだけに占有するこころに雨滴を捧げ、ぬらされよじれるこころは、答えすらも持たずに、安易な憂鬱に支配され、ただ従うほどに、この命とは、自由すら操作され、用いられる弱さに根源を用い、ただ容易な屈従を受け入れる事に快楽を覚え、傀儡と化する事こそが、幸せであるのだ、と植え込まれているだけに満たない事への解放の鐘を鳴らす。