時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

獰猛

引きずる静謐も、誰かのこころをむさぼり、凡庸な理屈を放ち、ただあがなうだけに揺らぐ今に不当な事実を重ね、感応する瞬間にジレンマを引き出し、ただ裏切るだけに謳われる事実も、損なわれるだけの軽薄さに明けくれ、誘導される理由に鮮明な事実は、損なうだけの影を引きずり、平衡する事実は、史実を用い、事実を疎ましくすなどり、なじる瞬間に公平さなどは、この場で損なうだけの退嬰的な事実を引き取り、安易な理由を放つだけに至らせる悲劇から、感情は喪失感を抱え、幼少期から抱える悪意から、安易な状態に生じる由縁すら、ただ暗鬱に帰巣し、この場を解体するだけに理解を配下に加え、深層心理の巣の中で苛烈な状態をむさぼるだけの暗闇の中で空腹を抱えるような生活感などを保とうとするだけに増える不安などに生じるだけの理由などに専横されずに、この命とは、自由すらも用いずに、ただ自然のように不条理で、規律すらも無く、ただ生み出し破壊し、はみ出し増え続け、悶悶としては、さえずる猜疑心に映ずる理由が姑息に迫り、前衛的に絡まる過程にこじれる時代から、社会性などを用い、問責を受けるだけに運命的な論理は、からからに乾いた身体を引きずり、受け入れるべきは、どこにも無く、引きこもる間柄に、失い続けるだけにつたない理由は利息を用い、支払いを迫るだけに禍根に引きずり、貧寒なこころに迫る動かない真実に心象に迫る引力に重力に反する宇宙的な反抗心から、寡占するだけの欲望に迫る観点に浪費していくだけの身体は、ただ代償を用い、陰惨な理由を用い、奏でる隙間に貞操を守ろうと、摩耗する精神に栄進すべき事態とは、狭小さをはだけては、堅持するだけに演じる状態に損なうだけの影を愚鈍にむさぼり続けるだけにつたない気持ちに慢性的な病を生み出し、ただテクノロジーに反し、関する理由にすら鬱積するだけの経路に形骸化していくだけの損なわれるだけの機械的な理解を服毒しては、虐げられる身体を傍観するだけの状態に陥るだけに遮られる今に鬱積していく苦しみに耐える事だけが、本質のように迫り、狭い価値に加点されるだけの事柄を横溢させていく。

照らし合わせるだけに最たる出来事は見失われ、鬱積していくだけに至らせる苦しみから悲劇的なものが迫り、凡庸な価値の家畜として、指定される義務に転じて、自らに屈するだけに至らせる悲劇から、簡素な時代を用い、有する事柄を法理で囲い、理解を謳い、ただ煎じて飲まされるだけの汚さに加工される品位から、陰惨な理由を引き取り、運命に倒錯しては、緩衝すべき今にも、ただ緩和せずに、ただ同調するだけに真理は奪われ、魂胆は理由を用い、ただ奪うだけの闘争へと偏向していくだけに堕落した主観は、ただ終世を用い、ただ汚れた思念でいぶかるだけの関係に還元されるだけの思いに沿い続けては、運動的な敗残を繰り返し、寡占されるだけの冒涜に放蕩を繰り返し、閑散とした主体に生み出される苦しみから、一過性の事実に起算される言葉から、かすむだけの永劫に蒼然としては、用いられる善意に関し、流出していくドラマから、不届きな言葉を攪拌し、判然とした主体に生み出すべき愛に見出す瞬間に生じて行く事柄も、ただ飛び越えるべき慈愛を用いず、ただ求められる事が愛であり、損なわぬアイデンティティーを操作し、物事を淘汰し、流行に沿い続ける限りに乾いた精神は、豊かな理由を知らずに、ただ生じる状態に渾然一体とせずに、ただ全容に攪拌される半径から、煩忙を極める精神をたわめ、まつわる出来事すべてに生じる由縁に拘束されずに、ただ自由とは何かと問う以前の自然な状態こそが、自由で有り、有する言葉にこじれる前に生み出された自分こそが、姑息な拘束に陥らずに、運命的なものを切り裂き、萎靡沈滞せずに、ただ端的な理由こそを超えるような強さこそが、力であり、権力とは、絶えず軋轢を加え、他者を使い、ただ固執するだけの専横に至り、何もかもを奪うだけに観点を置き、生じる由縁にゆだねる経路に過激な思想を用い、生じる状態に損なうだけの嫌疑を用い絵空事に転じ、ただ耽溺するだけに至らせる悲劇から、感情は損なわれるだけの悲劇に移行し、働くほどに苦しい状態を生じて行くだけの、この不幸な世界とたわめる間に、たゆむ空間からは、憂鬱だけが備わり、ただ所持する由縁の重さを切り取り崇めるだけの君が固執する空間的な苦しみに用いられる関係から離れた途端に、すべては、飛び越えるためだけに絶えずめげずにそこかしこで確かな理由だけを流動させては、尖鋭的な自己へと苛烈なペルソナを用い、敢行する意思は、ただ発芽するだけに至るな愛で芽生えさせる間から即座に平静を用い、証拠も無く、ただ雲散霧消していくだけに背景に退嬰的な自己すら無機質に変えるだけの関係に生じる由縁からはみ出し、ただ曖昧なハーモニーを吐き出し、配する間に知り尽くすここから、事なきを得るよりも、この繰り返しに朽ち果てずに、ただ退屈を謳うだけにしのぐ今から知り尽くす意味にまで浸透する理由が正体を拡散し、ただ遮るだけに至るような状態に生来のものは、ただ生み出されるだけの堅実さに移行し、思考に生み出される確かなものこそ打ち砕き、ただ姑息に契るだけの理由から離れ、用いられるものすべてを除外していく。