時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

日々に織り込まれる愛

闘争本能をくすぐる統率と同一化に反し続ける本能は、短絡化した戦争により自滅する。観点は即座に同一化を目指し、ただ短絡化した人間だけを生産する。受注される真理は、善意に屈従し、物事の本質を見つめる事を忘れる。価値の家畜として、指定された義務を支払い、判然として時に捉えるすべても、後々のことを残して、ただ引きずる今に途絶えるだけに枯渇する先々に、いたずらに過ぎ去る過程は、鋭利なものに変わり、しつこく迫るだけにたゆむ現在に陥れ、虐げるだけに損なうだけに陰る生命は、ただ統括され、問いただされるだけに退行し、狭小な物事にとどまり、途絶えるだけに怯える現在に定理を結ぶだけに、無数の意識は枯渇するだけに最たる意味を失い、素朴な観念は、定期的に隷属するだけの趨勢へと変換される答えに返上される事に狡猾な道理を放ち、動機を奪い、ただ短絡的な支配へと移行し、物事を見納め、生け贄として成立していくだけの社会的な責任転嫁から、転換される差異に破綻していく本能に、奔走する代理的な愛から、適任として隠匿していくこころから、横溢していく刹那に投影される言葉も、おぼろげであり、健気な装いは、よどむだけにシンクロニシティーを破壊していくだけに同時的な時間と次元を結ぶ無数の架け橋が、淵源に卑俗な宇宙へと送還されるだけに交換される愛は、切望を繰り返し、節々に流動する本質から、醜状を巻き込み、援用されるだけに交換される愛は、果たすべき義務を打ち倒し、ただ行う事に意味すら持たずに、揖斐沈静化していくせせらぎに遙か無知に阻まれるだけに交換される愛は、本質すらも持たずに性質を翻し、ただ汚された幼少期のジレンマから、卒倒していく本質は、本性を持たずに、ただ清貧に混ざり合うだけに効果を果たすだけの意味から、快感を携え、自らの快楽物質を増やすためだけに進行していく意識は、薄命な時代を飛び越え、延々と突き抜ける事に価値すらもいらず、ただ自由すらも持たずに鞄の中も空で、ポケットの中身の無く、ただ無心でいて、抗うだけに堅持する怒りすら不必要で、不潔と思う事が不潔で、不正を糺すこともしないで、身体に加速する血のぬくもりだけが、ぬぐい去るのだ、と合間に愛すらもいらずに、ただあてがうだけの真理すらもいらず、定める思想すらも無く、突き抜ける道すらも、天を思い、位置を定める限りに場所を求め、さまようだけに至るし、ただいたずらに過ぎ去るからこそ、空虚を思うよりも、横暴な時代に過疎化する精神に病まずに、縫い付けられるだけに無理強いされ、ただ促されるだけに食わされる出来事に空疎な出来事ばかりが横行するから、加算される原理は、潤うほどに補足される憎悪に硬質な思いを拘束させ、左遷されるだけに嗄声を促し、誰にも聞こえる反響で気負うだけの現在に呈する理由を吐き出す権利を構成しては、聖俗な理由を吐き出すだけの羊たちは、悲観するだけに貧寒な理由を同情に巻き込ませ、ただ資源として、刺激を求める退行的な意識から、儀式化するほどに生け贄を捧げるべく一般化した無記名で締め上げる原理から、権利は、ただ浅はかな者が騙り、浅薄な者が利用するだけに至らせるだけの権利から、制限を生み、原則に縛られ、規律を放つほどに、ルールで縛り、コンプライアンスは加速し、自己規制は、自己犠牲へと変貌していき、陰鬱な生け贄として、縛られる規律に反する恐怖により、行動を抑止させるものを生みだしているのは、誰なのかを問わずに操られるだけの傀儡と化している事にカスタムされた洗脳された野良犬風情がお布施を捧げ、ただ支配的に牛耳る裏側を打ち倒さずに、ただ討ち取られるだけに首を捧げるような者の寝首を掻くように抗う姿勢こそが、執拗な正義を謳うだけの不正を打ち倒す手立てになるわけであるし、権力とは、どこに集まり、どこに消費され、どこをかき消すべきなのか、と謳う今にも原理は束縛を生み、粗暴な原理を生みだし、短絡的なペシミズムを生み出し、テロリズムへと移行していくだけのていたらくに不安感ばかりを誘う報道から、象徴とされるだけの神を購い、ただ短絡的なものを要求し続けるだけのシステムの中で枯渇するだけの動機に判明する半径とは、関係を摩耗するだけにこじれる論理へと平衡せずに、ただ短絡的な闘争を生み、錯綜する原理は、ただ倒錯し、逃走へと通ずるだけの道筋に密度を生み、早熟な観念にエンディングを巻き込み、漫然として主体に果敢に挑む事に現れる自己を打ち砕くためだけに、権力に抗い、この自己を飛び越えるだけに人間的なあまりに人間的な何かからありあまるだけの出来事に主観を生み出し、見出すべきは、自己を形成しているだけに満たない同一化に施された概念的な専横であり、応じる答えは、判明すべき理由に陥れるだけの答えに行為を用い行動に反し、昂然たる態度でアイロニカルな衝動を打ち倒し、旺盛な自己へと帰還するだけに快活な動機だけが、この身を押し続け、押さえ込む事は無く、解き放つだけに加速する現在に定理すらもいらず、君が産み出す事こそがすべてである、とのべ続ける事にあふれる意思だけが、意味を見出し、意志だけで進む。