時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

閉じる絵本

現今に鈍色に輝く依然として憂鬱で複雑な社会性のニヒリズムが不機嫌に笑う。たちまちは点滅し、形式的な言動を重ね、高圧的なビジネスが迫るビル群の影にたまる悠遠に束縛されるだけの永遠とは、定理を失い、怜悧な脳内で短絡的なタンパク質と素因と死を混ぜただけに至らせる世界とは、何を持って世界として認識する事に置かれるだけに枯れる事柄に硬質な高尚すらも無く、ただすべては、卑賤な価値を用い、価値で価値を買い取るだけに明け暮れる家畜と飼い主の闘争なのか、と内面的な軽さに吐き出される境目で邂逅する意識は、逡巡する事無く循環し、システムを打ち砕き、自らの歯車を回し、たまには潤滑油的な快楽も適任では無い、と敵視し、嫉視するようなルサンチマンを踏破するような限界点から、界隈は総和されるべきベクトルを着込み冬を越え、混沌としていく年末へと媒介していく移り気な思春期の女子的な袋の中で静謐な由縁も、言葉の重みも無く、もみ合い押しつけるだけに横溢していくシステム的な人工楽園で消費される快楽に常用されるだけの受容体や、マクロファシズムの横行や、慢性的なリリシズムにほとばしる詩的なものとの乖離から、離散していく風景にフュージョンしていくジャズ的な儚さや、関連していく物事すべてに放出される事物と事業的なジレンマから、最たる意味を苛め、奔走するほどに帰り着く地や、行き違いにひしめく温度や、退行していく意識に関連していく状態を屠るだけに奪い合う強度から、交換される時代的な諦観から、束縛されるだけの責任転嫁の報いから、形骸化していく経路にほとばしる由縁に即座に滅ぼされるだけのホロコーストが横行する。 

時代は、短絡的に消費されるだけに還元される物事に価値を置き、ただ場所に高じるだけの端的な意味は即座に破壊的な要因に統一されていき、行き違いに屠るだけの現用に炸裂していく悪意から、曖昧なマインドは、毎日の緻密さに昏倒し、根源を喪失し、即座に損なうだけの影を追う自己に孤立していっては、自ら生み出す孤独に苛まれ、最たる意味を失い、朦朧としていく意識は、損なうだけの影を貨幣として、生じるだけの由縁を紙幣としてかき集めては、快楽を追い求める事こそが、人間の原理であり、摂理である、と促すだけに乖離していく状態に豊かさなどは、一途さを喪失し、悽愴苛烈さを重ね、果敢に挑むべき自己を調律させよう、と強制するだけの国家的な強制力が支配的なムードを突きつけ、そこに罪と罰を用い、正解を利用し、答えに愚鈍さを巻き込むだけの政治性などに制圧されるだけの権力的な支配の中枢には誰もおらず、ただ資本論を愚鈍に利用するか、はたまた廃棄処分にされるだけの人間を倒錯させるだけに生産的に受理していく今に生き方をのべるリベラリズムなどに倒錯するか、敗退するだけの愛国的な情緒を苦悩に変え、それをペシミズムに変えては、国家を利用し、ただ戦争に錯乱していくだけの行為にコギトを売るか、あるいは端正な思考を持たず、浅薄なままですべてを憎悪し、ひとつの神を奪う合うだけに倒錯する本質が抵抗を加え、逸するだけに至る原理に超克されるような脅迫を自らに重ねるだけに強制される権力は、一貫した支配を即座に絡め、加算される原理に遠因はほとばしる理由に疎外され、経済的なものの外側で乖離していく理解は、社会的なものから超脱し、ただ安楽に浄化されるだけに至るような超克を知らず、超越も知らずしては、昇華は無く、ただ創造的に捉える物事にだけ、超える、という意味と、応じるという答えに反し、ただ反するだけにはねのけるのでは無く、ただ受け取り流す事に本質や真実や真理すらも無く、ただ抗うほどに多角に迫る革命の雰囲気に行き違うだけの暴力的な何かを駆除しては、さめざめと眺めるエゴの空や、破壊的な情事に退屈な原料を重ねるだけに明け暮れる道理に孕む出来事の愚かさなども目につかず、ただ目につくものすべてを愛しもせず、恨みもせぬところに用いる場所を破棄し、襞に隠れ、殴打される原理に派生していくプロセスに隠語で対話する自己との対立に永遠を持ち込まずに用いる基に反し、関する状態に屈折していく限りに陰る状態にもたじろぐ事無く、ただ超越を望み、深淵を覗くような今に染みいる事柄も即座に永遠に変換され、懸隔を生み出すだけに至る排斥されるだけの空疎な答えこそを破棄し、排斥され続けるだけに想定される物事の縁を結び、その結び目が離れぬように、と要する事柄に応じる事こそが、己を飛び越える。

物事のほとんどは陰るのだ。ただ用いるものすべても利用する事ばかりを考え、ただ用いられるものを得よう、と追従するほどに苦しみは増すばかり、だ。