時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

止まらぬ日

今と言うが、捉える先を向上させず、ただ今だけを追い、ただ虚しさへと逃走する限りに終える今だけを追い続けるものに、何ら、正しさなどは見出せぬ。何の知識も無く、ただ意志だけが先行し、暴力的なものに陥るだけの浅薄な者が支配するものを、世界として認識する。排除すべきは、世界を形成する浅薄な行動であり、意志とは、自らの力だけに有し、何にも左右されず、支配されるわけにはいかない。愚者が推奨し、推進するものを優先し、目先のことばかりを優先しては、横行する理由は、至らぬものばかりを買いかぶり、陥るままに罠にはまり、追従する生活に隷属し、見つめるべき是非すら見失う場面が緩衝し、蔓延る意志も、互いの圧力に屈し、ただ求められるだけに減り続ける意志から、言動は意味を見失い、ただ揺らぐ空間にフラクタルであろう、と必死に縋るだけに衰退していく加減に用いられる事柄に往復していくだけの苦悩から定期的な予言を含ませ、復唱する神話に間違いを改め、延々と艶然に長ける思いがさえずる時に批難し、観点を奪い合うだけの捏造的な戦争に専横されるだけの事柄に応じる瞬間に孤立し、災いを含ませた沿岸で放たれる言葉も、孤独なままに謳歌し、複製されるだけの自然に反し、関する事を詩的に捉える限りに、死は乗り越えられ、ただ求め合うだけの観点に関係を結ぶだけの絶望から離れ、ただ関する間に調和し、猥雑な果てに骸となりながら、隣り合わせの是非に是認し続けるだけの関係に結ばれるだけの淵源にちりばめる理由から流動する本質に正攻法の理屈すら持ち合わせず、ただ進むだけに描かれる本質は、ただぬぐわれるだけに無数の意志につながるだけに絆などは持ち合わせず、ただ離される限りに結ばれよう、と思う限りを流動させ、物事の圧力に反し、関する事柄に応じるだけの答えから放たれ、ただ廃れずに思い煩う限りに整合されるほとんどに情念を重ね、熱情していく事に孕む原因に可決される面影も、加算されるだけに関係性に制圧されるだけの事柄に生じる由縁に滅ぼされ、些細な現状に補正されるだけの事柄が流出しては、始まりは、後からきわまり、ただ傷口を開くだけに押し広げられる今に疎外される限りに謳われる現実も、損なう限りの影を追うだけに至る浅薄さに浸るだけの思想に進行する意識も、ただ抑圧的な神を生み出し、信仰を疎外する限りに壮大な意志は、ただ放たれるままの自由を、自由とも思わずに、あふれるままに敷衍する普遍的な日常こそ、屈さぬように、パトスこぼれるままに昇華する今から引き出す意味すらも無意味に鎮座し、知悉していく間に厭世観はかき消され、ただ飛び越えるという観点だけが兼ね合い、画期的なものとは、この場から産まれるよりも、ただ陥り見つめる先にも氾濫する。

ただ応用されるだけの答えに関し、汎用されるだけの物陰から膿む形骸化した観点から、生じる悪意が悪臭を放ち、放たれる事に生じる言葉が破壊的に牛耳る矢先にそびえる意味も邪魔に変わり、ただ寡占されるだけの欲望を氾濫させるだけに堅持する意志などは、空疎なものを追い続けるだけに老いぼれる限りにカテーテルで抜き取られるだけに至るものを吐き出し続ける限りにつたない意志は、ただ半径を奪い合うだけに陰る本質に戦争的な何かを仕掛け、十全たるものを持たずに、ただ用いられる事柄に応じるだけの専横から固執していくだけの自らを備え、快活に生きようとせずに、ただ苦しむべき定めを用い、嘯く箴言で騙し、横領する労力から、奪い合う世界から、ただれるだけに陰る現前に消費される位置に意味を用い、占領し続ける限りにつたないもの追い続ける限りの影と化するだけに乖離する自体から、鮮明なものは生み出されずに、ただ抵抗する限りに提要する先に確かなものも邪推するだけに至る感嘆から、独占されるだけに生まれるものも、即座に空洞化し、そこに埋めるだけの物事に牽引されるだけのバビロン捕囚たちは、強制労働をさせられ、嗄声を綴るむなしい空に虐げられる身体を分離し、分断させるだけの苦悩から離れ、ただ飛び越えるとは、投じられる出来事に関し、反する事を目的に、残される事柄に引き合いに出される事への反抗から、答えを超越する革命へと移行していくだけにシステム的な死や、多目的な暴力に応じるだけの真実に言葉を加算させるだけの数字的な改ざんから、回想していくだけに想起していく意味だけが、今を創造的なものに作り上げ、君が描くものだけが、物語を強固なものにし、君が描くものだけが、この物物しい事に虐げられずに、繰り上げる先に生じる事も、言葉を重ねるだけの空しさを超克し、この長じる由縁に降る慈雨で育つ我々は、ただ多角に生まれる全容に閉じる事無く、ただ咲き続ける限りに応じる答えに汎用されずに、ただ減じずに超克する矢先に生まれる言葉にあふれる主観を、ただ愛する事を教えられる。