時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

苦悶に歪む風

一日中考えている。顔にできた吹き出物の中では、小さな地球が宿り、その中では、ただ憂鬱な行為なるものが、取引され、行為を引きずり、ただ暗鬱に返される間に反響する意思は、環境を引きずり、もっともな苦痛に悶えるのだ、と言い放つ愚かな者は、愚かなままであるし、あらゆる由縁に抗う全貌は、途端に崩壊の一途をたどり、端的な理由を放出し、延々と退く終焉へと巻き込まれ、周辺は永遠へと帰路を移し替え、ただ感嘆に消え入る本質は、歪んだ過去を餌食にし、食い物にされる行いから、短絡的な動機は、耽溺し続けるシステムの中でリビドーを加速させ、本質は、真実を損ない、ただそこら辺でちまちま緻密なものを食するだけの貪婪さに自らを放置し、放り込まれる後から迫る代用の言葉が迫り、狭い価値に屠られるだけの淫蕩と淫行の中で沈降していく中だるみや、普遍的な泥濘に引きずる自我を杜撰な太陽の中で静謐な由縁をくすぐるだけの物事の中心点は、行いの恐々として供給を執り行うだけの自閉的な観覧を自らの寒暖差に突きつける暗鬱へと移行していく限りに、独占されるだけの憂鬱の独房へと一過性の暗鬱を抱えては、精神的な妨げへと現行をたどり、鍛接される緩衝する鉄が、固執する永遠の橋を補強し、葬られる後から、我々は優越感を抱えるだけに感染症を抱えた陰鬱な焦土にゆだねる季節感と聖域との差異に迫るプリミティブな理想論と運命論者が闘争し続ける戦争的なプログラムとプロパガンダの境目に訪れる慈雨も少しずれる音に引きずられ、思想を偏らせ、自らのカタトニーに迫る孤立した精神は、陰鬱な衝動を縫うだけに至る痛みに迫る完治しない苦悩から、能動する修羅に固執していくだけの苦痛と遮る大意に理解を超えたものを膨張させ、宇宙のはじまりのように極まり、無は空間を有する以前に、無として、その場で対立を重ね、物事が訪れる以前に艶笑し購う限りにこじれる後に個人崇拝のようなものが迫り、ただ世帯間を抱えるだけの人間的な距離と社会的な獣を人間的なものに有する限りに、人間自体に取り込まれ、時代の獲物として得るものも、ただ悲観的に引っかかれるだけのかき傷に降り続ける酸性の雨でしみる痛みも、無神経なままで迫る強迫観念から、過疎化していく慈愛的な悪意から独善的な手法に彩られたコマーシャリズムとの間に独裁的な子供を虚空に産み落としては、手なずけられるだけにていたらくな理由を不利な状況に結ばれるだけに情報的な獣は、苛烈に収斂するだけの最たる思いに基礎を埋め込むように、君を利用すべき操作的にてこ入れをし、支配的に搾取する悪意から、還元されるだけの独創心を奪い、ただ短絡的な普遍性を謳うだけに至らせる普通という言葉に収まるだけに横溢する本心は、観点を損ない、ただ奪われる自己を孤立した状態に標記するだけに表現を失い、ただ鬱積する今に気ままさを生み出さず、打算的な安易さに損なうだけの人間性などを謳うだけに虜にする自由を謳うだけの俯瞰的な幸福論などに生命的な亢進は陰謀説を嗅ぎ取れず、ただ緩慢な状態に利己的な商法に取り込まれるだけで、止めどない尊さを剥離されるだけに迫害されるだけの社会などを持つから、この横暴なものが迫り、君の世界を奪うだけに至らせるものを整地しようと企むだけの洗脳が横行し、横溢する主観とは、君は思い組み立てるだけに存在し、損なうだけの理由に生じるだけの歪んだ基礎などに拘束されるだけの果てない私欲に関わるだけの陰鬱さに生じる状態に行為は魂胆を損ない、慢性的な意味をかき乱すだけに観点を損ない、修繕されるだけの痛みなどに漫然とした日々を逍遙し、銀河を流浪する日々が短絡的なデストロイを叫ぶだけに惨憺たる毎日に迫る寛容な日々も、厭わぬ限りに膨張し、システムすらも飲み込み、異物な思想すらも飲み込み、ただ考えるとは、思うに至らず、いたわらずに、厭う限りに簡単な理想を掲げ、果敢に挑む事をせずに、設置されるだけの意味に散漫な動機は、いたわる事を知らずに、進退伺いばかりで末期的なものに気がつかずに、目先のもので満足するだけに満足は謳い続け、ただつたないものを集めるだけに至るだけの道理に動乱していき、道楽に至り、簡単な快楽は今を傀儡にし、ただ依存的に葬る矢先に閉じる意味合いは、君の意味を奪い、ただ損なう限りに壮大な思考を育てず、ただ相互する今に投棄される意味に生じる意味も浸透し、心象に破裂するジレンマが、時代的な慈愛を抱え、ただ愛とは、語る事からも始まらず、ただ行うだけに悪意に変わるし、ただ愛とは語るほどに軽くも重くもなり、ただ隣に寄り添うだけで恋愛物質を脳内に氾濫させたり、ただ確かな憎悪に変わり、君を恨むためだけに追いかけたりして忙しくまつわる事にまとわりつく風も、ただ季節的な影響をまとい、今にもたつき、もたれかかるだけで、君を押したり引いたりする必要性も無く、ただ感じるだけの風との差異が迫る今に瀰漫する価値すら不必要なぐらいに、ただあるだけで、素敵だ。