時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

超越し続ける先の空

暗雲に見え隠れする和毛が、淡々と曇る隙間にうごめく思念のようなものを追いかける形に迫る起源が静謐さを奪うころには、答えは濾過されるだけに果てる私情に気丈さを求めるだけに終える事から始まる堕落のメロディーが節度を求めるだけに脆くも崩れ去るのが、この現実という面影にも満たない無に至る原理を逆撫でるだけに出で立つものは、ほとんどの意味を廃棄処分にし、ただ分裂するだけの近影にまき散らす今がラストシーンに絡まり、進退を加速させ、ただ行動とは、壊す事に起点を与え、ただ用いられるだけに出来合の真実に浪費されるだけの貨幣と化するだけの命に万象は果てるだけの形に価値を用い、ただカタストロフを促すだけのペシミズムの藻屑と化するころには、孤独を抱える君は、婉然に果てる悠遠に基礎を置き、ただ相対する自己に解消されない痛みを促し、陰鬱な衝動を抱え、ただ逸するという事を知らず、ただしらみつぶしにいびつな自己間に迫る関係から、感官を求めるだけに薄汚い変化が迫り、ただ圧縮される過去の中で圧壊し、悪化の一途をたどり、怠慢な履歴で腐食するだけの関係に縋るだけに印象は、ただ交互するだけに軋轢をため、緩衝に至らずに、干渉するだけに捕食されるだけの関連から、受理される痛みは、言い分けばかりを重ね、和解案を促すだけに、猥雑な派生を生み出し、ただ物事に昏倒していくだけに至るような意味合いの中で近未来を失い、相続すべき事象も、ただ尊く結ばれる過程も、可決される義務に生い茂る今から迫るセンチメンタルな騒音から、性懲りも無く独白し続ける失望の斡旋から、戦利品として受け取る誰かの首から、勲功を立てるだけの苦しみの傀儡として戦争的な気配に形骸化していくだけの闘争に倒錯していくだけの若人は、脇に追いやられ、おいおい理解したとしても、ただ途端に破裂するジレンマは、ただ暴力的なものにおののきただれるだけに、誰かの意志に扇動されるだけに思考停止し、意識とは、ただ指揮されるだけに奮われる権力により、物事の確かさを見失い、ただ自らを葬るだけに方向性を失い、ただなあなあになるだけに担うべき未来も嫌いになるだけに至るような過激な思想とは、ただ酩酊するだけの飛躍を生まない奪い合うだけの欺瞞と独裁を生み出すだけに至るだけに良い未来などは作れず、ただ作られるものを巣くうだけに至り、引接されるだけの物事にままごとを続け、ただ幼稚な策略から、観点は怜悧なものを生み出すだけに欠けて行く魂胆は、ただ履き違える意味から今を奪うだけの混沌を生み出し、ただ超克すべき今に長じる由縁に引き延ばされる今から注がれる心象は、ただ引き継いだ意味を今に吐き出すだけの欺瞞を瀰漫させるだけに貧寒な理由を引き取り、悲観するだけに貪婪な問題を引き出すだけの魂胆から、浪費していくだけのシステムからエクソダスや、蝉蛻を目指すべく、デカダンな現世を引き離し、ただ批判するだけの観点に浪費するだけの脅威から持ち出される距離感に陰湿な支配を終えるべく叫ぶ言葉は、邪推せずに、ただ清廉とした廉直な言霊であるべく、抗う事にあてがう意味すらいらず、至らぬままにいたずらな日々に非違し続ける限りに法で囲われるだけの過去から間接的に結ばれるだけの無数の兌換から奪われる感覚は、快活な動機を失い、ただ尊く結ばれるべき愛も、淘汰されるだけに至る痛みから意味合いを失い、ただ陰湿な思案から繰り出される堕落した暗鬱さから、案じるだけの暗示から最たる意味を損なうだけのコマーシャリズムやプロパガンダに支配されずに生きる事こそが苦しみを超越し、ただ生きるという事に関して生ききるという今を生み出し、見出すべきは、今に至る原因に織り込まれる原型に反し、ただ関するままに協調性を求めるよりも、強固な意志で境涯に果てるまでの軌跡を自ずと描く者こそが、何事にも固執せずに調和などは求めずに、交互するほどに互いの力は緩衝し、互いの力でもって解消される事を知る事から物事のニュアンスは、ただのニヒリズムを飛び越え、応じる答えに迫る結末の末尾に要するだけの隠語を放つだけの我意にこそ反し、ただ関するままとは、ままならぬままにほどけていき、有する形すら白々しく思えるだけの横暴な社会に囲われるだけの善悪に是非は無く、ただ懸隔を埋めようと引き留めるだけに膠着する今に押し入るものに本質など無く、ただ独善的に始末するだけに至るようなけちくさい家畜の言葉が蓄積し、ただ畜生と促す畜殺される苦しみが繰り上げたものがルサンチマンに変わり、ただ答えで加工するような答えの中で、物事の本質を見えなくするような答えだけが、あたかも正しい事のように扱われる事に疑問を持たぬ限りに、君は君の影を踏み、君の影を追い、ただ老い続ける事に固着するだけに終える。