時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

雨の名前

雨の後の次の日は、何もかもが綺麗に洗い流され、清廉としていて、咎めるものは何もなく、ただはにかむ太陽だけが、ワクワクを誘い、雨水飲む鳩も、抵抗こそ不潔と言い正す真理も的を射るよりも、ただ耽溺する世界に対象を用い、その場で膠着するような雨風に遮られる止めどない悪夢とレクイエムと美辞麗句が妨げる現在に虚ろで脆弱な事柄を抱えるだけにエクソダスできないデカダンな連中がとどめる間柄に迫るペシミズムがランドセルを背負って、王冠かぶって現在を横溢させては、お菓子の家で手なずけられた幼少期に連立する動機が白昼夢に絡まり、関わるすべてに全容は、膨張するだけに至り、ただもたらされる出来事に象徴的なものを掲げては、神を利用し、神を悪用しては、偏執する事柄に固まるだけに示す間に用いられる是非などが生命を濁す間にも、衝動的な権利を牽引し、懸隔を用い、ただ離れ合う答えになあなあな儀式を用い、生け贄として善意の人間を作り出し、それを磔にしては、判断を奪うだけの専横から、症状は悪化の一途をたどり、アドレス化した人間は、最たる意味を妨げられるだけに閉鎖的な人間性を掲げ、重ねる理由も交互する意識に弔う儀式に意義は膠着し、高揚する観念は、照合する事柄だけに荘厳な理由に意志を連ね、ただつたない意識にいぶかる現用から相続する意識は、凄然とした途端に備えるべき今も思考を持たず、ただもたらされる事柄に横柄な支配が迫り、端的な割合にひしめく動機が真実を濾過しては、解析される現在に遍在していく途端は、ただ正義を用いずに、用いられる雨にぬらされる事により、精神は成否を持たず、ただ洗い流される事により、あてがわれる善意を前衛的なものに変えては、おののかずに、己がある限りを摩擦させては、察知する観念に陥るだけの行為に交互するだけに軽薄なものに形骸化するよりも、概観を撃ち抜くほどの成立を求めるだけの完璧主義に陥るだけの王位継承を終えるだけに嗚咽を吐き出す原野は、明晰な判断を失い、ただビジネスライクなコードを吐き出し、破壊的な動機を徘徊する老人ような妨げから、少女的な憂鬱に変貌していく交互する精神は、日々の卑劣さに境目を用い、感情的な定位に浪費する言葉が打ち出す基礎に培われた意味などは、ただ最たる意味を今に浪費させる事を目的に、ただ支配的な定めへと誰かの言葉を借りては、屠殺所に運ばれるまでの憂鬱から、変容していく統括されるだけの正常を謳うだけの鈍磨で貪婪な支配から、芝居じみた一生は陰鬱な症状を抱えては、関係性に飛躍も求めず、退屈を掲げては、現状維持するだけに世界は、世界として認可されずに、ただ錯覚を用い、幻覚に至るだけの揺動を繰り返し、疑問を用いずに、ただ淫靡な結末に浸るだけの統合される理由に煉獄に陥るだけの連動する苦悩は、能動する主観に反映される状態から、悦楽を重ね、配備される愛は、厭う事から歓喜を誘い、ただ奪うべきだ、とルサンチマンが、己の嫉視に空回りし、ただ排斥される原野で投棄されるだけの投影される物事は、ただ形あるものには、合わさる影があるのだ、と偏執した答えを巻き込むだけの情報の奴隷として、屈従した完璧な支配を受け入れるだけの傾倒していく場面で生き埋めになりながら、飢え苦しむだけに運命は運動的な聡明さに和むべき今にも、引火する結末に生じる燃え上がる情念が、婉然とした過干渉に果てる晴れ間から奪われる関係に結合されるだけの道理に遠因に課せる足かせから、世界性は、グラム単位で安易に恨まれる欠如へとうらやむだけに恨みはウランに変わり、ただ簡易性を放つだけの疎外を受け取るのだ、とルサンチマンでゲットーなマルクスが支配的な剥離を促すころには、こころは白紙のままで、ただ書き入れされるだけの概念を抱え、それを観念として主体に書き込む事に置かれる自我を促すフロイトから、プロパガンダが、プロレタリアートに迫り、万象に果てる現象が科学的進歩と心理的飛躍を終えるころには、答えは愚鈍な輩が促されるだけに答えから最も引き離され、汎用される問題から責任転嫁される間に転用される是認は、ただ善悪を認識し、感覚的な間断を促し、ただ埋めるだけの空洞に犀利押し寄せ、憎しみをすり減らすだけに悲恋を掲げる空が降らす雨に内面的な誓言が荘厳に混ざり、あざとく降り続ける雨も、暗雲の中で恥ずかしそうに、深層心理をかき乱すような機械的な緩衝を終えては、すり減る精神を弔い、恒常的に訪れる悲観を超越し、ただ相互する運命にひしめく乖離した彼方で永遠に笑う。