時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

うねる眠り

単独の世界に押し寄せる闇も刹那にかじかみ、灰色の夜明けも、降り注ぐ意味にへばりつくだけのダストと血が混ざり合い、リアリズムを進化させるような低血圧な朝を屠り、ただ懐かしむだけの過去に染みいる経路も爆砕され、悪態をつきつつ、追考する意識に馳せる思いも、観点を奪われ、毛色を失い、ただ束縛される過去に想起する面影も課せる思い出に和む枷に変わり、世界性に制圧されるだけの定めをさまよい、陰湿な疎外感を受け入れ、軽快な理想を企てる間に惰性な生活感を抱え、井蛙な者が浮き沈みする浮き世も、清くも無く、ただ苦楽を謳うだけに至るだけの原因にゲノムも引き連れた遺伝子を廃らせ、生活にあえぐだけの一生に不当な手続きを繰り返すだけの空疎な思いに課せる主たる原因も面影の風邪にやられ、約束も守らず、摩耗する精神は、性悪説に騙され、空白を埋めるだけの恋愛ゲームから、過疎化する思いも現実を損ない、ないがしろにした一瞬に迫る言葉も、微かな災いを携え、世界的なものを切開する今に横溢する主観に蔓延る愛も、陰湿な同一化を強制する限りに強制終了する先々に痕跡も開ければ、混成すべき真実も、ただ偏り単一な世界へと移行していく限りに陸続きにつながるべき世界もはばかれるだけに配備されるままに受け取る愛も今にも憎悪に変わるだけに至るような機械的な道理にリンクする過程に求められる今にも寂寞は迫り、襲う空白に迫る憂鬱は、曖昧な毎日を即席の理由で抑圧するだけに世紀的なものに奪われるだけに運命とは、咎めるだけに統括する事を目的に退廃的な理想をリンクさせるだけに離別していくシーンに加速していく思いも横暴に独占する理由をハッキングし続けるだけに超然として待ち受ける自業自得の鐘が、加勢する動機に朦朧とする瞬間に孤独は迫り、狭い価値に毎日は拘束されるだけに至るだけの毎日に接続される痛みが日々がいびつに摩擦を重ね、狭小な理由を旋回するだけに凄絶な時は流動する本質に実像を重ねるだけに事実とは、真実を損ない、最たる意味を浪費するだけに導かれる今も、陰湿な日々に奪われるだけに終える。

悲観的な論点が相乗効果を空間にもたらすだけの暗鬱に消費されるだけのバビロン的な抑鬱から、判然とする理由に硬質な論理が公平と差異を謳う頃には、時代と社会に責任転嫁するだけの饐えたペシミズムが謳う終末論が事柄を奪うだけの聖域を謳うだけの原理は、利息を支払うだけの生活に性的暴力を突きつけ、快楽の傀儡として自らを置き換えるだけに清貧な理想を謳うだけの今に捨てるべき動機すら無いのだ、と無い物ねだりな内心に軽薄な者が謳う快楽主義的なマインドに理論は理路整然とすべき数多の頭に降り注ぐ猛毒と朦朧とするだけの観念に感性を用いるべく、衝動とは、ただ統括されずに分離し、別離するままに生活に潜伏するプライドをそぎ落とし、ソリッドに至る現実に軽快な理想だけがリセットボタンも押さずに、応戦する先々に闘争とは、倒錯を用いるだけの耽溺するだけの快楽に移行する毎日に情実は正義を謳わず、ただ失うだけの現在に現実を用い、暗澹とした今に生じる憂鬱にこそ反し、関するままに所持する運命も行き違うだけに生き方を謳うだけに導かれる今に引き取られる意味も文化的なものに支配され、深まる季節の風流さも、ただ用いられる物事の傀儡として監視され、感じさせられるだけの情報をまとうだけに真っ当な理屈すらも間違いを改めず、ただ与えられた餌で満足するだけにすなどる間に衰退する精神的な軽さに滞るだけの事柄に苛立つ精神は、敬神を謳うだけに肝心な自身を損ない、自分探しという言い分けに所謂苦痛を移行させるだけに移動する精神的なマップに描くべき場所や聖域すら不潔であるし、やがて価値とは、渇望するだけに至るような痛みに変わるだけに吐き出す嫌気も、陰湿な支配を繰り返す獣道でのみ緻密に描く真理に真実すら、その場で朽ち果てるだけに惰性に変わるんだし、やがて出し抜いても価値は神を用い、神はやがて操作されるだけに至り、異物感を抱え、片手間で病んだ世界を孕むだけに配備される動機に慟哭しては、懐疑的な理念を聳立させるだけにその場で壁に変わるたちまちに遮られるだけに最たる意味も浪費するだけの過程に感染していく病にマインドは頑丈な意志すら通り抜け、「ただ君の意思を奪うだけのウイルスが浸透し、君の意思を装置に変え、ただ快楽の虜として脳内をかき乱すだけの売買に競争的なものを掲げ、ただ課せる理由に妄想を重ね、抵抗するだけに至る行為に盲信するだけの世界を世界として信仰する。」その行為に迫るセンチメンタルな剪定から、懇切する理由は生じる由縁に行為は定位なものを吸い取るだけに抵抗は理論を失い、ただ理性に捧げる殺伐とした精神は最たる理由を損ない、ただ人間たるものに収まる。