時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

くっつく間

定める季節も無く、きらめく葉が巻き込む空間の 儚さよ。すべてを偶然の下にたぐりよせたものよ。ただ悶えるたちまちに巻き込む果ても、確かな意味に変わるまでの宛先に和み、風景に宿すアンニュイさに錯乱しては、逆撫でる月日に魅力を残す。誰かが、何かを越えよう、ともがくだけで世界は、変わろう、と模索し、誰もが、何かに反発し、変えよう、とするだけで、個人の世界は、瞬時に変わる。ただ変わる、とは陥れず、一過性のものに流されず、自らの意志だけで、一点に集中した権力を超越し、ただ自らで飛躍し、創造に至るものを正義とも呼ばず、ただ自らの意志だけで飛び越える景色に、形式すら無くなるまで超越し続ける。太った永劫がカタルシスを促す。雷の音の吠え声が邂逅を誘い、いぶかる月夜に木霊する季節的な不安感や、不安定さを促す十字路で労働的な観念と家庭的なサイエンスが核融合し、観点は象徴的なものを掲げるだけに神を兌換し、貨幣的な神により、死は鋭利なものに変わり、物質に変わるだけに堕落する先々に回転する理念は、清貧な浪費を繰り返し、独占されるだけに占有される意志は、意味を耽溺するだけに駆除される先に陥るシステム的な抑止から、道理を用い、誰かを支配する気配に緊縛され、嗄声促す物陰も浪々と寂れた記憶に慢心を誘い、短絡的な言葉に経路を結び、無数の思念は最たる意味を喪失し、硬質な思いは陰鬱な証拠を残すだけに生じる由縁は精気を失い、喪失感にゆだねる面影も関する理由に流動しては、悠遠に措置される感応から、生じる現象は孤独を流出しては、先々に枯れるだけに至る。

面影も、かけがえのないものすら捨て去り、ただ孤独に固執していった私は、用いられるものを拒否し、ただ抗うだけに全身全霊を託した。ただ課せる意味から枷と化するだけの問題に投獄されるだけの答えに捏造され、屈従されるだけに至るという全容にほとばしる言葉も誰かしらの観念をすなどり、ただ暴かれるだけに曖昧な毎日に照合されるだけに合わさる答えに些細な動機を残し、心理的なものを引きずり、すなどるだけに至るような精神的搾取に栄進していくだけの物事に逃避していく間に陥るだけのスイッチを押し、横暴な支配から、感染していくだけの病理に瞬く間に捉えられるだけの身体は、加算されるだけの原理に損なわれるだけの事柄を堅持し、緩衝する先々に答えを用い、応じる事柄に生じる由縁は、成否を重ね、投じられる言葉にこじれるだけに思考停止し、今に屈従するだけに至るような退避から、たちまちは、逃げ道を求めるだけに止めどない死に圧迫される。

最たる意味は軌道修正を求めず、ただ進むべき事に引力にも重力にも反し、関する事すべてにすれ違うだけの痴愚から、抽象的な緩和から、生じる世紀的な貸与から、貸し借りされるだけの善意が横暴な答えを引きずり、大きく取り上げる事に扇動されるのが、大衆の悪趣味であるし、悪化していく悪意が暴利をむさぼるだけに垂れ流れる汚物たる信用や、心象などが、ただ同じ動機に同調するだけに動機を奪うだけの関連性から連動して運ばれる憎悪が押し合いながら、ただ互いを奪い恨むべきなどと扇動するだけのペインをオペし、ただ阻まれるだけに至る原理的な集約から、集積する事実にたまる今に瀰漫する無神経な企みから、たちまちは暴力的な進路を用い、ただ抗する事に用いられる武器こそが、幸せを運ぶのだ、と用いられる事を統治する限りに陰る本質は、ただ権力の使い方ひとつで封じられる今に引き取る思いも、引きこもるだけに至り、ただ空腹と暗闇を抱える痛みから配備される憎悪から、システム的な症状に愚鈍な理由を損ないながら、ないがしろにする関係に生じる苦悩から、納期される暗闇に扮装を用い、貧相な支配から生じる関係に軽薄な理想を用いるだけに悶悶としては、ノイズを吐き出し、迫害されるだけに至る痛みから、印象にこじれる今に行動は膠着し、ただ数多の問題を抱える頭の中で迫害されるだけの痛みが永遠性を抱え、ただ飛び越える今にすら怯えるだけに至るような欠落から、寂れる意識に問責を繰り返し反復させるだけの組成されるだけの組織から生まれる権力とは一党独裁のままで泥臭いままの思念を抱え、ただ前すら見えない汚れを抱え硬直するだけの過程に用いられる言葉から加算される原理に生じる悠遠に蔓延る悪意が木霊し、用いられるものすら不潔に至るような権利に牽引されるだけに屈従するだけの理由に吐き出される意味に課せられる罪の重みが迫り、今に瀰漫する問題も、ただ用いられる答えに占領されるだけの苦しみに果てる合間に注がれる情念だけが修繕していく過程に収斂される問題から、集約される自らがくっつく間に陥る空虚すらもジレンマとのなれ合いを重ね、掲げる思いが横暴な試練を重ね、心情に浪費される関係から証拠も持たずに苦しむべきだ、と促すだけの世界性からかけ離れる超脱から、脱する先に帰る場所すら持たずに、ただすがすがしく消えるだけに至るような意味の暗闇に屠られずに、ただ自ら選んだ今に閉じる事に訪れる永遠に飲み込まれる。