時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

惜別の深淵へ我々は旅立つ

幼いとは、恋に落ちやすく、自らのペルソナが示す騙し合いに至り、自らを喪失し、互いに緩衝し、確かな愛に至らぬままに堙滅する。彼女の本当や、本質とは、誰か? 化粧という壁が彼女の本質を濁し、敵意と欲望だけを如実に示す防御から俯瞰は損なわれ、煩わしい空間に自らを堙滅する。絶望を乗り越えた先の絶対的なものは、完全性を孕んだ信仰や真理よりも強固な己を用い、すべてに反し、孤独をも恐れずに、自らを超越し続ける事に有する意味にすら、すがらない。生きている、という散財を重ねる詩は権力や価値を乗り越え、用いる財産を飛び越える創造だけが、世界を書き換え、用いられる欲望を超越し、さらなる進歩を遂げるべく、神秘を描く。詩とは、あらゆる価値を超え、認める間に紡がれる意志は、何事にも代えがたい贅沢を生む。深まる痛みに手数料を支払うだけに虐げられる隙間に瀰漫する果てが今を占領し、定期的に迫る不安ばかりが敷衍し、蔑む間に諦観が運ばれ、阻まれるだけに迫る疎外感などが、確かな理由をすなどり、利息を払うだけで精一杯な毎日などを詰るだけに迫る恐怖が俯瞰を奪う幼さの傘に守られ、冷たい雨に交わる果てに儚さが募り、耽溺を繰り返す輩が退廃していく模様に迫る問いに透過すべき答えすら、愛玩されるだけの権力に牽引され、偏るだけの住まいに強制される浩然と流るる世界も当然だと迫る強迫観念が捏造するフェイクの感情や熱を運ぶだけの情念に熱情する快楽の傀儡として都市をさまよう憎悪だけが、ルサンチマンを形成し、今に運び出される幻想の廃墟でのさばる世界に責任転嫁する悪が整合する正義が配備する対立に立体的なビル群にロールアップされた定めを小康させるような真偽から課せられる貸し借りの感情から相互していく運命に同行する欠如から理想は驕傲な態度で生命を馬鹿にするだけに至るような妄想から懸隔に与えるシンパシーに迫る死からは逃れられずに彼女は彼女の世界として惜別を吐き出すだけの偶像と偶然に支配され、ただしばらくのモラトリアムに迫る現像と現実との惜別から空疎な死が迫る現在に抵抗するように用いられる敵意に支配される気配に緊縛されるいらだちが悠揚に至らず、ただ迫る猶予にこじつけられる現在に支配される空虚さに成敗され、いたわるべき現在に用いるべき愛を知らず、証拠も残さず、ただたまる傷痕に招かれざる客としてキャラクター化するだけの課せる罪から追考していく意識に亡命していく果てに世界との決別を求め、決然と見つける先に用いられる現実などは、今に省かれるだけに至るような疎外に馳せる現実から想定されるだけの偏見を抱え、重ねる動機に油然と盛り上げる思念に立ち向かうような現在に破壊的な意志が生まれ、抵抗を暴力で染め上げるような勘違いから、ダークサイドに陥るだけに大抵の事実は起爆装置として持ち上げられ、もたげる精神は求めるだけに至るような痛みに右往左往する。

渋滞する精神は、受胎すべき愛に反し、ただ関する出来事に耽溺するだけに大抵の事実は虐げられ、真相を浪費するだけに神経質な問題は、求められる事柄に横柄であり続け、ただつたない善悪を相互させるだけに交換される意識はいぶかるだけに現実味を損ない、喪失感にゆだねる意味から総和すべき現在に混在していく意識は息吹かず芽生えずに、目指すべき意味をたちまちに消費し、奪われるだけの関係に根ざした言葉などに占領されるだけに最たる意味を喪失する支配的な言葉につくづくは狭まられ、ただ用いられる言葉の奴隷として同化していく事柄に加算されるだけの数として利用されるだけに諦観する精神は、ただ用いられる恐怖に抵抗できずに、自らを抑止し、押し殺される自らに迫る死よりも平坦な生に至るような強固さに堅持する強制力に支配される自らのカタストロフを傍観するだけに傍受する苦痛に交互する意識的な死に阻まれるだけの痛みに享受する理由が企むだけに強制されるだけの心理は扇動されるだけに至り、いぶかるほどに息吹くものや、芽吹くものを利用し、迫る動機に贋物の価値を与える。与えるべくは、永遠の逃走であり、不透明に至るような成合に迫る現実に抵抗を加え、呈するだけに生み出される抵抗に反するほどに生み出される自らの力により、要する事柄に反し、関する出来事を超越し、存在自体を摩耗するよりも、譫妄に至り、何が現実かも分からぬほどに酔いしれる企みに関する出来事は長じる先に証拠も残さず、織り込まれる痛みに介し、退廃していくだけに指定される痛みに逸するほどにやかましく迫る喧噪の嫌悪感を配するだけの哀訴を奏でる哀婉な世界観が運ぶ正解もくすねるだけの私利私欲に固まり、偏るだけに拘泥する意識は、何の正しさも用いずに、出し抜けるためだけに騙す間に弛む心身を伸縮させ、自らのゆがみに耐えかねずに、隠滅するだけに至る痛みとはどこから来るのだ、とぬぐうべき痛みを脱ぎ捨てる今にいぶかるだけの行為に基づき傷つく今に恒常的な空虚さを抱えるだけの空域に迫る占領的な線引きから、用いられる悪意が同居する不潔な心因に証拠を用い、根底を覆すほどの苦しみを買いかぶり、加算される原理に関し、災いを吐き出すだけに徒労を重ね、浪費していく真実に膠着していくだけの苦悩を現在に吐き出すほどにゆだねられるゆがみに介して、退廃していく。