時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

無知な者が生み出す苦しみに娶られずに進め

抱える間もいつかほぐれ、時折に歪む悲しみに連動する季節も、くすぐる果てに俯瞰にこじれる後に徐々に迫る理由も、狭苦しい価値に閉じこもる。到達するころには、孤独を抱えるだけの暗鬱な生涯に馳せる理念になじませる間に捉える理由も混同していく理由に世知辛い物事ばかりが今を盗む。時々は、届かぬままに滞り、慢性的な痛みの先にひしめく君の吹鳴がなびくバビロンで浪費される観念や論理に利己的な意味を殺菌しては、綺麗なままに導くようなものに神すら要らず、私は私で居たいし、君は君のままでありがたく羽化し、いつか飛べるはず、と明日はバビロンの足かせ外し、世界から抜け出す。逃げ出す間に倒錯する事に性別すら不必要で、不潔である、と宣言する間に卑賤な価値ばかりが促す軽薄な理論に早熟な観念は相互し、奔走する意思は、倦怠感を攪拌し、悪である半径に閉じるだけに理想に固着するだけに利口な猿である輩が報じる理念に操縦されるだけの観点は、加工される品位で誰かをののしるだけに終える先に陥る事柄を報じるだけに方向性を失い、関係に盗まれるだけの金銭や、加工されるカタルシスを促すだけの憎悪が装甲に変わり、君を悪意で染め上げるよりも、人間から抜け出せぬから、君は意味と位置にからまり、悪意に転じるだけに終えるような物事に終わりと始まりを用い、求めるだけに健気さを喪失し、相互交換されるべき観点は、関係を用いずに、ただ其処に結ばれる点と線すらも破棄し、配備されるだけの愛に反し、関する間に共鳴する君の理想だけが、こじれる間で自由すらも超越し、長じる間に用いる言葉すら邪魔に思えるだけに思う事にすら反し、ただ統合されずに、逃亡する間に悲鳴が聞こえる隙間でスキップして展開する理由と共に広がり続ける。続ける先に導く者も居らず、ただ進むだけに啜る意思は、関係性を結ぶ事にだけ溺れる。「成熟すべき思春期の警報音が鳴り響く、蔓延る悪意が点滅し、永遠性を疎外させ、概観をねじ伏せ、あらゆる論理に致命傷を食らわす。」 加えられる幼稚な理念を相違させるだけの装置的な理由に用いられる敵意が、悪意を倍増させ、用いられる物事を戦争的なものに覿面させる。酩酊する真理はこじれる間に放置され、縫合されるための傷口を自ら開き、乾いた頭に用いられる数多の理由を注ぎ込むだけに公平性などを謳い、悲しみは倍増し、陪観するだけの隷属する真理は、真偽を用いず、ただ信じるほどに配合される悪意が問いただす現実に淘汰される。

最たる理由すらも忘れ、咲き誇る今に曖昧に閉じるほどに欺瞞はたまる。間違いを改める君は悔いを用い、その場で艶やかな離散を繰り返し、クリアにする情景もいつか、用いられる悪意でルサンチマンに転換していく。大転換期が迫る死の夜明けも、世界の終わりを謳う現実的なゲノムも、言葉を忘れ、ただ軽薄な理想を謳うだけに疑う連中が指図する倦怠感から、固執していくだけの流動性が用いる暴力性が世界自体を飲み込み、行為に基づく範囲や安閑に至るべきなのに、五月蠅くまとわりつくだけの理念に奪われる観念は、ただ感覚を喪失し、叢生していくニューロンに刺激を施し、引用されるだけの異物感に支配され、気配は牛耳られるだけに至る痛みに今を膠着させる。その場でとどまる君も意味を用い、いたわる事は愚かだ、と陥れる事だけに専念する事に置かれる事に義務感を用い、緩和すべき状態に緩慢な悪意を用い、垂れ籠める悪意に加工されるだけの心身に解除されるべき苦しみの理不尽さに沈む間に用いられる自由などは、自由に関わるほどにほどけず、施されるものに支配される傀儡と化し、毅然と立ち向かうべく今に蔓延る意味に転用されずに、自らの意味だけで飛び越える間に到達する先にほころぶ間にアイロニーが注ぎ込まれ、転換されるだけに位置は意味を超越し、時間をなじらず、始まるままに邂逅していく間に苦悩すら無くなり、空洞化するだけの理由に聡明な理性だけが、透徹していく空間を飲み込み、自らの血から咲き誇る今だけが、曖昧な今をこじ開け、欺瞞の吹きだまりを雲散霧消とさせる。唱える呪詛に乗り込む感覚がけだるい情念にからまり、焦熱していく大地に根ざし、願いを裏返し、裏ごしする観念に軽薄な概念は消え去り、些細な出来事がデータ化されずに、加算される原理にうごめく憎悪を昇華させ、世界とは、自らが認識するよりも狭く、うつむき眺めるだけに満たない感覚を難なく飛び越え、難じる間にそびえる怯えが今を包み込み、つたない理由で膠着するに至るだけのカタトニーから抜け出す。ただ孤立し、乖離する精神が支離滅裂に結ばれ、バラバラの視点が結ばれ、ひとつの意味に変わるころに迫る寂寞に緊縛されずに、放たれるままに広大な意思で自らを飲み込み、世界自体に敷衍させる先に不滅であり、敷衍するほどに不可能などは無くなる。漠然と迫る理由も尾を引き、仄かな理由に頓挫するだけに終えるような世界を世界として和ませるだけの儚さに転じ、人間から超脱し、私は私にすらならず、ならず者のままで果たす間に孕む理由だけが創造性を掻き立てる事以外に理由すら要らぬ。