時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

怯えぬこと

何事も静謐に折り重なり、暗示されること無く、物事の差異に陥る隙間から機械的な金属音が鳴り響く原理にそびえる怯えているだけの価値観に定めすら無く、すらすら描く先に水準も筋書きも無く、起動する苦悩から散漫としていく価値に相似していく観念が逡巡し、退行する意識にためらうだけの価値観の家畜として、指定された義務を放ち、同じ意味を用い、同じ位置に移行していくだけの嫉妬心から到達する現在に枢要徳へと至らずに終末論者が跋扈する境目に最たる意味も、滅亡的に簡素な理由へと執行されるだけの罪を定めとして指定される意味に義務を用い、ギミックを有し、欺瞞を放ち、不満足へと至り、いぶかる原因に司る原理の家畜として弛緩し続け、つたない思いを弛ませる今に和むべき愛も、合間に擬態化し、擬人化しては、最たる意味を離反させるだけの原料を用い、汎用される理由に固執し、今に至る原理を損なわせるための戦争を執り行い、万感に迫る安易な接続から、収斂されていく始まりの精神が弾け、時系列を根絶やしにしていくだけの史跡を打ち消すような破壊行為に至ることに重きを置くような連中が支配下に置く恐怖政治的な成因から、清貧さが美徳として迎え入れるほどに欲は増すらしい、と虐げる間に用いる欲が根を張り、根茎を巡らし、矛盾していく過程に育雛すら持たずに自立しては、演じる子供として、模倣し続ける自己へと懐疑的な日常を折半しては、しみこむ意味が拍動し、動機が延々と攻め入る過程を蝕み、無感情な時代へと幻覚を用い、様々な思惑が代用品として指定される義務へと移送される原因に偏執していく要因が余韻を放ち、世紀的な重みを今に運び出し、ジレンマを生み出し、束縛する波形から、よじれる思念が捻出する新たな欺瞞から最たる意味は損ない、最愛として指定されるだけの貧寒な愛に悲観していくだけに陸地を奪う戦争から、専横する意志は収監され、統括されるだけに大きな悪を内外に育て、惰性で描く真実は、ニューロンの中で遭難し、内外に放たれる悪意が解離性の現行を生み出し、懐疑的な日常に孕む懶惰なカーストから、仮想世界を生み出し、はみ出すものを収監するための内心の監獄へと護送されるか?現実的な家畜として放牧されるか?はたまた強制労働のための列車やバスに乗り、あたかも純然たる労働へと自らの意思決定で現実を死に急ぐかに重点を置き、最たる意味を損ない、最愛のものを喪失していくだけに至る痛みが瀰漫し、自らの憎悪を育て上げる惰性さに生活感などに抑圧されるだけに生み出される普遍性に世界性とは、用いられる外からの圧力に屈するだけに至り、いたわることを損ない、最たる意味を喪失し、交換される愛が定めを喪失し、運命論的なロマン主義を失い、ないがしろにした愛を追いかけることを忘れ、追従する恒久的な観念へと身代わりを生み出すだけに運命的な論証へと交互していく流動的な思念は、境目を持たず、公共的な意思を疎外させるだけの獣として支配するための純粋な機械として悪夢を売りさばく政治へと荷担していく権威主義的な呪いから、能動していく意志へと公共的なずさんさに支配されるか?順応するための資本家へと協業していくほどにほつれる自らを権威へと隷属させ、自らの権力を損なうだけの似非個人主義を媒体させ、自らの苦悩を妨げるだけの放出を今に執り行い、虜にされるだけに最たる意味を喪失し、相似していくだけに自らの詩を失い、自立しているかのように隷属していくことこそが、いちばんの苦悩を運び出し、配下に置かれるほどに隷属する今のレジスタンスを生み出せず、ただ兌換される価値に関与していくほどに補填される意味に補完すべき理由を用い、吏道を謳い、官僚主義的な肉薄から破壊的な道理を用い、倫理を謳うだけに退嬰的に明け暮れる喘ぎから、殺伐として主体は措置される苦しみに心象を踏破していき、指定される義務に欺瞞を孕ませ、配される愛に産み出す子供に孤独を与えるだけに関係は、観念性を謳い、あたかもそこにあるものとして指定する強制から、世界性は、ちぐはぐになり、羽交い締めになり、認識するほどに今に拘束され、物事の永遠性を損ない、陰る本質は、物事の影に隠れ、介する間にも解放を求め、もがくほどに締め付けられ、しどろもどろになる意識が革命的な原理に至らずに、自らの薄命さを知らずに、迫害を恐れ、追求することに義務を持たずに、用いられる言動に支配され、虚偽と距離に合間で完結していく自己が肥大化せずに、伸縮し、あるいは普遍的なものに収斂し、欲望的な気配を察知するだけの空間に補填される義務から、充填される意志に配される欲に要する過程に密接していくだけの欲そのものに羽交い締めにされ、最たる意味を損ない、流出していく観念が軽薄なものを義務化し、犠牲心の名の下に高圧的に締め付け、軋轢を与え、当てつけに磔にするような世界こそを憎まずに昇華へと誘うような者こそが超然と現在を軽々と飛び越え、枯淡になびく永遠に受理される思いだけを認識し、詩的に産み出す意味だけが、創造を育み、相似していくだけの関連性から抜け出し、自らを自らとして認識し続ける限りに自らの言葉が生まれ、自ら見つけ出す意味だけが、自らを形成していくことを知る。