時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

芝居を終えた原理

禍根にひれ伏す衝動が、道化を用い、根源へと急ぐシニカルな夜に腐敗していく心情が統括を求められ、ただ逆らわずに最たる意味に無数の思念をリンクさせ、駆動する意志が真因を損ない、漂う意志が、淫靡な結末に齟齬するだけの快楽へと解体される信号からシナプスニューロンは受動的に結合されるだけの快楽へと意味を送り出す限りに陰る本質は、あたかも流動的に渇望するかのように、滑落する思念を葬り、拍動する理念が倫理を謳い、善悪を消費するだけの形の中に捕らえ、抵抗するほどにほどけぬ苦しみを施し、恍惚を求めるだけにオーガズムは、難しい答えに巻き込まれ、渾然一体と指定される義務へと封緘され、偶感をうながし、浮遊する意思は表現を損ない、力む私情は、証拠を求め、折折に織り込まれる思いを弛ませ、現状に老化するだけのカタルシスをうながし、恒常性を損ない、相似していく思いが、行いをこじれさせ、時系列に影響を与え、時間から抜け出した思念が、過去や現在からもエクソダスし、対比されずに流出していく意識は、帰り着く場所を持たず、漂う世界から、証拠も残さぬ世界へと乖離していく解脱から、間断無く突き進む思念に帰り着く意味も不必要であり、曖昧なままで瀰漫する思いが不満足すら謳わずに、すらすらとくぐり抜ける一帯から曖昧なマインドが積年に受理する面影を達するままに受け取るだけに飢え滅ぼされる身体を傍観し、傍受する意思が選択権などを謳い、権威へとこびへつらうだけに行為は純粋さを損ない、喪失する意識は交換されるままの間隔に放たれる埋め込まれる意味を意思として謳い出す限りの傀儡として指定される義務を求め、同じ答えと同じ衣服で同じ権利を謳い、同じ原理に囲われ、囲まれることにより、増やされる快楽の傀儡として指定される義務の中で自らを埋め込み追い求める快楽の傀儡として階差を用い、カーストを利用し、充填される意思に結合される言葉だけを信じるよりも、ただ流されるだけの価値に明け暮れる構図へと至り、高次に至らず扇動されるだけの普遍性に妥当な位置を求め、とりとめも無く統合されるだけの言葉へと質感を用い、冷然とした意識は、意味合いに近接する近未来すら嫌いになり、起動する理由も機械的な盲点を叫び、境目を用い、差異と差異の隙間で色彩を失い、喪失感に揺らぐ現前と恋情が住まいを求め、効率良く締め付ける現在に使命を用い、有する過程に強請るだけの強情から、誘致される思いが優位を求め、権威的に締め付けるだけに用いられる権限などを利用し、誰かを統治するなどとうながすファシズムの分針が世界の時計を進ませ、世界を終末論で染めるペシミズムを流行させ、流動させるあきらめばかりが媒介する世界を世界として認識しては、自らの世界を他者の世界に巻き込み破壊に至るだけのテロリズムがうながすルサンチマンに支配されるだけの人間だけが、人間とて名称付けることから、快楽主義の傀儡としてリアリズムを消費し、漂う幻想へと一心不乱に俯瞰を奪われるだけの人間を人間として妨げる辺りから、根源は損なわれる。

謳われる現在に締め付ける思いがはじめからプログラミングされているかのように仕向ける教育に幼少期から離れた私は、自らの哲学を生み出し、高揚する観念に羊飼い的な家畜の番人として指定される義務すら空疎なものであるし、やがて渇望するだけの欲に愚鈍な怒りをため込み、不時着する思いがプロパガンダに支配され、勘違いし完治しない、苦悩ががんじがらめになり、肝心な意味を損ない、ただ従うか、従え虐めるだけに至るかの差異から、惨憺たる安易さを恒常的に放つだけの安易な「人間」として指定される義務を使い果たすまで、誰かを支配し、誰かを支配しようともくろむ欠字から、血族関係などを謳い、魯鈍なレイシズムへと移行するだけの偏りから偏執し続ける意思は、倦怠感をうながし、現存に潜む存在の軽さに自らを狩り、去りゆく他者を介した存在の重さに赴きは、応じるだけの答えに占領され、権利を主張することにより、自らの権力は他者に牽引され、権威的なものへと偏るだけに強請る意識は強迫的に生命を攻め入り、制限を用い、厳正な時に制限を有し、誠実さを謳い、物事を正義で抑止する限りに悪意が倍増する仕組みから、安易なプロセスを用い、混淆しようともくろむ用途から、、幼稚な統治は、力を利用し、カテゴライズし、枠にはめるだけに枠外にはみ出す者の未来を奪うほどに抵抗力を増させるべく、はぐくむ意思は嫌疑を用い、健全な理由などの裏を取り、応じる答えこそ怪しむべきであるし、刃向かう今に立場も無く、年齢すら関係無く何かにはめ込み閉じ込めるような馬鹿者の言葉こそ信じるべきでは無いし、ただ関することに押さえ込むような弱者にすら刃向かうことを知らずに、そのまま無抵抗なままで欠如し、欠乏するままにうながされることで快楽を持たされるだけの義務化したオーガズムから離れ、自らの意思で決定し、形成するものだけを自らのものとして有することも愚かであるし、応じるだけの答えに引き出されるだけの答えを答えとして受け入れ、ただその答えをあたかも自分に答えのように利用するような者だけにはなるな、と告げ、どこに暴力性は生まれ、制度は今に何の影響を与え、何を虚偽として謳い出すかを知り、自らの意思だけで作り出す答えだけを答えとして受け取る限りに用いられることに何の影響も受けずに育つ意志を意思として放つの、だ。