時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

高揚する観念

他人の言葉を借りて泣く言葉たちは、帰る場所ばかりを求めて、利己的な戦争を繰り返している。生きても晴れる隙間も無い借りた身体からあふれる血も、孤独なメモリーを消去するだけで精一杯だと一貫した主体に瀰漫する不満足が諦観する現実から進路を虐待するだけの社会こそが偶像であると叫ばずに、ただ従属する観念に貧するだけの価値へのカタストロフをうながすペシミズムからペインが何ガロンもこぼれ落ち、自らの落ち度が流す涙で溺れている。不思議な裏通りに貧する価値から、関係性は、逸脱するだけの消費を昇華させずに、ただ融通が利くだけに至るような悲劇から簡素な支配は肥大化し、すべてを飲み込み、深夜に帰する間に消費される観念から、軽薄な概念を生み出すだけの夜に唾棄する感情も、姑息な理論を用い、騒然としていく苦悩から、能動する詩的な感受性から、制度がふやけ、ふにゃふにゃになり、フラクタルに至る君とのシンクロから、浸透していく愛は悲観的な構造に関するだけに擦れる互いを追い越し、情念を悟りながら、惨憺たる様相に配備される愛こそ悲劇だ、と歌わずにはいられない悲劇が根源を接続し、先天的な病を巻き起こしながら、こしらえられる病魔に燦然とした主体は光り輝くかのように可能世界を牛耳る独裁者へと変貌していく限りに神は君を占領し、有する過程に価値を押しつけ、物事の家畜として生涯を奪うようにすなどり、収奪される観念は、捻出される猜疑心に飲み込まれ、精神的な弱者共通語を話し、放たれる互いの嫌みが浸透する限りに陰る本質は、何が恋かすらも分からぬ間に独占される。数々にジレンマがジャズに混ざる。ウッドベースと曇り空が蛇行するグラスの中で降らすべき雨すらも乾いた辺りから、界隈はいたわる事を忘れ、互いを恨むだけに至り、感覚は苦悩をたずさえ、一過性の悲劇に哀婉さを掲げ、課せる思いが足かせになり、関わるすべてと攪拌する事が、愛のはじまりであり、愛の調べではあるが、軒下でうちひしがれて崩れている孤独が姑息な理念を用い、ルサンチマンを形成し、奇跡を形成せずに、迎合する悪意に偏る限りに関係性は、制約を用い、生産的な理念を利己的に生み出す。固執するだけの観念に形骸化していくだけの主体が分断され、惜別を重ね、物事とは、過ぎ去るほどに重荷に変わり、考えるほどに勘ぐり、恒常的な理念を葬り、蔓延る悪意が敷衍し、不潔な理由をたずさえる限りに些細な出来事は汚物に変わり、覚束無い思いは死よりもつらい毎日を加速させる。拘束される永遠に放たれる情意から、グランドフィナーレを迎え、退廃していくだけの涅槃寂静で眠る蜘蛛とカタルシスを交換する。蜘蛛が垂らす糸に引きずられる過去から、過失を生み出す兵器利用される価値観から、緩衝すべき間柄から、総和すべき動機に同意を重ねるだけにため込む悪意から、暗澹とした精神に忍び寄るファシズムから、扮装重ねる人間的な悪意が感染し、加工品として同じ言葉を放ち、同調し、同情するだけの普遍的な傀儡へとシステム的に滅亡していき、メルトダウンした精神は、すべてを穢し、自らを住めなくする辺りから穢された大地に叫ぶ愚行も、汚穢に変わり、誰かがうながす真実などは、利用すべき嘘に変わり、抱え込んだ苦しみなどは、誰かかからすれば、単なる他人事であるし、やがて活路を見出したところで、誰もが奪おうと仕向ける辺りから、住みにくい自分から離別し、分裂的に消費される精神に進路すら明け渡さずに、誰かの価値の家畜として、主体を欺瞞で染め上げる。ただ聡明なのは、君と重ねた日々でも無く、誰かを妬む事でも無く、ただ止めどなく過ぎ去る事に置かれ、仮死化するだけに至る精神に政治性すらも死んだ辺りから、その聡明さとは、ただ有るだけに備わるようなものから超脱し、利己的な支配を蹴り上げ、自らを昇華させるだけに創造的に至る事に関係性を結び、昇華とは、やましい事に逍遙しつつも、己が描く真実だけが、真実だと言い放つ辺りから虚偽に変わる事を嬉嬉として受け入れる事に形容されるものすら無くなる事を硬化させる事にある。硬化させる事により、何もかもを跳ね返し、ただ反発する物質として、あたかも存在するように示す事にこそ、その価値は、やがて、何事にも負けない硬さに至る。

受け取る気配は、やがて切なる夜に悦楽を下し、得るものも無くなる限りに陰る本質に縫い付けられる創造から、凜然としてたずさえる勇気が派生し、整容される現時点に残るものすら無くなる辺りに引き取る理由すら整然としていく。物事の面持ちに迫る原理を引き離し、やがて渇望するだけに婉然に長ける思いが深層に与える影響から、固執しないようにないがしろにしているだけに侵蝕していく痛みに苦悩などをこぼし、飢渇するだけに至る思いが邂逅しては、様々な思いをたずさえる心残りから、高揚し続ける自由こそが姑息なものを打ち倒し、接続されるだけの観念に反し、昇華し続ける限りに加算される原因に反し、加算されるだけの数字に関するだけに、思いは裂け、あたかも凄絶な思いをたずさえ、その場で軽薄な理想を解き放っていく。