時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

求めあう身体

取り残された思いは、どこにも帰り着く場所を持たず、ただ延々とさまよう限りに問いただされ、脳内で再生される映像を傍観する別離した自己が、ただただ乖離して見ている現在に損なう限りが、永遠を操作し、短絡的な物語を引きずりながら、今に希望を与え、膨張する意味が今に敷衍し、さらなる飛躍を目指し、ただ嘲笑するだけの卑賤な価値に加工されるカタストロフをうながすだけのペシミストどもがうようよする無機質な大陸を超え、散々な原理を超克するような原因にほどこされる理由を高揚させ、目指す今に意味を落とし込み、応じる答えに整然とした理由を法則的に生み出し、飢渇する現在に生じる誘引から、曖昧な傷口が縫合され、愚鈍な支配に興じる由縁が横溢し、帰巣する真理に現在は弛まぬ逍遙を繰り返し、商品化しないように、傀儡から抜け出す現存するだけの虚偽に破裂する情意から、陰鬱な焦土で描く本質から乖離し、解き放つ理性から、生じる由縁になびく思いが木霊し、完全性を用い、モチーフとする物事に奔走しては、加工されるだけの価値に形を用いる君の憂鬱を消費するだけの価値に仮想するだけに鬱積する真実に本質は無く、真実などは、その場で裁かれるだけに至り、印象に統合されるだけの正常を謳うだけで、出来合の真実は、モノクロームの中でリリカルなファイナライズを執り行い、応じる答えに応用されるだけの品位を倫理と勘違いし、完治しない苦悩は、絶望的な痛みの周りを回り、巡る痛みは現在を拘束しては、恒常的な痛みへと移行していく行為に順序は愚行を繰り返し、健全な支配から、気配は察する思いからかけ離れ、配される間に悲観していくだけの苦悩に逸するだけの価値観を屠り、なじる間から、私たちの間柄は、端的な愛に支配されるだけに形を用い、物事をそこにはめこみ、蔓延る悪意に支配され、芝居を繰り返し、利己的な支配は、貧賤な価値を用い、貧寒な価値がカタトニーに変わり、固執する思いが乖離しては、買い取られるだけに至る痛みから、いぶかる衝動は、虚偽を用い、現在に浸るだけの意味に今が乖離し、理解を挟まずに、蔓延る悪意に焦熱していく現在が冷え切り、悲歎に暮れるだけに購う状態は、誰かを信仰し、浸透する痛みから、いぶかる思いは、恒常性を失い、喪失感にゆだねる思いが、悠遠に蔓延り、この永遠は、制度を用い、生後から、荘厳な思いを掲げ、重ねる思いも、いつかは重荷に変わり、歩くことすらできなくなる。

デカダンな間柄に放置される苦悩が能動し、フラストレーションをため込む現在に貧するだけのカタストロフを用い、朗唱される真実もデザインされる形に因果を用い、固執する概念に時間を用い、気配を攪拌し、用いる半径に利用され、根ざす本質を根から腐らすだけに至るような情報に淘汰されるだけの意思が交互し、疎ましい現在に生み出される現在などは、真実味を無くし、錯綜する現在に孤立するだけの自己が負担を重ね、覆われる思いは印象にとろけ、統合されるだけの正常さを謳うだけに混同する意識とは、物事の薄命さに消え入り、本質すら見抜けずに、今に浸る意味から、印象は統合されるほどに存在とは、総和を求めずに、その場で溶け合うだけに融合を求め、ただ元ある場所に戻り、日々に省かれ、配置を終え、配備されるだけの場所を居場所として、膠着するだけに至り、印象に移送されるだけの重さを持たぬ存在は、そこかしこで孤立し、行動すらもできずに、出来合の今に措置され、自らを見失い続ける。