時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

逍遥する主観

到達し、リンクする面影が理由を携えなびく今にはびこる愛から交わり、加速する思いが、可能世界を引き裂き、論理を打ち出し、転換される意味を苛み、加工される品位を跳躍し、あらゆる問題から秀でる存在が、物々しくて、仰々しい由縁を切り離し、自由に飛び交い、何事にも邪魔されずに、自らの欺瞞から超越する。胸の奥で収斂される気持ちが孤独をかき消し、傲慢な世界を舗装しては、判明する理由をすなどるだけの過程を枯渇させるだけの認識を終え、横溢する瞬間に途絶えぬ余韻が反響し、蔓延る悪意から超脱し、ただ悠然と孤立するだけに衰退しない精神は、ないがしろにした今から加速し、瞬間を途絶えぬように選りすぐるだけに鋭利な思いは空間を引き裂き、ただ入れ込むだけの雰囲気に垂れ籠める暗鬱が、孤独を抱え込み、こみ上げるイメージが意味合いを超越する以前に全容に長ける思いは、行為そのものに圧迫され、抑止される幻影に捕らえられ、淘汰されるだけに至る意味から痛みは加速し、加工される全体の照影が、エレジーを拡散し、攪拌される無神経な世界は、自らの寂寞によぎる思いが伝い、配される間に確かな愛をこぼし、朦朧とする限りに光年を携え、用いられる間隔に迫る関係が歯止めも無く、言葉を喪失し、相似していく関係に軽薄な理論を打ち出し、打算される意味合いから、意思は疎外し、壮大な意志を用いずに、思慮深く愛した関係が継続する不確かな愛から、間柄は葬られ、報じられる合間に昏倒し、根幹を失う。

紅葉する葉は、そこに永遠性を携え、昇華する。風景とは、凄惨な様をかかずらえ、一斉に昇華する。勤しむ意味を今に残し、厭わずに一斉に昇華する。ただ、死を包括する後が迫り、導かれるままに消え去る。愛するが故に戸惑いこじれる合間に燃え上がる情念が、果てない思いを木霊させ、いつか君に届く事を願う。屈折した思いがが聞こえるか?呼吸も忘れるほどの静寂にからまる不安が。動いているだけでは、何も進まず、止まる事も覚え、その場の恐怖と対峙しなければ。私が作り出す恐怖だけが、唯一の敵であり、そこに救いや同情を用いるほどに、自らとは、弱く脆く屈折していく。愛とは何かとは、君が教えてくれた。

愛は妨げるものを持たずに迫る理由を押し付ける限りに利用価値を用い、誰かを占有する。有する領土に落とし込む物事が、昏倒を誘い、乗じる間に塞ぎ込みながら、こみ上げる思いが収奪され、確かな愛は隔離され、些細な出来事を旋回し、言い訳がましく中空をめぐる。愛とは、価値を用い、誰かを攻め入り、理由を用い、理念を弄り、自由を奪う。ただ果たされる間に籠城する愛は、画期的な理由を忘れ、煩わしい今に虐げられずに、交換される愛は不当な思いをそぎ落とし、返事を打ちながら、内宇宙へと旅立つ自己は、多幸感を用い、要する言葉に配される間に距離を用いずに、形式を破壊し、破綻する世界に生じる永遠性を引き出し、ただ用いられるルールを引き離し、誇示する愛にいぶかるだけの言動が虚偽を用い、隔絶し、虚空に至る崇高で高次な精神に継続される軽薄な言葉がセンチメンタリズムを誘いながら、淫蕩な世界に固執するだけの広義の意味に解する間に誤解と弊害を生むだけに答えは愚鈍な作戦を練り上げ、軽薄な世界に継続されるだけの道理に反してこそ、正解とは、世界に回答を用いずに、ただ回顧するだけに顛末は狂い、用いる物語は、何もかもが足りずに対比されるだけに退嬰的なものを用い、問答を繰り出し、訓戒を垂れるだけの屍として場面上でゾンビ化していく思いは、公平性を用いるほどに、閉鎖的になっていく思いを担う今から加工されるだけの貧寒さによぎる思いも、横暴な支配に露見する嘘から透徹していく場面に行き過ぎては、陰鬱な衝動に承継される厳格なときに迫る整合から、統合へと移行していく支配的な構図に情事は妨げられるだけに様々な思惑を携え、訪ねる思いは、競合するだけに退廃していく精神に契約を用い、求められるだけに打算されるプロセスは、浪費されるだけの身体を互い違いに浪費し、介与するほどに、つたない思いを用い、求めるだけの愛に離床し続け、虐げられる事に置かれる現状に横暴な支配が浸透し、透過せずに、通過するほどに物事の魯鈍さに従事し、身動きもとれずに、元を取ろうと必死にもがくほどに拘束され、自ら嵌まった罠にかかり、まざまざと見せつけられる思いは、横暴なものに籠城し、物事に固執し、行動をおろそかにし、厳かな空間に行き渡る思いが意味も分からずに、今に和解し、物事を歪曲し、屈折した思いは、応じる答えを用い、交換される答えに現時点は、理想を失い、継続される思いは、リリカルな衝動を携え、訪ねる思いは、運命からも疎外される。