時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

超越する思い

休むことも鍛錬である。憎しみをすり減らし、さらなる飛躍を目指し、自らを休めることに、跳躍力は高まる。その場にとどまり、何度も掘り返し、深まる今に意味を落とし込み、織り込まれる意味に置いていかれないように、今に定住し、意味に反発していく。自己への抵抗は、今に余力を残し、意味を反復し、自分自身から超越していくのが、飛躍的英雄化である。考えに基づくルサンチマンを英雄化し、神格化しては、己と対峙し、あらゆる原理から超越していく。あたかも人間の姿形をした化け物どもが跋扈する。弔うべきは、儚く散った者たちの悲しみにあらず、乗り越えようとする意志だけが、確かなイメージを運び、その化け物どもと対峙すらせずに、自らが否定的に捉えることから跳躍する。諦めて死ぬか?諦めずに死ぬか?精神的な薄弱さが迫り、物事に極まる理由が、貪婪さを引き出す。運命からの超脱を繰り返す。乗り越える後から迫る言葉が狡猾に迫る。鈍磨な風を浴び、機械的な論理に責め立てられては、抵抗力を携え、延々と演じるだけに裂ける原理から、利己的な支配を折り返し、星の記憶をむさぼりながら、艶麗な時を引きずり、意地の悪い輩が支配するだけの社会などに生活感を落とし込むから、乾いた感情が思考停止に陥らせ、鮮明な過去から、枯渇する意志にさえずる意味から、陰鬱な衝動を携え、退行する意識は思春期を巻き込み、永遠性を昇らせる昇華から、渇する思いは、飢渇し続け、永劫に染み渡る乾きから、淵源に悲観的なものが迫り、生態系を狂わせるだけに体制的にこびへつらうだけに行為に基づく恐怖に疎外される精神性から、清潔感を損ない、投じられる言葉に牛耳られ、提唱される義務感に攻め入られ、陰湿な支配を受け取り、運命的なものに枯渇しては、快活な動機を損ない続けるだけに痛む意味に潜む永遠回帰から、緩衝する今に分離しては、延命を続けるだけに透過されるイメージが解析を繰り返し、浪費される精神に整合される思いがインモラルなものを持ち込み、有効とされる事柄などは、誰かの思い通りなるように権力に偏り、懈怠する心情はジェラシーをため込み、短絡的な道理に陰湿な支配を反復させ、権力がうながす物事から、濫觴していく思いから繁殖していく今に至るまでの軌跡にこそに価値は産まれる。

運命が吐血を繰り返す。輪唱する神話から、乖離した理解が理性を損ない、秩序を保とうともくろむだけに用いられる原因に固執し、交互する意識が侵蝕しては、心象を損ない、固執し続けるだけに毒素を用い、陰謀を巡らすだけに、毎日に属望されるだけの価値に規律を用い、煩悩をため込み、たじろぐ今に傲岸不遜な理由を注ぎ込み、喪失感をうながしては、堆積する苦痛が崩れ落ちるまで傍観者として、自己から乖離し、理解を含まず、複製される真理と復元されるだけの悲観から抜け出し、恬淡な自己から、理性をひるがえし、自らを覆す辺りから、曖昧な支配から放たれ、自由気ままに至り、対象を引接し続ける限りに通り抜ける意味から食い尽くされるだけの空虚な精神に形骸化しては、閑散とした主体に帰り着く理由から理想を用いずに、ただ達するまでに超克する先に導かれるままに続ける先に現れる自分だけが、正解を引き出す先に埋もれる意識から勇躍すべく、すべてに算段される意味から抜け出し、脱する間に求められる今から避難し、貧寒な支配が経路を塞ぎ、ただ短絡的な支配が芝居を重ね、意思を拘泥し、恍惚を謳う頃には、ことごとくの理念はねじ曲がり、よじれる間に衰退していく人間的なものに関わり続ける。

貧賤さを引き出すだけの価値観がすなどる理由をうながす退嬰的で日和見主義的な輩がうながす動機をひるがえし、ただ憤る思いをひるがえし、自らが選ぶことだけが、言い分けがましい輩を打ち倒す言葉とこころを持つ。等しく結ばれる永遠が、退屈なアナロジーを超越し、ただ大差無い間に黙々と突き進むことにより、横溢する豊かな精神を用い、求めるだけに軽薄なものを伝えるだけの快活さの欠片も無い、形ばかりの懈怠から、対価を求めるだけの値に住まいを移すだけの改革などを謳う暴力的で愚鈍な輩の支配から抜け出し、気配をかき消し、隠遁し、まさぐる孤独から、空想と偶像を昇華させ、退屈を創造に変えることから悔恨から抜け出し、思いを開墾し、芽生えるまでじっと耐えるような者が、人間を飛び越え、名称から抜け出し、傀儡と化するだけに関する理由も無く、獲物として漠然とさまよう限りに謳われることを鵜呑みにし、昏倒していくだけに人間的なものに囲われ、交互する意識は、失われた遺跡で意志が聖地を偽装し、求め合うほどにほつれる意図が、陰湿な関わりを求め、投影される悪意が、混血していくものを否定し、貧寒な理想が血族的な主義から、テキストが偏り、その場でカタトニーに陥るだけに横暴な支配の硬度は高まり、互いを恨むだけに是非を生み出し、帰任する思いが機械的に軋む原理から、理想は驕傲なものを生み出し、運動的に互いを屠るだけに軋む関連性から連動する支配の影から、価値観を流動させるだけの起算から、確執を生み出し、敢行する意志に反する者を捕らえ、欲望むき出しのままにはみ出すものを拷問し続けるだけの調教から、高揚感を損ない、ただ人間的で哀れなものに選択権を奪われ、自らの欠如に未熟なままの精神が倦怠感を抱え、重ねる思いが幾重にもからまり、身動きをとれなくする。