時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

高揚

忙しい街中での静謐さに触れる。言葉がひだまりや、信号で一時停止し、静寂が木陰で、おいでおいで、と呼んでいる。風で飛ばされた意識が帰り道を失い、さまよう限りに酔いしれる幻影と遊ぶ冬も色あせ、比喩に暮れる今から万世にかたまり、破壊的な無知さを仰ぐ。群像にとろける悲しみが、憐憫を歌う。下からの圧力や、同調に反することではなく、上からの圧力と専横にこそ、反発する。真新しい理論に賛同し、基づく意味を、反復していき、指定された義務から解き放たれる、と新たな理論を、自ずと築き上げていく。すべてを遠ざけるか?あるいは、すべてを受け入れ、そのすべてと昇華するか?来すイメージだけが、自己を強固なものにする。読んでわかったようになり、あたかも自ら考えているかのように思い込むだけに偏りは生まれ、あらゆる退廃を生む。理解とは、自ら促し、この身に血を注ぐことにある。相続する行方に来す意味から先鋭化していく。誰よりも早く走り、誰よりも深く突き刺し、根ざされた概念を引き抜く傷口むしばむ、たわわな季節は不満げなままで要する間に交互する愛も、誓えば誓うほどに、嘘っぽく思え、思えば思うほどに、倒錯していく愛などに愛など無く、思えば、本質などは、その場で狂いだし、空疎な理由を安易なものに引き出し、問題に倒錯するだけの答えを踏破できずに、滅ぼす間に関係性は形容されるものに閉じこもり、投影される出来事に去りゆき、最たる意味を損ない、最愛の者すら失うだけに至るのが、愛たる由縁であり、愛の結末である喪失から、相互していく愛は高揚感を携え、自らの力でだけ、昇華するに至る。

帝国主義的な主観でうごめく街並みが精悍な意味などを配置換えしては、様々な思惑を今に蔓延らせ、落胆する夜風を浴びる高いだけのビル群が、群像を母体のように包み込むような優しさも、些細な言動に消費されるだけの価値観に囚われ、対比するだけの叙情に心情が押し込まれ、さえずる記憶は、誰かの記憶を借りるだけに至り、いたわることは愚かであると宣言するだけに些細な出来事は、要する形に閉じこもり、公平性を謳うだけに受理する記憶も、教条に席巻されるだけに悪意は滅ばず、ただ謳われる悪意から同調を誘い、神経質な正義が陣形を整え、投影される出来事に放出される言動から、隔離される記号から安易なプロセスへと抵抗を加え、演じるだけに模倣する消費者的観念から、完全性を惰性なものに変換させるだけに変化していくプロセスから、堕落へと移行していき混濁する意識は、薄命な時によじれ、要する間によどみ、通り抜ける間に理屈を重ね、統合されるだけに同一化していくシステムへと爆砕していく始まりの精神は、軽蔑を重ねる自己を標記するだけに認識する退嬰的な自己から孤立していく存在へと損なうだけの限りある戸惑いから、乱立する自分との対立から、証拠も無く漠然とした位置に意味を屠るだけの代理母が抱える悲しみを擁立させる精神的な壁や、襞から安直なものを途絶えさせ、産み出しながら、排出される現行は、行為をファシズムで染め上げ、責め立てるだけに対比する現状にこじれ、交互する意識は、貸与する理念から、観測される思いに感応する理由が症状を悪化させ憎悪へと偏向していく限りに偏る思想を生み出し、退行していく指定されるだけの義務的な関係に陥るだけに裂ける精神は、軽薄な理論を用い、理想を供給するほどに補填される理由は、卑屈なものを抱え、掲げるだけに独裁者へと陥るだけに横溢する精神は、軽薄な理想を用い、快活な理屈を謳うだけに妨げる自由への逃避行を繰り返し、統括されぬように、相互作用的に操作されるだけの完治しない苦悩が謳う原料から、固執していく面影に遊離していく指定されない精神は、用いられる場所から放たれ、蔓延るものから超越し、様々なものから、かけ離れていく限りに陰らぬ思いは、証拠も残さず、濃厚な場面を旋回し、展開し続ける先に用いられる言葉を超越し、要する間に有効な言葉を残し、整序される域から離れ、数学的な狂騒を飛び越え、情熱を歌う詩人たちの慟哭に乗り、動機とは、動因を用い、同情を誘うだけに最たる意味を消耗し、残すものばかりを探りまさぐりながら、再開していく高尚さを喪失した他者を介した存在から、帰巣すべき自身が乖離していくだけに移動していく軽々しい身体から退廃していく思いに昏倒していく困苦する精神は、回帰すべき今に介する間に葬る理由を利息に変え、借用していく観念に支払うだけの義務を与え、猶予を捕食するだけの管理下から、惜しむ精神にあくどい化粧を施す不羈な心象に開示する理由を誇示するだけに改ざんされる事実が行為をすなどり、衰亡していくだけに衰え唾棄される軽薄な理論から衝動的な暴走から、生じる由縁に交互していく意識は垂涎を繰り返し反復させ、奪うために求めるものだけが、獲物を捕食し続ける限りに生まれる枯渇しない欲望だけが味方であるのだ、とうながすキャピタリズムに対立するアナクロニズム精神主義から、衆愚が操作する政治性から、成否をうながすだけに正義すらも循環できない善悪の是非から、是認していく今に対比を繰り返すだけに駆動する輪廻が婉然とはだけては、代用されるだけの蝕まれる身体に貸与していく今に理念は回収され、懐疑的な最後を迎え、最たる意味を今に浪費し、快楽を恨むほどにルサンチマンは暴走し、用いる快楽に反するほどに、欲望のコイルは回り、欲望に新たなフォースを供給し、終わらぬ快楽へと急ぐだけに快楽の下部として、傀儡として数々のジレンマを引き出すだけに終わらぬ快楽におざなりになり、なおさら快楽の下部として隷従するだけに充足される快楽の元へと帰還することを、自分の居場所なのだ、と脳は認識するだけの依存性が制度に変わり、規律に変わり、倫理を謳い、悪を助長し、自らの意思で滅んでいく。