時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

紡ぐ意志

暗がりに腰掛ける安逸をむさぼる精神が軽薄な論理を打ち出し、現在から逸脱し、損ない続けるだけに被写体に苦悩を投げかけ、要する形に密度を用い、擁護されるだけの身体に思想を打ち込んでいる。浪費される心ない日々から、配される間に浪費するだけに乖離する貨車に乗り、肥大化する苦悩に逡巡しては、凍てつく身体を持ち上げ、愛された日々に固陋していくだけに短命な羽虫たちの論理がなびき、逍遙する身体に有する過程も導かれる由縁に孤独を重ね、浪々となびき、うながされるだけの心情に兌換される価値観に査定されるだけに明け暮れる思いに浸透する意味も、孤立するだけの永遠性に引き延ばされる日々から、悲観するだけの今にさかのぼるだけの理想をサイクルとして、結末に嬲られ、内面的な苦行を引き継ぎ、現れる今に連綿たる思いが次々と拍車をかけて駆け上って行く恋情から、すかさず愛は悲哀を用い、モチーフされる義務にきらめく機械的な心情がメロウでセンチメンタルな気分を街路にまき散らし、イルミネーションなどを混ざり、譫妄を重ね、能動していく方々へと暴走していく真理は、帰巣本能を捨て去り、ただ最たる意味を消費し、昇華させる意味合いから、均等な位置などは、意味を用いるだけに損ない続けるだけに至る衝撃から、攪拌される意味合いから廃絶される思いへと加工され、愚かにおどける真理は、仮想されるだけの物事を破棄し、唾棄し続けるシステム上ですすける思いが、得たものを乖離させ、懐疑的に染め上げるだけに安易な答えを用い、この思いを対比させるだけの数字へと移行させ、システムの中で愚鈍な動機を施すだけの広義さを用いずにドグマだけが乱立し、乱用される正解から依存性を用いる答えへと移送され、交換される無神経な答えから、軽薄なものへと代わる代わる変化し、変容していく思いが枯渇していく君に甘い言葉で同期を持ちかけ、接続される苦悩を送り込まれ、新たな病を用い、精神的な隔離から、乖離していく様態に応じる感応から、肯定的な由縁に瀰漫し、不満足を濾過し、枯渇する精神は、契約されるだけのドグマへと変貌し、籠城していく精神は、みすぼらしい今にいぶかるだけの神を設立させ、整容される日々は、整然としているようで、要する形に用いられる価値により、形はいろんなものに変化し、物事の中で偏執するだけに至るらしい、と虐げる間に精神的なものの何かは、萎靡沈滞し、成し遂げる手前に抵抗力を与えずに、固執するだけに利用される価値だけに置かれる自らを他者として扱い、傍観するだけの離人的な傾向から、博愛を用い、犠牲心を有し、なだらかな愛に隔離されていくだけに締結していく思念のジレンマへと滑り落ちるだけの敬神から関与していく思いは虐げられ、浸透していく意味が薄命なものを隔離し、悶絶する意識が捉えるべき確かさに境目を与え、ただ差別化していくだけに頓挫していくだけの精神性や、数多の個人的な世界などに屠られるだけのコアや、身体に利用されるだけに至る精神などに帰り着く家など存在しない。

寂寞の離れで描く野ざらしの青春から、形容されていくだけの軽薄さだけが、まどろっこしく今にからみつく。物事の恒常性が、純然たる世界を奪い、健全たる理由を損ない、最たる意味に利用されるだけに理想は損なわれ、さえずる記憶は、加算されるだけの数理に利得をうながすだけの卑賤な価値から、カタストロフを用い、強要される軽薄さに拍動していく幼稚な精神は、システムの中で形骸化していき、幼児退行しては、禁忌を用い、抑止を与え、精神に制限を持たせ、用いる言動に拡散されるだけの乖離していく理由から、整合されるだけの精神などに正常さを謳い、異常を作り出すだけの常用される薬理作用から、カタトニーに陥り、躍動しない精神がないがしろにする理由がリゾームに変わり、憎悪を俯瞰に捧げるだけに些細な理由は、領土を奪うためだけにためらわずに君を占領し、奪い合う思念にジレンマの褥をかぶせ、快活な動機を損なうだけの闇をその場に与え、貸与していく感情が俯瞰や空間に暗闇を与え、愚鈍に陥る精神に問いただすべき症状も、現存する理由に作り上げられるだけに斡旋されるだけの精神は、形容されるもののなかで名前を与えられ、当てつけに痛めつけられる虐待される身体に過去を持たせ、用いる理由に兼用される行為にまき散らされる意味に些細な芸術性を制度の中で加工するだけに権力へと牽引され、権威を持たされ勘違いする苦悩から罵倒を繰り返す領域に惨憺たる領域を織り成し、延々と長ける苦悩から、能動していく思いが横溢し、応用されるだけの些細な言動から現存していく思いを持ち上げ、創造だけで昇華させることに置かれる精神は、形状を持たず、液状化する精神が染みいる形に過去を持たせずに、用いる言動から超越し、囲われる形から放たれ、関与する間にも用いられる理由を解き放ち、排斥されたものが用いるモラルと逆心から放たれる背徳などに参加せずに、関する愛に領土を用いずに、ただ俯瞰に羽化する感情の奴隷として精神性を謳うだけの浪費されるだけの観念に関係性などを謳わずに、揺動されるだけの身体にちぐはぐな思いを跛行させるだけに逡巡するだけの思いなどに愚鈍な征服を継がせない。