時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

収まらぬ意思

管理下に置かれる軽々しい身体が虐げられ、勇躍すべき今から抜け出せずに、過去に拘泥する。犯された罪は、浪費家たちの餌として、終焉へと運ばれ、熱情すべき意思は、倦怠感を抱え、かかずらうだけに結ばれる由縁が永遠を伝え、交換される意志が愛を用い、悠然と促す愛から炸裂する由縁が基礎を結び、分断される精神が帰巣すべき時代を用い、革命へとすなどり、用いられる理由に支配されるだけのレジスタンスは、レイシズムを抱え、いずれファシズムへと移行し、従う境域に狂気を生み出し、贋物や機械として執りおこなう義務へと自らを折檻する。あるいは、石棺すべきロストテクノロジーや、浪費していく意味からエクソダスしていっては、些細な出来事に打ち出されるデータをかき消す。欲しがる意味も無く、寂しい夜をむさぼる。不安を運搬する孤独が永遠にくたびれ、ひれ伏すだけに情念は、深い夜に折り畳まれ、たちまちに意味を残さず、浅薄な道理に隔離され、偏る思想によじれる軋轢が、空疎な理由を二分化し、あるいは対立すり意志を孕ませ、浅はかな革命へと移行し、帰巣すべき愛を持たず、たまゆらに起動される機械的な転換を終えるジェラシーに陳列する動機などが、懸隔を用い、距離を有するほどに、置かれる現在に乖離していく思念は、精神などを崇め、曖昧な支配は現行に淀み、根底から可決していく意味から違和感を有し、悠然と拍動し、道理が観点を奪い、漠然と促す過程から、来る死に反し、関与する果てに求める抵抗から、異物感を抱え、重ねる理由から離反し、汎用する動機などが、ちぐはぐになりながら、塗り替えられる今が着替えを続け、伝わる思いが懸隔を埋めるために用いる同情などから離別し、懸隔を埋めようと生きるとは何か?と原点回帰に賑やかになる心身を健全に促す愛から雰囲気は熱情を重ね、放たれる愛が傲慢を乗り越え、答えも持たぬままに交わる果てに高揚し、やがてひとつの愛に収斂せずに、連動する意志がひとつの真理すら乗り越え、苦しみすら値に変えるだけの紛争を今に与えるだけに満たず、価値観を促すだけに堕落した由縁が形骸化し、独占される痛みに交わり、労わることすら、叶わぬこの身体に、答えなど必要なのか?と問い質す君の刹那に接続すべき激情に関し、我々は、主体性から離れ、個人を分解し、自治体や、地鎮や、感染などが、短絡的な統治に迫り、贋物の神や、形だけの国家から離れ、逃避し、通り道を持たず、投棄され、生産されるだけの堕落から離れ、フラクタルな関係から還元される跳躍や、大胆不敵に描く真実を粉砕する。擦り寄る意味もへしゃげ、閉鎖的な情念が、精神的な軽蔑を続け、拙い思いは生きたままの生の身体を断罪し、閉居していく観念を押し上げ、抑止する理由を犯罪的に乗り越え、聖地を偽装し、帰り着くべき快楽を謳う原理から逃れ、還元される差異に抗い、遊星し続ける精神をひとつの星として、あるいは、すべてに相似する物質として静寂に集められるサインから、インタラクティブにうごめく晴天のメカニズムを探り、弄り交わる欺瞞から今が瀰漫し、不満足を促すルサンチマンの無限性を遮断すべく、抑圧を放つ原因を打ち砕くような鉄槌が泣き言を粉砕し、薙ぎはらう今が捉える意味を書き留め、先行き不安であろうが、自ら意思決定し、捉える今を学問で染め上げ、この哲学が、創造的に生み出され続ける概念がケロイド化し、傷を敷衍させ、延々と痛むようなものを与えられれば、何かは変わろうともがき、強請られる意味が躍動し、人類の憐れみなどは、今に抱えるだけに唾棄される憐れみに満たず、余韻に用いる環境から、閉鎖的に眩ます動機が、いくら儲かるか?はたまた逆らえば、二度と立ち上がれぬように粉砕されるのか?と拘束される意思を解き放つべく、決定権とは、自らの意思だけに備わり、誰かに左右されず、誰にも指図されずに世界を乗り越え、こだわる隙間に意味すら与えず、弛む現在に生じる由縁から超脱し、惰性に捉える今などは、ただ不必要な世界に暗澹を与え、安らぐな、と促す限りに陰る生命は、形あるものにチェックメイトや、チェックアウトや、同一化などを促しながら、即座に拘束され、頓挫させるために拷問を繰り返し、空疎な理由を即座に旋回させ、先天的なものを謳うだけに堕落する人間という名称に留まる合理的さも無く、ただ傲慢な存在からかけ離れ、はびこる悪意を促すバビロンから放たれ、論理がゆらぎ、誘導するきらめきや、宇宙線が突き刺さり、緩慢な間に勇壮に至る純粋な精神が軽薄な動機を超越し、統合を目指す世界から抜け出て、溺愛する間から関与する合間に達する愛だけを乗りこなし、飛躍し続け、システムから飛び跳ね、逆心を携え、無神経さを促す位置から離れ、快癒し続ける思いが回路を永劫回帰し、関係性が、同じ意味を旋回し続け、拙い空間にキープされる圧迫感から、苦しみや不安が敷衍する前にフィットする君と、緻密な永遠性だけが、偏る思想を片付け、あらゆる情理の寝苦しい夜を即座に昇華させ、多幸感を与える。