時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

永遠との邂逅

静かな夜は、恋人たちのためにあるのでは無く、考えを、最も深い場所で孤独を捻出し、あらゆる原理を超越しては、応用される理由を超克し、自らの永遠性を生み出す。私は、何よりも純粋で美しい正義が好きだ、などと促すような支配的な観念が、大嫌い、だ。あらゆる原理が今に持ち込まれ、支配的に観念をすなどり、あらゆる論理をすなどり、正しさを媒介させるような官僚化から、簡略化した権威が促す権力に牽引される資本家も奴隷も嫌い、だ。あらゆる差別を生み出す原因に至る痛みから世界は終わる。相手を思うことが恋であり、相手に思われるのが、愛である、と対比する意味から今が簡略化し、加算される理由に価値を押し付け、意味に集約され、意味自体を失う。狡猾な夜を捉え、永遠を調理する。システムが互換する正義などを模倣する動機から、艶麗な月日を重ね、強請る月日に一過性の史実が記録を携え、帰路を与え、たゆたう意識が絵画のようにリンクする意識から、心象は深淵にまたたき、加増する思いがドキドキうなり、なぞる思いが、窮境に浸透し、あらゆる原理を超越し、厭世観を謳う道理を飛び越え、高揚する思いがちぐはぐになりながら、撫で上げ刷り込む意味からパンデミックする理由が粒子に変わり、原子を鼻腔に運び入れ、脳内を徘徊し、受理する思いがすれ違い、沈積する思いが快活な道理を運び、間接的に結ばれる。意識の付箋を抜き取り、寝返る思いが恒久的な眠りに移行する。深く沈む思いを自覚する前に跳躍する。飛び交う意識は、やがて爛れ、たちまちに憐憫の手荷物すら持たせずに、刹那に消える。洗い物を終えた意識が整然として、捕まる間に密度は、獣たちの涙に溺れ、隷属する風景に弊害を生み出し、加算される原理に価値が進行し、信仰を用い、幸福を操作し、語弊を生み出し、互換される間隔は、価値に収まるだけの空間を価値と呼び、思いの下地を塗りたくり、情熱を操作し、算段を繰り返すだけにシンフォニーは狂わされ、些細な原理に浅薄な意志を突きつけ、つたない思いを再利用するだけに垂涎する貪婪な意識に関与する善意などが牽引する行いも、独善的なものに変わり、ただスキゾフレニアに変わっては関わる全容に統括されるだけの物事に集約する偏るだけの力が権威を生み出し、権力を謳い、誰かを妨げ、監獄へと収監し、ゲートウェイを閉鎖し、寛容な世界に入り浸る安易なデータから奔走する意識は、革命的な道理を求め、動機を暴力で染めるだけに滅亡的な観念は、関係性に制度を用い、制約を謳い、現存に過干渉していくだけに真相は孤独を巻き込み、朦朧と意識を破壊するだけに至る要因から、渇望していく意識は悲鳴を上げ、安易な同意を求め、陥落していく意識をすなどり、引き合いに出される思いが打算する原因から淫蕩な意識が薄命な現在を邪推し、怖じ気付くだけにいびつな思いを横溢させる。


浪費していく瞬間がうつむき、こじれる間に憂鬱を巻き込む。堅持する意味が誇示するだけの安易な原因を引き出し、今に凍結していくだけの思いが凝固し、恒久的にそこにとどまる永遠から、凍土へと落ち行く思いがひれ伏すだけの現状に現況は故実などにとどまり、なぞる思いに卑俗な出来事の覇道を歩き、暗鬱な衝動が行き来し、陰鬱な心象を放棄し、横溢するだけに唾棄する思いがダクトを通り、敗因を携え、痕跡も残さずに、懇意を謳うだけに動機は敗北感を携え、さえずる思いが回帰しては、散々な動機を超越していく。


永遠との邂逅を結ぶ。無数の意識は帰り着く思いに帰着するまでの距離をくちゃくちゃかみ続け、けたたましくうなる思いが距離感を携え、截然たる様相が迫り、様子に沈積する思いが強要する動機を張り巡らせ、せせらぎ弛む意識が緩やかに四季を超克し、婉然ととろけ、熱情する果てに歯がゆくちりばめる思いが治外法権に至り、心情を浪費していく限りに陰る思いが統合されるだけの異常を謳うだけに撞着する意識が捻転し、反復する理由を複数の意識にからみつかせ、整然としていく意識が連綿と続く。


物事の中核を引き出し、愛するだけに唾棄する思いだけが証拠を残す。人間的な野蛮さがチクチク迫る。痛みが意味に浸透し、ふしだらな思いを今に積み上げる。もたげる罪は、権力に牽引され、理由をすなどり、瞬間的に対立し、あらがう合間から、愛は干からびて行き、行き先も不潔で、不安定だからこそ、姑息な世界を超克し、あらゆるルサンチマンを昇華させる。寂寞に迫る思いが超越しては、洗浄される思いが沸騰し、腐乱した感情が敷衍し、急上昇していく思いが頂上を目指し、ゆだねる意味が不安感をかき消す。吐息なびき傷ついた思いを厚くつなげる。誰を探して、何を思うのか?すら分からずに、猥雑な果てに集約され、引き出される思いが恍惚を携え、最たる動機がドギマギする。愛された軌跡だけが記憶にすがる思いが懺悔し、同情するだけに裏切るから、勝手に羽ばたく。