時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

お天道様も眠る

分裂していく意識が思考を飲み込み、形成される思いを分断しては、さえずる記憶にビートをさずける。懈怠する思いも瞬時に過ぎ去り、最たる意味を浪費し、解脱する主観から思考に論理を与え、展開される論理が偏る思想を生み出し、気だるい雰囲気が異物感をたずさえ、さえぎられる思いから離反し、背反していく思いを押し上げる途端に整合を求め、規律正しく思いを敷き詰める間にも、ビートが泣き叫び、形あるものの終わりが迫り、鼓舞する意識が帰路を結び、遥か無知な由縁に印象を与える。憂鬱なシグナルをチカチカうながす信号が悲しげに誰もいない夜道を照らす。無知な刺激を受け取り、情報に左右され、カタルシスをうながそうと、即座に巻き込む意識に照応する原理がハーモニーを与え、対比される身体が唾棄する由縁に超出していく観念が軽薄な要因や、余韻から突き離していく。孤独を引きずる影に点在する意識が季節感に孤立していく。感動を抱えた身体がシリアスな現状に逃避していき、淘汰される前に記号や帰路を与え、たゆまずにうながす強い思いが、信念や意志を生み、思いは、意味を超越し、跳躍する思いが昇華を目指し、あらゆる思いを超越し続けていき、伝わる思いは、感覚を携え、あらゆる創造を産み出していく。行き違う思いがエクソダスに、急いで聖域を出迎える。猥雑な果てに勇躍し、起源を乗り越え、恋を与える。与えられた恋が連体感を結び、離れぬ愛になり、担う意味が君に伝わり、猥雑な思いが超克され、深まる意味を刻む今から、君は放たれ、自由よりも、自由に至る以前から飛び放たれ、背理や背徳を歌い、寂れた記憶を消去する。


幸せに寝ることが、幸福と言え、煩わしいことが消え去り、去りゆく思いも、すくすくと奥底で育ち、新たな理由を今に見出し、前衛的な昼を目指し、明けない夜を踏破し、さらなる深みへと退く思いの永遠性から抜け出し、孤立し、自立する神経に疎外されても尚、至る意味を通過し、深淵を覗き込み、自らの意思と対峙する。裏切り廃れ、疲れ果てた裏通りを濾過する意志が逡巡する夜も一縷の希望をつむぎ、無関心な街並みに緩衝する動機から先天的な可能性を受け入れ、形容される動機を超越し、鮮明な過去を凍結させ、過去に回避するだけの思いを透過させるべく、めくるめく思いにくるまる以前に空洞化していく意識から判明していく定期的な思いに契りを交わすよりも、すすり泣く夜を優しく抱きしめるようなメルヘンを抱え、過失にうごめく収斂していく思いを押し上げ、購うだけに抗う意識に拘泥していくだけの苦悩に境目を用い、惨憺たる動機を用い、領域に要する答えにもつれ、もたれる思いをもたげては、かかずらう意識に感染していく痛みが悲鳴を上げ、屈折していく思いがあきらめを謳い、多種多様な規律が権力を用い、君を捕まえ、身動きもとれなくするだけに統制を目指すだけの国家的なプロパガンダが関係性に膠着するだけの理想を組み込み、協調性などを謳い、制度でごまかし、今に至る痛みに空虚さを生み出し、反映していく思いに指定されるだけの罪を背負い、凄然とした理由を用い、モチーフに縁取られ、要する間に可決される動機も、用いられる嘘に占領され、利用されるだけに価値を見失い、みすみす取り逃がす思いが淘汰され、問いただす間に察する記憶も、臆するだけに有する価値を兌換するだけの商法をまとい、位置づけるだけに意味すら見失う。

狼狽される思いが過去を強要させ、済世を目指す観念が権威を用い、動機を占領するだけに有する価値はカタストロフを用い、巻き込む思いは曖昧なままにマインドを奪われ、洗脳されるだけの家畜として指定される義務を執り行い続けることに気がつくことから戦士として今に活路を見出し、見積もる間に見つける答えも、ことあるごとに裏切られるだけに強要され、高揚せずに、協調性を求めるだけに用いられる理由が専有を求め、暴走する。暴走した装置は、暴力的な措置をとり、徒労する意識に散漫な者を超脱させずに、今に取り込み、利用するだけの価値の家畜として指定される今に意味を支払うだけに終える。