時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

光年

光年から離れ、飛び立つ意識は、宇宙との調和を目指し、溌剌とした思いが主体性をつなぎ合わせ、傷口を塞ぎ、世界性に制度や規律を与えず、感動だけで訪問する意志が冷酷な時を超越し、悠然と出迎える思いが生涯を形成し、やがてロマンをたずさえ、短絡的な由縁を削ぎ落とし、忠誠を誓うだけに緩慢に飲み込む理由からエクソダスし、団欒する意識が家族を抱え込み、核家族化していく意識に落雷を与え、お告げを唱える今から狂奔し、販路を広げ、関する由縁からたゆたい、理想から統括され、空白に埋め込まれる共感を超然と引き取り、あらゆる原理を運命に引き込み、予言を続け、軽薄な世界を引き継ぎ、あらゆる倫理を清貧に結び、傷つく思いが、つくづくに続き、自らの内外に放たれる言葉がことごとくから放たれ、相対する思いが終焉に巻き込まれ、漫然とした思いを編み込み、興じることから判断を失い、欠けた思いに入れ込む是非から調和する意思は、物事の正しさから離れ、注釈を加える以前に溌剌と飛び立ち、放たれた意識は、永遠の孤独や、涅槃に沈み込み、静かなのは、この筋書きや情緒から離れ、霞む思いが因果を超越し、越権を謳い、ふんぞり返る者が憤懣を謳い、権力を使い、誰かを貧寒へと移行させ、せせらぎゆらぐ意思が悠長にただよい、ゆだねる意識が着替えを続け、何かを犠牲にだとか、犠牲心を謳い、正しさへと持ちかける意思表示や、意思決定などに正しさは無く、正しさを用い、何かを奪い、権利を主張するほどに、利権を用い、認識する己の汚さに期待感を孕ませ、さらなる意味は、今に廃れ疲れ切り、汚い意味を孕ませ、超克する間に擦り寄り、諦観を用い、謳われる道理から放たれ、介する間に空虚さを用い、消耗する思いが、諸々の意味を試験的に捉え、堅持する理由を流動し、恒久的な思いが横溢し、宇宙規模にも膨らみ覆う意思は、あらゆる原理を超越し、あらゆる正しさを乗り越え、自らの正しさすら超越する。

神が唯一生んだものは、絶え間ない暴力である。懐柔する意思は、意志を押し上げ、昇華に導くべく、曖昧なものを昇華し、確かな意味を奏でる。解析される思いを交流させ、巻き込まれる思いと共に飛び立つ。羽ばたく意思は屈性し、あらゆる答えを捻じ曲げ、くたびれた影を背負い、従属する果てに陰鬱な心象をかき消し、革命的に幽遠を飛び立ち、吸収すべき愛が氾濫し、配する間に季節を巻き込み、反する意識が競合し、短絡的な疎外感を目印にして、指定される理由が離反し、関与する間から関連し、連動する動機が、ドラマチックにつながり、つたない思いを照合し、神々しく結ばれ、互換される愛が去りゆき、大切な意味を包み込み、こみ上げ交錯する思いを踏破し、徘徊する意思は、季節に封緘され、投函する思いを引き取り読む君の意思だけが、力を用い、牽引する意識が季節を交錯させ、倒錯する意識が衰退し、対比される由縁が起床し、幸福論をたずさえ、捻じ曲げる意識が到達する思いを格納し、退廃する由縁が聳立し、収斂する隙間に恐怖すら無く、内向的に孕む意味がメタファーを重ね、意味に拘泥するだけに堕落する言葉を重ね合わせ、些細な道理が乗り込み、健気な思いをたずさえ、最たる意味を行為に干渉させ、乖離する理由が統合され、佗しい思いがいびつになる。もつれ合う意識が精神性を跳躍させ、健全な動機が衰亡させ、倦怠感をたずさえ、様々な思惑が惑溺し、かかずらう意識が心象をつなげ、しどろもどろになる思いを編み込み、快癒するひとときから、修繕される思いに妨げられず、落胆せずに進むことが、明晰な思いを含ませ、作成される理由が放たれ、新たな意思を用い、あらゆる思いを超越させる。


目障りな過去が恐喝され、雄大な意志が寛容なり意味を捕まえる。蝕む言葉から改ざんされ、幽遠に混ざり込み、混同する意識が先導する形式に導かれ、連想する思いを超越させ、鮮明な時に涼み、密接に結ばれる言葉から回避する思いが競合し、悠然と結ばれ、ゆるやかな日々を過ごし、衰退しないように内面性を育て、人間的なものから逃げ出し、出し抜く間から関与し、介在者が促す罪から退廃し、黒々としている世界に輪唱する神話を飛び交い、概要を打ち砕き、貸与する面影がエモーショナルに飛び交う。


回答を持たず、自覚する前に自我にアンチテーゼを促し、ヘイトスピーチを続ける烏合の衆から集約する隔世の欺瞞や傲慢さが、緩慢に結ばれ、体感する理由に擦り寄り、勇躍する語尾が跳躍し、やがて君を飛び越え、みずみずしい思いを分断させ、静謐な思いが屈強なものになり、代わる代わる剪定する意志が強要する理由が恫喝を続け、結界をはり、判明する意志が明晰な余韻に従属し、十全とした理由を拘束し、散漫な意識を強制させる支配から充満する不満が育て上げるものが透徹しては、様々な意識に高揚しては、怠慢な意思を解き放ち、懐かしむよりも昇華し、重なり合う意思が確かな思いをたずさえる。