時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

強固なもの

記憶にちりばめる一生分の独り言が分裂して、細胞にまで広がり、集める破片や、変化しない日常に意思を授け、鮮明な余韻を携え、永劫に近づき、均等な位置や、意味を見出す以前から迫る面影の一過性や、一途な思いを横暴に支配するだけの儀式的な崇拝から、感応する今に一縷の望みを託し、悔悟をため込む便宜的な日常のアートに介在していく理由が、空疎な意味を蹴散らし、落胆する以前に、らいらくなままで居て、異端的な乖離を執り行い、混同する意識に未明の資質や、ミメーシスや、淫蕩な季節の崩壊が迫り、保守すべき理由や、補充すべき事柄にも、ほとんど尽きるだけの退嬰的なロマンから、回廊を渡る悲劇のヒロインや、麻痺していく苦悩から、可能世界を裏切りで染め上げるだけの精神性の池で経過していくおいてけぼりの浪費家たちのシャンソンが掻き鳴らすドメスティックな落雷を全身で受け止め、酩酊する原野に移送される原始的な理論から、硬直していく過激な思想から、間隔を用い、距離を与える思考回路から離れ、放たれる意識は症状を悪化させるだけの観念から瓦解していくシステムから詩すらも廃れ、煤ける死から干渉していく現時点に至るまでの虚偽との対話から、猥雑な思念を座礁させるだけの世界に軽快な理想などは、懐疑的な思いで取り上げるだけの惰性な性差から、プログラミングされているだけの本能に偏執しては、搬送される理由が放蕩し、ジレンマをため込み、まざまざと見せつける間に極める愛すらも、曖昧なままで利己的な私情を今に打ち付け、疑心暗鬼になり、欺瞞を重ね、捻出される詐欺的な疑念から、加工される品位から、逸脱していく一切に仮装していく意思は、物事の本質を見失い、現時点をさまようだけの欠如から、結実していく悦楽へと運ばれているだけに惰性な快楽の原点をたどり、怠慢を重ね、化合物として権威的な権化がうながす原理的な醜状から悪路は生まれ、歯がゆい今に知性すら無ければ、なけなしの思いを歯止め無く吐き出す今に定位置すら要らず、用いられる場所とは、すなどられるための餌と罠があり、そこで狩られるだけに、価値観を植え付けられる。混淆していく権力は、既得権を守るべく、規制されぬように、天下りしていく関係から、加工される権利を用い、敗残していく意識は悲鳴を上げ、混同していく思いは、今の状態を捨てる恐怖におののき、自らの意志を損ない、関係性に入り浸るだけの結末に奉納される因果な結末から、悔悟をため込み、一切は拍動せずに、今に完結し、加工される状態に化合され、合成される真実は、互いのベクトルで摩耗し合い、消え入るまで本質を濁し、まどろむままに阻める現在にこびるだけに固執する様態は、敢行される意志に反し、関する力に汎称されるだけの名前を乱用し、落胆する意思は、淫靡な結末へと移行していく行為にこそ、正義は存在するかのように仕向ける辺りから、曖昧なマインドは、毎日を血で染め上げ、粗相を重ね、喪失感を抱えたまま、運ばれる強制労働行きの列車へとつながる概念の域を用いることにより、今の苦しみは、前世の苦痛であるなどと現を抜かす辺りから逃避し続ける意思は、意味を見失い、今にただれるだけに折檻され続け、ただ出るだけに出来合の真実を真実として指定される義務により、流動しているかのように仕向けることから、乖離していく自身がプロパガンダに扇動され、専有される今に確証も無く、物語は座礁し続け、つたない思いを乱立させるだけに世知辛いものだ、と世界を世界として指定される義務の傀儡として、そのような言葉を受け取る限りに裏切りは進み、今に至る病は、悲劇を透過させず、貧寒な死へと移送される苦しみを過激に博愛し、自身の主義思想を守るためだけに互いを傷つけることこそが、正しいのだ、と虐げる信仰などを駆除し、神が邪推する以前に、我々が時代を迎合されるだけのことで奉り、今に陰惨な欠乏を生み出すだけに至った経緯に意味合いは、意義を無くし、ただ投下されるミサイルを受け取る空っぽの身体として、打ち込まれる痛みの一切を受け取る役目として、指定される義務に孕む現在に形骸化していくだけの亡骸を地に磔にし、滲む痛みから瀰漫する不満足が快活な動機を失い、統合される原因から緩衝していく愛を持たずに、ため込むダメージが延々と現在を演繹し、数学的な狂騒から感激を植え込む詩的な強奪から、過疎化していくシステムの生業に私情を挟むだけに配備されるルサンチマンから感情は聡明さを失い、統合されることだけを目指し、言葉に理を生み出さずに、打算される心象から理想は供給される痛みを過剰摂取し、うながすエンドルフィンが限界を感じては、介在する意識に組成される現前に対比していく思いも、応用されるだけの答えを汎用し、今に間違いを植え付ける。