時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

十全とした途端

照らす曙光が仰ぐ瞬間に遊離する動機が作成する道理などが、たちまちを奪い、進行する動機が備蓄する要因に誘導されるだけの権利を謳うだけに、堕落する現時点から、攪拌される真偽が犠牲心を奪い、意味を謳うだけに最たる意味は損なわれ、煩わしい思いを重ね、簡単な管理にはめこまれ、自らの意思を阻み、徘徊する意識は、帰り着く意味を失い、今につたない意志を重ね、贋物ばかりを追いかける。捉え方により、物事は流動的に変化し、独占欲をかき乱すだけの、独善的な思考をとだえさせ、えさ箱を貪るだけの人工楽園から抜け出し、あらゆる権化や、論理を阻害し、最たる意味にモラルすらいらず、つたない思いを編み込み、物事の強度は増し、瞬く間に永遠性を有用なものとして捉えるあたりから、曖昧で、緩慢なものを淘汰し、やさぐれた真実をすなどり、対比される身体が浪費する主体を回転され、流転する日々がビジネスライクな言葉を封緘し、抗う意識に送る手紙で、意識は風化せずに、交わる先にやがて溌剌とした未来が邪な思いを疎外させ、ささくれ歌う傷跡がたちまちを奪い去り、最たる意味を交換させ、かばい合う意味から、今は俯瞰を奪うだけに、感覚をまさぐる間から、乾いた関係性や、関連するほどにうやむやになり、塗り替えられる日々は、汚い事実を形而上的に氾濫させ、躍動させる動機がうねり沐浴する精神が静寂に身を寄せ、辛抱し続ける間の孤独すら飛び越え、すらすら書き換える意味に幼稚さすら無く、すぐさま乗り越えるあたりから、拘泥する意思すら捨て去ることに、主体や自我の重さすらなくなり、悠然と迎え入れ、向こう岸に見える意味に抵抗し、今と抱き合い、互いの愛に緩衝し、溶け合うよりも濃密な今に蕩け、解け、呼吸も忘れ、死すらも乗り越える先に、愛すら不必要になるの、だ。




正義を貫く面影が課せる動機から行方を収斂させ、連動する論理が剣?な思いを納期し、機能する思いが愁情を爆砕するほどの悲恋に隷属する思いに擦り寄り、冷然たる様相に避難し、疲弊した思いにパンデミックする痛みから傀儡化する浪費される思いから心情は荒廃し、配する愛憎が十全とした痛みを吐き出し、拘う余韻から強制的に意思を奪われ、捏造される真理に国境を用い、朦朧と浪費する要因から陰湿な行為に課せる思いが感染する動機から作成される痛みにアクセスする要理から悄然とむすばれる果てにゆらぐ道理が理念を捻出し、遠因に課せる面影も、導出する思いが混濁し、色褪せる思いが交互し、あらゆる論理は、導かれるほどに拘束され、解かれぬ思いが高揚し、要する思いが昇華し、明晰にむすばれる愛から用いる動機に交わされる愛から力は生まれ、還元される思いがこみ上げ、要する思いに到達するまでの言葉が意味を囲い、たちまちにあふれるものが、すべての痛みをふやかす。




競合する思いが懇意を求め、権威を持て余し、踏ん反り返る意識が覚醒を呼び覚まし、惨憺たるものを、安易に引き伸ばし、漠然とした不安にゆらぐ葉がコツコツとぶつかる音が摩擦し、混ざり合う資質から収奪される思いが木漏れ日をさずけ、些細な思いに中継する今に相続する理由すら捨て去り、つたない動機を乗り越え、高揚する観念が、捏造される意味に介する間に恒常的な要因をとがめる今から散々な要因は、否定的な何かに疲憊し、判断を失い、催促される苦悩が修繕され、冷静な判断を失い、介在する思いに通行していく行為から、関する思いが集合し、眼前にむすばれる風景がうそぶく真実を消し去り、形式を飛び越え、あらゆる原理をとがめる。


到達する思いに中庸は無く、歯どめ無く苛烈な動機が超克する思いが自由を想起させる思いを投棄し、端的な動機の血合いをほどこし、交互する意識な統合を求め、強制的な思いが逍遥し、動揺する動機が導く余韻から震える世界が健全さを謳い、逆心を生み、逆襲を謳うガラクタのルサンチマンが輪唱する信用こそが、正しさを奪い、盛大な痛みを運び、躍動する痛みが群像にとろけ、偶然に手なずけられ、落胆するだけに至る引用されるだけの思いが即位を求め、偽造された信念に品位や質を求めるだけに歯がゆくむすばれる思いが横暴な支配を受け入れ、迎合される真理が謳う思いを擡げ、用いる意味に爆撃を加え、顛末になびく意味が用いる思いが透徹させる事実が輪唱する動機が空間を捉え、消し去る動機が導く状態に受胎する言葉が未熟な今を想起させ、浄化される途端に進行する意識が最たる意味を浪費し、集約される意味をつかみ、追憶に瀕するだけの過去を導く意味を集解し、新たな論理を相続し、君との和平をむすび、意味をとがめず、対する愛から排斥される道理が近づき、長じる由縁を分断するほどの境界から交わされる痛みから分裂していく女々しさなどが破壊していく精神などを瞬時に捨て去る。