時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

突然変異

意識を籠城するものが、そぞろに迫る。季節感を封鎖する観念から、飢渇する意識が群像にただれ、ただ得るものすら不安感を誘うだけに過ぎず、満ち足りぬ意識は意味合いに風刺を携え、アイロニーな面影に消印を押し、形式に閉じこもらされ、自己を生み出す前に指図される煩わしさに気がつかず、飢渇する意識は、今にこじつけられる事柄だけを本質のように捉え、真実として受け入れる限りに陰る本質は、一切の疑念を今に放ち、発散されない思いが今にいぶかり、傷つくころには、衰退する意識は欣然として死地に向かい、倦怠感を格納した機械を携え、終わらない戦争へとカタルシスを求め、延々と止めどない憎悪に拍車を掛けるだけに快活な意識は、今に入り浸るだけの位置を本当として、思念に巻き込み、混同する意識に受理する思いが汎用され、隷属するだけにつたない意識にすれ違うだけの季節に屈折し、昏倒する意識が今に至る原理に粗暴な意識を醸しだし、ジレンマを生み出すだけに運動的に結ばれる無数の意識が思念を携え、ドレスアップされた思想がこじれる辺りから、混沌としていく限りに脳内を妨げる宇宙から調和を求め、リリカルな私情は透徹されずに、惑星自体の重みに偏屈な理論を高じ、惨憺たるものに絡まり、加工される理論が、倫理観などを謳い、道理をむさぼるだけの現時点から、妨げるだけの差延を生み出し、些細な出来事に組み立てられる外延からくみ取る意識などは、過干渉し合うほどに親愛さを失い、相互する意識が指針を失い、投影される物事に奔走するだけの出来事に機械的な道理を交換させるだけに混用していく意識は、ミメーシスをうながし、互いをまねるだけに明けくれ、応答する真実は、個人としての役割を謳うばかりで、集団や組織に対して反発する意志を持たず、漂うだけに寄せてくる真実にこじれ、時間に妨げられ、現実に疎外され、空間的なものに排される君の現行に携えるべき真実も、事実をくみ取る前に、今に屈するだけの曖昧さに瀰漫する苦悩が能動していくだけの意味合いに期月を携え、訪ねる思いは、応じるだけの痛みに言い分けがましくつながり、伝わる意識は帰結するだけの苦悩に乗じて、鮮明な意味を持たずに、意識に絡まるだけの禍根から、根幹を失い、さまようだけの中空に「うながされる自由」を束縛するだけの思念を用い、利用するだけの価値に籠城される意識の「虚空」から解放されるべき今に「位置」を用い、応じない者を排除するだけの存在から、蓄積される他者との交通への昏睡から、記号化される暗示が今に迫り、数字化されるだけの人間に制度を用い、ふやける意識が各層を悪意で染め上げ、聡明な者すら居らぬ今に弊害を生み出し、蓋然性を失い、虚偽に至る病から、ハーモニーは損なわれ響くべき言葉も浮遊感を携え、心ない今にそびえる離人的な壁から、刻々と迫る疑念から、白昼夢に震える思春期の毛色から、浪費される関係に受理される苦痛から、本質は逃げ出すべく、真実を用いずに心象に果てる原理に原因を求め、陰湿な企みがバイタルを損ない、生じる由縁が肥大化する苦悩と、惑星事の悩みに俯瞰を用い、揺動するだけにこじれる辺りから、理解は不潔さを用い、憐憫に果てる面影も、つれづれと愛故に木霊するリンクから、苦悩をゆだねる喪失感に食べられた面影も、重なる過去に逸脱し、いびつなイメージを俯瞰に捧げ、空間的な割合に敗残し、残飯をむさぼるだけの卑屈なシンドロームから駆逐される近未来に厚情と定位を結ぶ恒常的な論理から、横溢する心象に侵蝕するコギトから、性悪説をうながす全貌に吐血するだけの神されど神たる陰鬱さから境目を用い、名前を利用し、理由にこびりつく悪意から、転じる意識は悲鳴を上げ、隔意に鈍麻な愚行を押しつけ、応じる答えに偏見を用い、有する答えにハミングを伝え、投じる思いが聞き取る幸福論により、露骨な幸は、受け取る側に、曖昧さを伝え、投じられる快楽に落胆し、解除されない苦悩に転移していく苦痛から逃げ出すべく、空洞化していく域は、意味合いに普遍性を用い、満ち足り思いが横溢し、お家を持たずに偏見から逃げ惑い、投じられるロジックに反し、関するだけの理性から離れ、放たれた意識は、すべての概念から放たれ捨てられ、つたない意識を携え、延々と疎外される喪失感から、少年期に携えたリトルネロや、ファシズムなどが強固なものになり、自身の独裁的な主観から、何かを虐めることへの狂気へと移行していく発芽から、発散されない抑圧から抱え込んだ混濁する狭間に悪魔を生み出し、大人になってからもさらなる狂気を増していく限りの純粋さに純真無垢な犯罪的な意識から軽快な快楽を伴う悪意が順繰り迫り、さらなる飛躍を結ぶべく、無数の意識にドーパミンを促し、注がれる痛みに絶えずエンドルフィンを促し、擯斥される行方に配された愛すらも憎悪に変えるだけの人間から超脱した悪魔どもが跋扈する精神性から放たれ、ただ流れのままに解放されることに揺らぐことを覚えるべきであり、途端に一定したリズムにトランスし、感染していく経路にかじかむ理論で理性を押さえ込むよりも、プリミティブなままの感情を引き出し、過剰摂取するだけの依存性を放つ絵空事に消耗される精神を栄進させるべく、放たれるままの意識はまどろみにとどまらず、ただ広がるままに自身を受け入れ、何事にも偏らずに昇華へと至る。