時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

救うとは何か?

弱体化していく精神にひずみを与える影響から、自身の外観は砕かれ、枯れ果てる由縁に粗暴な論理を突きつけるだけの保証などが、支障を与え、淵源になびく運命に怒号を授け、その場で至る痛みから、希望的観測ばかりが、暴力的な悲劇を生み出し、苦悩に能動していく瞬間にジレンマが生まれ、破滅的な苦悩から、交互していく意識は、陰鬱な焦土を抱え、完全性を謳う限りに惰性な悪意を交錯させ、頓挫する意識は、未明に沈積し、耽溺する主観から、整合される時折に記号を残し、慈愛を引き出す陰りから、観点は、損なわれる限りの物事を謳い出し、揺動するだけに住まいを移し、恬淡に行き交う思念をレスキューすべく、すべてを加工する軋轢から、保守的なリズムから、リベラリストが権威にこび売り、打ち払う意思が起源を乗り越え、滞らずに一切から放たれ、印象にはだける言葉が走り去り、些細な出来事を空論に変えるだけのデカダンな帰路から、かかずらう意識は透徹せずに、その場でアンチテーゼを抱え、暗鬱の起伏に阻まれ、反体制を抱え、敢行する暴力から理想主義的にフォーマットされる悲しみの大地から、放射線舞う現在に至る痛みに気がつかずに、扇動されるエンドロールや、縁遠い演奏家たちが覆う情報で邪推する自我論者から、困難を迎え、感応せずに、観衆に騙され、愚衆へと移行していく限りに還元される理由がプロパガンダに邪魔され、見るものすら汚く機械的であるし、あるいは、誰かが踏みしめた意味などは、かみ砕かれ、粉砕しきり、ただ同情と死を誘うだけの規律とそつない精神論が制圧するだけの人間性などに栄進するだけの現在に格納された痛みの物質から、提要する事実も、兼用されるほどに緩衝せずに、互いを恨むだけに裏打ちし、ハッピーな音を掻き鳴らすかのように見え隠れする嘘と本音の疎ましさに協業していく意識は、陰鬱な衝動を抱え込んだままで混濁する未来を世界と呼び出す辺りから狂った螺旋に性差や、私怨を用い、シンドロームにサインインしていくだけに深まる差異は、物事に距離を生み出し、はみ出すものを許さず、ただ自由を謳い、弛む現在に歪むだけの空疎な理路から横溢していく事柄が根幹を腐らせ、空疎な理屈を促すだけの輩に改ざんされる現在に鮮明な意味すら不潔に萎靡沈滞し、印象は清潔感を保てず、ただ用いられる悪意に根源を売り、現前に果てる要因から、安易な制圧から、生活感を謳うだけに今に奪われる悲劇から拍動していく幼稚な試練から、凄絶な理由を流動させ、精神的な領土を奪い合うだけの幼稚な企みから、ギミックは生まれ、互いを騙す欠如を生み出すだけに堕落し、陥落する時代的な共有の精神に清貧さは無く、児戯に等しい関係に観念は性的な効力を生み出し、快楽を脳内に伝達するだけに卑賤な価値がカタストロフを謳い、全貌に長ける意味合いが君を奪うだけに機能する関係に暗澹としていく思念は受理される本質から、端的な耽溺を繰り返し、情報をこぼしていく限りに関係性から抜け出し、巣くわれる前に食い込む時代をみずからの手で外し、発散される限りに滞らぬ意思は、整合されずに分裂したままにあらゆる大地に侵蝕し、あらゆる情報を乗っ取り、みずからの意思だけで敢行する権力こそが、権利を謳わず、権威に支配されずに、個人的な権力に牽引されずに、分裂し続ける先先にあらゆる意志を産み出す。

ゆっくり時間を引き延ばす。すると余白が生まれ、健気に生み出す意味が純真無垢なままで、病んだ世界を覆い、あらゆる苦悩を取り払う。無益なままに尽くし、抗う先に生み出される創造が捩れた世界を救い出す。超越の質感が、遥か向こうで行き先を失い、血迷った意味を吐き出し、間違えばかりでかき乱し、あらゆる制限を生んでいる。超越とは、乗り越えることにあらず、今を荒らし、行き先すらも見失うように錯綜させ、偏ったものの考えを生み出すだけに至る。先に待ち受けるものといえば、今に批判をし、つなげる薄っぺらい価値から、いたわる同情へと籠城させ、あらゆる嫉視を生み出し、恨むだけに至るの、だ。用いられるリズムが焦熱を誘い、無限性を蓄え、現前に詰まる今を押しだし、偽る未来を超克し、現在に至る今を押し上げ昇華に至らせ、世界性を奪うだけのインタラクティブな操作から、争点を奪われ、論点をすり替えるだけに論理は強調され、協調性を謳うほどに狂わされるみずからのリズムに理想は供給される限りの懐疑的な不信感から階差を生み出し、段階にカーストを作り出し、織り成す選民主義的な神を見違えた者がおのおのの苦痛を癒やすべく生み出した卑しい罪を背負うだけに曖昧なマインドに毎日の憂鬱が起動していき、陰鬱なままに歩こうと移行するから滑り偏り、価値観を用い、求める意志に凍結する意志は、今に阻まれ、みずからの力により、時代に屈していく。用いられる時代などは、瞬時に飛び越えるべく置かれた意味に過ぎず、その場に止まるならば、止まるままに俯瞰を失い、空間に飲まれ、時代の灰となるだけに満たないような革命に生きず、みずからに抵抗する限りに革命は終わらぬ。


どれが正しいというよりも、どれも正しくないのが、正しいことであり、どれもが、正しくない辺りから、正しさを見出そうと、もがくの、だ。