時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

生まれるために溢れ出る感情

見解を深め、たちまちに現れる瞬間をすなどり、兵器的な理論を相続しては、恬淡とした意志で虐げられるだけの深層心理を破壊し、悔悟をため込むだけに理想論を促し、希望を見失うように仕向けるだけの表面上の自由を利用するだけの浄土から離れ、敢行する意志だけが、順序を持たず、整序されずに、分裂的に示す辺りから、値は消えて無くなり、細胞単位できらめく実情から、律動していく音と音の隙間に色彩を与え、音と色が混ざり合う瞬間に希望が生まれるのである、と晴れ間に授ける希望だけが、疑念を持たずに、生じる由縁に世紀的な理由すら持たずに、良俗の風景を警邏するだけの権威的なものが、すべてを鈍磨なものに変え、井蛙な者が引き替えにするデカダンな理由が利己的に生産されるだけに大差は生まれ、物事がちぐはぐになり、ナショナリズムが横行し、理性を失い、ただレイシズムへと移行していくファシストの大量死や、凄絶な時折に織り込まれる制圧的な観念や、敵意を用い、抵抗を加える状態に注がれる軋轢から、こぼれる苦しみが王冠をかぶり、被害者意識を扇動し、ただ朦朧とさまようゾンビを作り出し、出し抜けよう、ともがく感情が、一過性の苦しみに加勢するだけに堕落する主観や、主体は、最たる意味を損ない、そこかしこに理由付けを施し、応じる答えに惜別していくシーンから、浸透していく意味が薄弱な理論を打ち立て、君に危難を加え、駆動する意志が片付けられる様を傍観するだけに作用する言葉が、定期的な諦念を放つ限りに果たされる理由は、今に消費されるだけの衝動性をため込み、たちまちに生じる由縁が、遠因に絡まり、かじかむ意識が、厳冬から逃避行し、陶然とするだけの依存性から、制圧されるだけの義務的な傀儡として、指定される意味に関わるだけに、加工される品位に一切は、はみ出すだけに見出す未来に位置づけるだけの理由に利用され、利子を支払わされ、色彩を失い、損なうだけの影として、怪訝な貨幣に流動していくだけに打算される思念が、失踪し、倒錯する今にこじつけるだけの状態が、対応せずに、たちまちに狂い出すだけに、駆逐される精神は、慟哭を繰り返し、妨げられる精神は、物事に対する健気さを損ない、生じる事柄に応じる答えを持たずに、ただ与えられる義務だけに構築される権威的なものに裁かれるのを、健気に待つだけに至る原理に注がれる権力的な圧力から、抑止される精神は、避難すべき場所を求め、今に苦しむだけに元々の原因に姑息な執念を放ち、願いは、歯がゆく無知なままを結い続け、許しを乞い続けるほどに離れられる一切に結末が近づくなどと、終末論的ペシミズムの嗚咽が聞こえる限りに空回りする精神は制圧され、圧壊するまで乱暴に扱われ、あつらえられる理由に厚かましく蝕む現在に阻まれる生死が整合させよう、と用途に告げる悪意から、鈍麻な憐憫が降り注ぎ、負担を抱え、過剰に痛みに反応するだけの醜さに未熟な精神は、記号化し、暗号化していく苦しみが、豊かな意味を喪失する。

心象に輝く風貌が、たじろぐ意志を引っ張り上げ、高まるままに重なる意志のアンサンブルを繰り返し、過剰に関わるだけに物事とは、乾くものであるし、旋律をたどり、あどけない意志が、曖昧なマインドを超越し、長じる先に悠遠が広がり、そこに現れるふかふかな雲や、恒常的に散らすぬくもりの安堵や、愛した記憶を枷にせずに、センチメンタルを促さず、ただかさつく肌に潤いを授けるような時系列や、前頭葉に降り注ぐ雪や、形式に甘みを与える感応を授ける雨や、劇的なしきたりを打ち砕くような雷や、感情的な意志を突き抜ける電車に乗り、大量生産される意思が同調を求めるだけに止めどなく注がれる恨み節が、ビートを穢し、安全神話を利用し、良俗なものに落とし込む疑念を取り払おう、と横溢する悪意が示す間から静まる意思が、陰鬱な衝動をため込み、応じる答えに結末を用い、その場で示されるだけの悪意に染まるだけに汚穢と化する現在に貧するだけの過去から、誘導されるだけの肉薄していく精神がけが人として運ばれる間に戦争的な観念が、迎合されるものだけを真実のように扱う限りに、物事の本質とは、見抜けずに、醜く歪み渇望するだけに至る曖昧なままの精神は、軽薄な動機を用い、浅はかに物事を利用し、流動する意思は、浅薄なままで、上下左右する思想にそぞろに成り代わる淵源から、収納されるだけの思考へと偏りを示す辺りから、暴力的なものに落ち込み、所持する由縁に崩壊していく観念は、婉然に長けるマイルドな朝日にとろける実情が、日差しの下で高揚感を携え、延々と引き込まれる間に反し、関するままに間違いを改め、あちこちに現れる確かな思いだけが、打ち立てられた意味を破壊し、バビロンに反し、場を用い、何かに線引きを施し、消えない境界線を作り、誰もが、この線からは、私たちのものである、と専有と占領を謳う限りに、豊かなものは無くなるのだ、とか言い出す限りに、物事の正しさは、善悪に収奪され、物事の正しさは、ただ排除され、排斥されるだけの階級制的な物事の見方に陥るだけに、正しさとは損なわれ、正しさとは、どちらの場面や場合でも良いように扱われるだけに至り、常套句のように放たれる答えだけが常用され、順応するかのように従順な者が隷属し、従い続ける限りにずるずると引きずられた答えばかりが、今に示され、姿勢を失い、ただ屈従する事だけが、正しい事のように、権威は戦意喪失させよう、と苦しみを与えるが、そのようなものに屈さぬ姿勢だけが、物事の正しさすらも突き抜ける。