時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

言葉が用いる間隔

ねむりこける思いがつらつら日々を綴る。ねこむ意識がなだれ込み、混濁する意識が混淆し、豊かな日々が意味を包み、新たな観念を運び出し、飛び交う意味が君にこみ上げ、確かな理由が良俗などを蹴散らし、自然である限りに縛られぬ想いは、互いの領土を奪わず、物事の煩わしさを消去し、生じる由縁が深まる想いに染み込み、渾然一体となり、隣り合わせに結ばれる想いがハラハラし、孕む意識が融合し、不死身になる今に極まり、肌蹴る理由が収斂され、さらなる神秘を生み出し、ビシビシ感ずる動機から時折に織り込まれる感覚が強度を増す。既存のものを打ち倒し、新たな権力を措置した後に残るのは、私たちの純然たる思いだけだ。曖昧に響く由縁にスパイスを加え、くだらない日常に確かな愛を流し込み、ほどなく混じる間に革命的な出会いが待ち受け、あらゆる差異を飛び越え、自らの正しさだけで、世界を書き換え、角を隠し、鋭利な思いで、エイリアンたちが媒介する世界に反し、巻き込まれる意思に反し、たたずむ今にむすばれる愛だけにシンフォニーを伝え、つたない思いが同調を誘い、いたわる関係だけが、物事の正しさを謳い、宿命を謳い、君の正しさを欺瞞で染め上げる情報こそが、空疎なものに過ぎず、嗚咽がなでる主観から、端的な理由を封じる陰りから、かくかくしかじかがジュクジュクして、サイバネティックスが促す生物と機械との高揚感を促す融合に雇用される関連性に軋轢を生み出す粛清を阻止し、わずらわしくむすばれる関係から離反し、物事のからくりを解き明かす。君が生み出す苦しみを淘汰すべく生み出された今が回帰し、理解を深め、延々と結ばれる権威的な連立から、分離すべく、流動し続ける意味が君を漁り、領土を奪うだけに運動的に関わる先先に症状を残し、透徹する今に極まる君が昇華を目指し、前衛的に掲げる思いが衝動的にリロードされ、浪々と促す観点が、自由を寂寞へと導き、軽々しく現在を乗り越える限りに虚栄は無くなり、ただ何も用いぬ私だけが、統合されずに、固化し、やがて何よりも硬くなり、すべてを撥ね除け、自立するとは、忌まずにかかずらう限りに相続するだけの苦しみを繰り上げ、言霊を促し、悠然と注がれる観念だけを頂戴する。

しみじみ注がれる思いを詩的に変換する。大人になりきれぬ思いが交互し、状態を孤立させては、俯瞰では、空間的な不完全性に収斂され、燃焼されない思いがさらなる不安を運び出す限りに、無垢な思いが高揚し、蕭然たる様相を昇華させるべく、創造的に結ばれる関係だけが緩衝し、確かな思いがくすみ、未熟な観念を飛び越え、優越感を抱えるだけの後先を超越し、延々と演繹する限りに陰らぬ思いが統合されずに、解き放たれ、乖離する間に理解に収まらず、今に証跡を残さず、逃げ惑う限りに何事にも収まらずに、深まるだけの意味合いに溶け合い、情念が見事に羽ばたく様子を静かに眺める限りに、風をまとい、漫然と突き抜けるだけの風として、主体や存在を空間に溶け込ませ、投影されるだけの関係から逃げ出し、誰にも捕まえられずに、漂うだけに惰性さを取り除き、滔滔と流るる関連から嵩ましされるだけの関係から放たれ、自由すらも超越する限りに影も形も無くなり、ただ有ったという観念だけが、概念を穢し、景観を奪い、存在自体に生じる脆弱さに根底を掻き乱され、最たる意味を君に相続させる限りに、恋は消え去り、ただ有った愛が有るものとして用いられ、今にジレンマを生み出し、物であるという重みに反さずに、介する限りに他者との貫通を終え、応じるだけの答えに返信されるだけの関連性に連動し、反響する精神が静謐さを損ない、生じる事に毛布もかけずに震える心身を放棄し、条理と規律に相対さずに、備わるだけの物事に偏るだけの思念を生じさせるだけに損なわれる自身を傍観するだけの関係だけが、空間に取り残され、査定されるだけの重力に反さぬ身体が露骨な支配を受け入れ、運命から放たれずに、その場に備わるだけの意味に介するだけに意味を損ない、今は今としてその先に残らぬ事も知らずに、過去に拘泥するだけに行為そのものに置いていかれる。

苛烈な状態に上陸する痛みが浸透し、均一な支配から偏る物事を受け入れ、何事をも真実として備えずに、怯えたままで今を補完し続けるほどに空しさに補填される恐怖から、乾いた感情に注がれるべき愛情の水も、ただ厳しさや冷たさを心身に与え、今にダメージを与え、感じる前に苦悩を伝えるだけの恐々とした思いの供給から、最もな絶望が今に歯止めも無く襲いかかり、確かな意味を失い、今に薄い膜を貼り、迫る恐怖に屈し、今に至る痛みだけに苦しむ欠如に至る。