時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

つたない思いを攪拌させる思想

過剰な愛情も、不安を生み出し、別離不安に至る。光も届かぬ、もどかしい場所から浮かび上がるべく意味をつむぐ。何の相談もなく冬がますます厳しくなる。用いられた四季は、重力を感じながら、誘導される限りに精神の深みへと嵌まり込む。無感情になびく、悠遠も破壊的な情事にいつわりを放ち、投げ出す今にすべての感触は失われる。成し遂げた後の苦痛がたなびく思いが感傷的になじる間に世界性は、淫蕩な者に奪われ、惑溺するだけに観念は、間隔の淵源にたじろぎ、浪々と冷めた雰囲気を押し流すだけに代償を抱え、感触を失い、喪失感にゆだねる先で強制的に収奪される堕落した雰囲気に行き違う革命的な余韻に高圧的な悪路を渡るだけに関連性は、恋情を損ない、内心に破裂するジレンマから、時代性のウイルスに感染し、凄艶にとろける熱情するだけの本質に状況は軋轢を重ね、恬淡として行き交う情念が嬉嬉として捉える先に用いる状態に受胎する関係性に制度はふやけ、条理に蔓延る愛憎から、喪失感をゆだねる限りに陰る本質に誘導されるだけに存在感は損なわれ、そこまでに用いられるだけの不安に領土を奪われ、後ろめたい衝動は、状況に圧壊し、本質を損ない、ないがしろにした思いが横行する彼方で勘違いを生み出し、思想に誤りを生み出し、語弊を誘う言葉ばかりが横溢し、応酬される思いに真実は浪費されるだけの観念に損なう限りの思いを衝動的に吐き出すだけにため込む憂鬱で破壊的に攻め入る精神性から、世界は破砕され、判断を誤るだけに至るような世界を世界として受け入れる限りに偏りは生み出され、代償に阻まれ、慢性的な痛みで掻き乱される合間に安全性は損なわれ、全容に欠ける思いが横暴な試練を生み出し、同調軋轢により、あらゆる行為は交換される前に運命的な適齢期に支配され、衝動性を無くし、根底から飢渇するだけの偶像を心ない今に泳がせるだけに接続される思いは続々と傀儡化し、感触を損ない、行いに応じるだけが正しさである、と専念する機械的な情事に領域は混濁し、心象を損ない、生じる由縁に響く思いが、面影を損ない、応じる答えが、応用するだけの意味にまとわりつく概念の餌として、生じる言葉に内面性を奪われ、通り道を無くし、おざなりな観念に関係は超克を求めず、ただ暗鬱に屈従するだけに整合される問題に朦朧とし、若いだけの病から、老いて尚、苦しめられる病へと移行していく過ちに跪くだけに盲信を重ね、奏でる思いは、かなえる意味を知らず、主体性を損ない、陰湿な支配へと移行していく限りに場所を求める観念は、早熟な意味に関わり、仮想世界を正解だ、と誤りを用い、正す事をせずに、設置される意味に駆動する理由だけに駆逐され、形に閉じこもる今に淘汰され、問いただされる以前に盗用される答えから、踏破すべき理由にエクソダスせずに、外側から、エクスポートされた事柄を真実として違う意識を無罪放免させるべく、あらゆる罪をばい菌として与え、抗う意識に意味を用いずに、蓄積する苦悩に格納される最終兵器から、惨憺たる安易さでもって隔意に欺瞞を放ち、要する意味に完治しない苦悩を媒介させ、倍増する痛みは、寛容な意思を喪失し、逸脱せずに、一貫した不安を促すだけに印象は凍結し、鬱血する心情に注がれ、瓦解しない感情は、その場で膠着し、心ない何かに攻め入られ、生命的なものに支配され、芝居を続けるだけに、兌換されるだけの価値の餓鬼として、白々しくむさぼり嫉妬するだけに至る原理に原因は、因子すらも失い、ソリューションを迎えずに、緩衝する意味から交互し、攪拌される愛から再度迎える起源から綺麗なものだけが、物語で復興され、複雑に入れ込む意味から生じる由縁がパーソナルな問題を全体性へと運び出し、世界性を個人のものに帰還させるだけに世界の器官に促すべき栄養や血液などが寂寞に嵌まり込み、投影される問題に状態は、高圧的な支配と闘争し、統合されずに、分裂し続け、根ざさずに、様々な意味や場面などに送り込む根幹から、昏倒していくままに溌剌と改ざんしていくだけのカタトニーを抱える意思から順序などを壊すような企みから、用いられた規律を持ち上げずに、何が正しいのかをもう一度、正しい目で見ようとする限りに、扇動されずに、洗脳すらされずに、意思の専用機として、誰かに乗り込まれる以前に、あるいは、教育に組み込まれる以前に、みずからが生み出す正しさだけが、正しい事のように背いて行く美しさだけが、物事を正しさを吐き出し、配備される愛から利己的な支配を受け取るだけの気概から家畜的に屠る街並みの誤りから、貪婪に後続する意識に、ここは、誤りを用い、間違えた理由を一切に吐き出すだけに破壊的な痛みを抱え、ファシズムへと移行し、レイシズムを称えるだけの間違いを生むだけに至るから、人間から抜け出し、あらゆる理由を超える限りに善悪すらも無くなる事を今に伝え、中庸を用いる限りに保たれる事すらもすぐさま汚れるだけに至る事も伝える。