時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

価値観の汚穢

誰でも無く、私に近づく恐れが定期的に襲いかかり、数々のジレンマを授け、あてがわれた命に殺伐としたジレンマを授け、誰もが思う価値に値するような場面を旋回するだけの饐えた香りや、傲慢な者が支配するだけに思案をめぐらし、その日暮らしに生きる形に用いられるだけの原理に蔓延り邪推する意味から、意思は阻まれ、間違いを用いられ、止まるだけに統合され、尊く思う今にさかのぼり、最たる意味を損ない、たちまちに咎められ、滞るだけに耽溺を繰り返し、理想は供給されるだけに恐々としては、惨憺たる安易さで憎悪を復元させるだけの過ちから、扇動される怒りが、日々のストレスを癒やすのだ、などと促すだけのプロパガンダを織り込んでは、追い込まれる価値に加算されるだけの意味に詰まる思いが、短絡的な動機をむさぼり、応じるだけの答えに占領され、生じる由縁に愁嘆を重ね、慟哭する日々が、君を捏造させ、長じる言葉の墓場でエゴを重ね、つれづれなびき引きつける思いも、高じる由縁にデカダンスに変わり、勘違いに滅び行く青春や、精神の経路や、幾何学的な日々や、教条に埋め尽くされる規律に媒介する理由から措置される意味合いに近未来を磔にし、いそしむ今から生じる由縁が奇妙な欺瞞を携え、気ままに生きる間に革命的な道理を生み出し、代償として運ばれる他者を介し、照らされる存在が、底の無い恐怖に溺れ、貞潔を守る意識が、感情を損ない、カタトニ-へと陥る隙間に瀰漫する不満足から、協調性を謳う道理に理屈を捏ねるだけの捏造から、先天的な痛みを跋扈させ、安易な衝動へと運ばれていく風向きが狂わす時代的な猶予に嬲られる身体を傍観する他者と緩衝する事により、強調されるだけの存在へと移行していく苦しみが、今に離別し、シーンに断続していく静寂に厭わぬ思いが反響し、漂う意識のアンサンブルが悲鳴のように迫り、価値の雪崩を引き起こし、此処で分裂していく主体は、聖俗を用い、俗間に迫る感情の波濤を受け止める防波堤として備える精神的な壁を作り上げ、生じる言葉に伴奏を授け、定める位置から、見出す意味が痛み今の症状を悪化させ、干渉していく痛みからひび割れ、証拠も残さずに、そのまま破砕される合間に未熟な意味を正論として、論証していくだけのミステリーから、道筋は、行程を失い、生じる由縁に損なうだけの安易さを纏い、陥落するだけの精神構造に、構築されるだけの標的として、礫を投げられ、罵倒に耐える辺りから、秩序は狂い出す。

次なる意思のステージへと踏み出す一歩からさえずる記憶が悠遠を引き延ばされ、些細な動機を超克し、長じる思いが、応じる愛へと応酬されるだけの原因を破棄し、漂う意識が静謐を用い、精神性から蝉蛻し、正鵠を射る感覚だけが正義を用い、行われる動機に反し、証拠も持たずに、ただ現れる原理に反し、収斂していく意識が纏まる出来事が瞬く間を超え、寂れた記憶に別れを告げ、ただ愛した軌跡だけが、今に兌換され、最たる意味を見出し、今に現れる意味だけが、今を確かなものに変え、かじかむ意識にぬくもりを与え、哀歓を共存する愛へと昇華していく先に用いられる言葉に苛立つ事も無ければ、寝返り裏切る事も要らず、いたわるだけに意味を履き違える事も無ければ、ないがしろし、内面的な恐喝に合う必要も無く、無いからといって求める必要も無ければ、内心に響き、環境に責任転嫁し、誰かが促す言葉を信じる事も無ければ、与えられたもので満足する事も無く、ことごとくに現れるよどみをくみ取る事も無く、様々な動機に現れる試練すらも、じれったいだけに満たないから、といって汚い言葉で応酬する事も無ければ、互いを求めるだけにため込まれるものが生み出す軋轢に日々はひび割れ、災いを謳うだけの終末論者たちのニヒリズムが、破壊的な情事に異論を用い、途絶えるだけの慢心を用い、おののく観念に退屈さを謳い、用いられる欺瞞は、不満足の餌として、今に与えられるだけの価値観の家畜として、情報という藁を食う辺りから、わらにもすがる関係から、観点は損なわれ、そこかしこで憎悪を媒介させ、退廃的なモジュールに接続される神経ケーブルを愚鈍な物語にヒットさせ、判断を誤るだけに曖昧な病にかかり、やましい思いは、虐げられるほどに魯鈍な意思を用い、偏る思想へと保存され、些細な事でフォーマットされ、新たな理由を嵌め込まれ、蔓延る悪意を展開させ、転換される意味が観点を奪い、瓦解する意識は、果敢に挑む事を忘れ、従う事への快楽へとマゾヒズム的にオーガズムを消費していくだけに過ぎない日々の路頭に迷い、状況を見出せずに、ただ導かれるままに偶像をため込むだけの凍結を施され、そこで投函されるだけの間違いを受け取り、読み解く事もできずに、今にさまよい境目を用い、避ける思念は、逃亡できずに、すぐさま仕掛けられた罠に嵌まり、若さ故の過ちなど、と促される言葉に羽化できないニキビ面の永遠を敷衍させ、歯止めも無く広がる形に反し、逆上するままに逆心を携え、格式などを打ち砕くために、ためらわずに反する事が、用いられる正義としての模倣を破棄し、自ら生み出し用いる事で、行いを正す事を正義と呼び始めるだけに、偏りは生み出され、平気で他者を利用し、何かに付けて批判的に滞らせるだけの思想を生み出すだけに終えるの、だ。