時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

整然とした思い

渇望する思いのささくれをめくり、泡立ち貧する思いが泡沫に変わり、有する気持ちも、夜通し見つめる真理に滞るだけで、与えられた影響を今に目配りするだけに手入れを行い、何かにすがろうとする幼稚さに企みは、枠の中に配され、やがて見つめるものに影響すら与えずに、その場で駆逐され、朽ち果てるだけに終わり、言葉もまとまりも無くジレンマを抱え、惑わしまどろむ果てに健全そうに嘯き挿入される意味合いが君の未来すらも奪うころに激白する理由が沈積し、寛容な世界を奪うだけに寂寞に奏でる理由が粒子に変わり、宇宙に反響し、偏る思いが横暴に夜を奪い、万世に帰宅するエゴから清貧さを抱える仏教的な資質から、婉然に長ける思いが強固なものに変わり、結合しては、様々な物質に反し、自らのエゴだけで継続する力との対立を自らの内部で氾濫させ、配備する愛すらも撥ね除け、かじかむ身体を過去に流動させる以前に、我思う故に我あり以上に企む間に爆砕される感情が一切の呪詛を撥ね除け、やがてあがくほどに爽やかで凶暴な意志が、暴力的な制度を蹴散らし、悔悟をため込むだけの街並みに束縛されずに、些細な出来事に応酬され、やがて収奪されるだけの環境や管理から逃れ、介する間に対照するものすら、おこがましく重なり、躍動する真理は、やつれ果て、細かい疑念に流出していく心理はエクソダスを続け、聖域を目指し、南下するころには、北の大地では、代役を終えた独裁者が慟哭を誘い、苦しむ思いの波形が形容する時代性の陰気やに絡まり、関わるほどに過去の虚栄を富として悪態をつき、倦怠感を誘うだけの建設的な妄想から、根底は飢渇するグルーヴに支配され、延々と音階を並べる間にリベラルな思いは横暴に中庸を求め、抽出される疑念から、些細な戦争は、足音も無く迫り、狭い価値から、カタストロフは生まれ、ロストする思いは、超克を知らずに、演技的な思念にジレンマを重ね、自らの重みで不自由になるらしく、なれ合いばかりが、インタラクティブに絡まり、加工される品位が絡繰りに変わり、メロウな思いが受理する根源も、誰かが謳ったに満たない真実に浪費された思いをこねくり回し、同じ答えだけが乱立し、牛歩戦術をうながす限りに陰る本質は、動機を見失い、みすみす見逃すだけに至る原理や現実から、理想は供給されるだけの苦悩に誘発される思いが撃鉄を動かし、悪を感染させる要因から、陰鬱な消費をうながすだけの回顧を続けるだけの過去に徒労を続けるだけの被害者意識が悲観を生み出し、その場で這いつくばるだけに至らせる痛みから、印象は動向を失い、今に膠着し、動かぬ感情を搾取し、私用のものにすべく、無関心に入り込むテクノロジーから、ロストしていくシーンに配備されるものをすなどる連中の搾取に反するべき自己を取り戻すべき内戦が始まり、配される間から固執するだけのロマンや、固陋や、アイロニーなどが雪崩のように迫り、飲まれる意識は、今に印象を損ない、喪失感に震え、敷衍する行き先に浄土など無く、涅槃寂静すら作られた神に金を支払わなければ行けない場所なのだと嘯く連中の呪詛がなびき、たなびく思いはたっとぶべき位置に意味を用い、有する自然に反し、関するままの欲望で支配的に覆わせる輩に反するべく、正しいとされていることにこそ反することを革命と呼び、揺動されるだけの堕落した身体や、フラクタルなものを探し、印象を支配するだけの定理を結ぶような答えこそを覆すことが、科学的な過失や、哲学的な曖昧さや、思想的な誘導から逃れ、自ら生み出し水増しされるだけの意味に反し、関する間に用いられる苦悩を超克し、やがて渇望するだけの欲にすら反する限りに、君は君で居ようとすることに位置や意味すら持たずに、ただ不羈に転じ、転用されるだけの情報を撥ね除け、懇意を求めるようななれ合いから放たれ、君は君で居ようとする限りに渇望する意識は溌剌と永遠性を捉え、途絶えぬように、今に滅ぼされようとも、今に選ぶ意味すら無に転じようとも、この思いが行いを捉え、協調を求められるだけの定理から離れ、改善を求めるだけに止めどなくあふれる情熱だけで心情を透過させる問いから、幼稚な企みは消え去り、些細な動機は有する形に無数の意味を屠らせるだけに至るような悲劇を加速させるだけの囲いを生み出すだけに満たず、汚く幼稚な支配の気配に隷属するだけにつたない思いは、汚い物事自体に関わり、重なる思いがバックアップを求め、用いられる言動に支配的なものを掲げ、加勢されることにより、威張り散らすようなことから権威的なものの端くれに隷従するだけの傀儡を生み出し、気配が家来を用い、関する災いに毒されるだけに至るような無機質に関わりに感情などは無く、ただ顔を見て話し、柔らかくなることにより、今の緊張感は、ほどよくほどけ、ほぐされる限りにほとぼりは冷め、再来する愛に間も無ければ、そこに用いられる距離すらも無く、順序も無ければ、生きることに高いも低いも無く、立場も無ければ、その場に至る意味に階級すら必要無く、君は君で居て、私は、私のままで他愛も無く生きる日々に退屈など無いの、だ。