時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

広大無辺な意思

傲岸不遜な街並みは、刹那を知らず、短絡的な快楽へと移行していく現実をシステム的に消費し、やがて渇望するだけの依存心だけに徒労を重ね、関わるほどに愚鈍な意味をほおばり、はみ出す今に気質すらも残さず、ただ季節的なものに横領されるだけの陰鬱さをため込み、長ける思いは、淡々としのぐだけに心象を引き延ばし、貧寒な今に重なる現実も、狂言を携え、不羈なままに仰仰しくむさぼる観点に道理は無く、信じるべき対象も持たずに、抵抗し続ける間に心情は統合されるだけの関連性に連動するだけにふやける今が季節感を押収し、収奪されるだけに兌換される価値が、カタストロフを叫び、悲観的な状態にこじれるだけに、被る意識も、朦朧と今に裁かれる原理に理想を供給し、抵抗力を加えずに、ただ謀るだけに募る思いが、情理を尽くし、互いに入り交じり緩衝する意味が寛容に現実を包み、未熟な愛が形成する今に瀰漫し、不満足をかき消すほどの声が到達し、届く思いが儚さを消費し、躍動する意志が昇華を目指し、制約を持たずに、ただ揺るがない思いだけが、唾棄する瞬間のもろさを知り、思惟を用いるだけに、概念が育てる惰性な真実に用いられるだけの答えに対抗する意識が、個体という退行を生み、精神的な起爆剤を用いずに、ただふやけるだけの緩慢さに現状は固執するだけの意味に過干渉していき、逸するだけに報いる真実に協業し、一過性の事実を大量生産していくだけに指定される義務へと俯瞰はゲートを用い、通す前に検問を用意し、幼稚な理屈で差別と分別を繰り返し、誰をも居れずに、レジスタンスを謳い、尊い命を裁くだけに値するだけの価値に飢渇し、飢餓していくだけに堕落していく個人崇拝から、枢要な事実を暴くべき思想も持たずに、ただ道理を用い、理屈を捏ね、倦怠感を与えるだけに堕落していく思念が、思想を喪失し、相互交換されるべき愛も、交互せずに、こじれるだけに意図を持たずに、互いの位置を奪うためだけに懐郷の念を捧げるだけに些細な過去に止まり、今に不満を促すだけに意志を損ない、ただ転じる意味に動機すらも持たずに、ただ満ち足りない思いにただれる今がいらだちを抱え、混濁する理由に陰湿な商業を組み込み、くみ取る意識は、印象を踏破せずに、統合を謳うだけに奪われる原理に帰巣本能を奪われ、精神的に帰り着く静謐を知らずに、ただ忙しく動き回るこそこそが、逃げ惑うだけの怠惰であるし、やがて統合を謳うだけに便宜的に強行されるだけの同調から謳われる真実が意味を奪うだけに至り、いたわる言葉も、ことごとくに愚鈍さを用い、朗唱される事実などは、損なわれるだけの答えを自慢げに謳うだけにねじ曲げられた建前を今に持ち込み、用いられる言葉に支配され、ことごとくは、愚鈍なままに高尚さを知らず、些細な動機に端的な理由を持たせずに、刹那にたじろぐ意味がたちまちを収斂させ、衝動的な怒りが根源を奪い、限界を謳い、不安を与えるだけにあてがわれる意志は、ただ騒がれるだけの理由を現在に持ち込み、もろもろの苦しみが、諸刃の剣的な思想を与え、異物感を抱え込んだ混沌とした暗鬱に些細な出来事が与える狂気よりも、ただ気質的で性質的な狂気をはじめから用いていただけに満たない精神的な帰路から、自我論的に収縮していく艶美な思考から、短絡的なタナトスを謳い、永劫のしじまにとろける観念が冷酷な支配をくぐり抜け、偶像崇拝を終え、到達する自己の解放を叫ぶ超越から、超人へと移行していく本質から、硬度は与えられ、あてがわれるだけの真実に織り込まれる理由を唾棄し、ただ疑う関係から、注がれる観念に抽出する本心が投棄していく思いを拾い上げるべき寛容さだけが、こじれる精神を揺るがないものに変え、通り抜ける意味を捕まえずに、ただすがるだけの落伍者や、つたない思いを消費するだけの関連性に荘厳さを与え、飛び越えるとは、届かぬままに高まる思いを逍遙させ、誰にも掴まえられずに、分け前すら要らずに、ただ用いられる理由に照合される事も不必要であるし、要らぬ騒ぎも要らずに、ただ静寂に身を寄せ、動じる思いが、垂れ流す事になあなあにならずに、儀式的なものを捨て去り、自分というモニュメントに飾るものも要らずに、有する過程に用いられる原理に原因は、加速するだけの事実を観点に、結びつくだけの答えを押収し、何かを利用しようと企む事に重きを置き、趣を持たずに、主たる原因に磔になる神が用いる原理に姑息なものを用い、モチーフとされる疑念が欺瞞を生み出し、憤懣を謳い、固執していく意味に意思は妨げを生み、あてがわれる意志は些細な意味を用い、陶然と対立していく内心から、内面的な凝固を繰り返し、ただ用いられる事柄に反発するほどに魯鈍に変わり、ことごとくは寂れ、あいまいなアニマは、阿鼻叫喚を生み出すだけに暗澹とした印象から、統轄する事だけを目的に権威的なものは、物事を裁く事だけを目標にし、浸透する意味が心情を管轄し、ただ奪う事に重きを置き、応じる事を拒否し、ただ奪われる前に抑止するだけに欲望は加速する。