時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

緩衝

思いが尾を引き、そこに心残りを与え、たゆまずに強固な思いが、意味を貫き、ただ思う事に、重きを置く。始まりに交わる、と全ては途端にほどけ、空間に伝わる余韻がハレーションを起こし、一切に敷衍する。思いを持たずに、引き起こす論理から、君があふれる。側で眠る気圧や、季節を証拠に残し、開封された思いが中空をさまよい、さよならを拡散させ、原料は、侘しさや、蕭然たる余韻であり、対立する意思が、判然と募る意味をペーストにし、こしらえる間から、安易な動機に甘みを加え、クリーム状になった意識が、生地に挟まり、誰かに食されるのを待つ間に、愛だけは、互いに緩衝し、分かち合い、受動的に新たな息吹をそこかしこに授け、創造的なものを、試験的に生み出していき、互いに愛を供給し、栄養を補填する。あったはずの愛も捨ててしまい、すこしの心残りも消え、今あるのは、確かな孤独だけであると、浄化される精神が煮込まれ、加えられる圧力に恐々としながら、惨憺たるものを戒律にし、加算される理由が悠長に混ざり合い、咎められずに、乱立する動機が逍遥し、保たれる思いが縺れ合い、権威的なものに屈するだけに、駆逐される精神は、成否を持たずに、ただ与えられた原理を餌に、弛む感覚から軋轢を与えられ、淵源に潜む憂鬱に支配され、さらなる闇を溜め込み、枠内に収まり、沸点を超えて、艶美に交わり、始まる思いが極まり、今に憚かる動機が収斂されては、収容された思いが軋み、季節に浪費される痛みから、今が兆しを持たず、ずれていく意識は、定期的な苦しみを繰り上げ、苛まれる思いが、身体を加速させ、減圧される意識が緩慢にとろけ、熱情する本質が、真実を損ない、到達する観念がいたわりを失い、盗用される論理が、高圧的に攻め入る横暴さを超克し、あらゆる理由を乗り越え、自らの意志だけで跳躍するために、孤独であろうが、辛かろうが、貫く意志についてくるのは、自分だけであるし、誰に何を押しつけられても尚、自らの意志を貫く限りに、生きる、という哀れから抜け出し、自ら突き抜ける意志だけが、屈さずに、屈託なく笑うだけに支える意思が、自らに染み込み、仕向けられる悩みごとから放たれ、自由に戸惑わされず、到達するだけに躊躇わずに伸びる意志が、君を進めるし、その場で屈さずに、進み切る間に統合されずに、投下される意志が、透徹を求め、自らの力だけに関し、外側の力に反し、権威的なものを欲しがり、牽引されるだけの権力に長じるだけの猪口才な由縁に嬲られても尚、互い違いになりながら、虎視眈々と狙う意志だけが、自らの力だけに介し、他者を乗り越え、照らし合わせるだけの対象と、悪趣味な善悪が打ち出す答えに合わせる必要も無く、何にも屈さずに生きることだけが、生きている、といえるし、やがて離反し、用いられる理由にわだかまりを残さずに、ただ発散し続ける理由だけが、漫然と詰まる意識に色彩を与え、状態に丸みを与え、間違いを正そう、と鬱積する理由に拘束されずに、攪拌される神経から、接続されるだけの関連性に連動する思念に溜まり込むジレンマを飛び越え、跳躍する意志が万端に迫る喜悦から、慢性的な痛みが、万世に帰宅しする胸の内から、私情を旋回させ、交わるままに阻まれずに、ずっと連なる意志だけが、清貧さを超え、跳躍する意志が月日を持ち上げ、考えるだけに生まれた寂寞に課せる動機から迫る理由に支配されずに、羨望を重ね、物事をちぐはぐに崇拝するだけに連なる意識が勘違いを与え、間違いを正さずに、ただ屈するだけに至り、愚鈍な理由に飢渇する思いが、乾いたままに終焉にからまり、偏る意思が用いるジレンマから、慢性的な痛みを放ち、はびこる動機が幸せを謳う理由が漏洩しては、心情に疎外され、挑発されるだけに阻まれる今に統合されるだけの道理に告発を続ける思いが幽遠に悲観し続ける思いが枯渇しては、修繕される想いに関与する余韻から寂寞に迫る関係に生じる想いが証拠も残さずに過ごす面影が、全てを捨て去り君に帰還するまでに擦り寄る動機がマグマになり、緩慢に馳せる想いが余韻に変わり、状態は孤立し、受胎する詩的な相克から、正しさを謳う緩慢さから、緩和を用いる惰性な真理から、心情に逃避を謳う傲岸不遜で、厚顔無恥な輩が支配するだけの世界に重ねる芝居から抜け出し、私は、私であるのだ、と突き抜ける意志だけが正義と言えるし、正義と呼ばれるだけの正義に反し、緩慢に混じる動機から渾然一体になり、担う理由に反し、短絡的な要因に誘引されるだけの痛みを原因に変え、誘発する理由から、堕落した動機を生み出し、今に退廃し、背反せずに、背徳を謳わずに、いたわる先に移行していく意思が、物事の確かさを形成させるだけの形而上的な物資を引き離し、貧寒な動機に妨げられずに、完全性を取り戻し、統制されずに、分裂したままで、従わずに至る勇敢さだけが、優雅に今を渡る。