時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

干渉する動機

ゴミ袋で出来た神を崇める退屈な街や、関係を奪うための喧騒や、関連を奪うための戦争に対して、物事を構築する事でロックする感覚が打ち鳴らすディストーションが隔てる意味を破砕するまで、戦うのが、革命である。夜になれば、星の独り言を聞いたりして、純然たる意識は消えること無く、今に詩情を残す。得られるものを得るのでは無く、得ようが無いものを得よう、ともがいてみる。私が戦うべきは、正しいものでは無く、正しい、とされるものである。抱き合い触れ合えば、分かち合うことばかりだ、とカルマを吸い取る怨念が捻出する倫理観に連動して肉薄していく思いがブレインを刺激し、隷属する影に行き果てる思いに十全とした聖域を用い、理想を供給するだけに接続される正義たるものが観念を損ない、ないがしろにする瞬間に理想は、帰巣される思いに従属するものだけを、血族関係と呼び、有する価値にカタストロフを生み出し、はみ出す思いに形有るものの恐々とした懺悔を請求するだけに、この国家たるものを継続するだけの観念などが、概念を侵略し、そぞろな意識に従属するだけの事柄に隷属すべきなのだ、とセオリーを打ち立て、問題に答えを求めるだけの出来合の真実の経路を用い、誘導するだけの形を構築するだけに堕落する思念が、昇級などを求める階級制からエクソダスし、散漫な意識の奴隷としてシミュレーションされる問題に加速していく思念は、接続されるだけの価値に形を残すだけに、曖昧な理想を供給するだけの関係として今に演じる悲劇を用い、消息を絶つ現在に用いられる存在などが、拘束されるだけに存在として厭うだけの形有るものの悲劇から、緩衝していく間柄に注がれる思いが受理する記憶に映像は固執するだけの思いを今に隷属させ、汚穢を吐き出し、荷担する道理に同率などと促す限りに陰る思いが収斂され、起動する思いも、面影にくらまされる悲劇から、過去を流動させるだけに本質を損ない、生じる由縁になびく思いが、延々となびき、有する価値に求められるだけの身体に唾棄する思いが、面影に固執するだけの過去に生じる実感をそこかしこにまき散らすだけの惰性さに染みいる世紀によじれ、自らを水増しし、損なうだけの指針に左右されるだけの軋轢に興じ、混沌としていく意識は修繕されずに、そこかしこで継続されるだけの憧憬に馳せるだけの隷属から、効率良く混ざり合う事だけを謳う扇動から、照合されるだけの若いというだけに荒れる苦しみから、根幹は、卑俗なものを受け取るだけに受け入れる価値を用い、同調圧力へと移行していくだけの一般論や普遍性などが、制圧していく現在に余力すらも無く、吸い取られるだけに失せる思いは、超然とした観念の域に関するだけの調律を行い、音程を正させた変拍子たちは、ただ合わせられる事により、正しい音として抱き合わせられる事への苦しみに流動するほどに合わさる思いが魯鈍なものとして指定される義務に関係を寄せていき、有する形にマインドは、寂寞に毎日の疑念を走らせ、現前に果てる動機が傲慢さ差異を用い、形に誘導されるだけの家畜として、疑念を持たずに、今に請求されるだけの思いを接続していくほどに、空疎な域に脱する事を知らずに、合わさる思いの強度を増さずに、まさぐるだけに嵩ましされる思いは、互いの虚偽をくすぐるだけに恫喝していく今に陰鬱な衝動をため込み、構築されるだけに些細な言動は、浩然と蕩蕩とした心持ちで永遠を数え、響くだけに敷衍していく意識がのびのびとし、能動し続ける限りに失するだけの身体に別れを告げ、滲む思いは、刃向かうほどに始まりに極まり、たじろがずに生じるままを自らとして受け取り、閉じる思いは、この身を焦がし、溌剌と超越していく先先に行き止まりになり、成り代わる思いは、蕭然たる様相でたちまちに緻密な理由を用い、強要されずに、今に注ぐだけの情念だけが、情熱的に物事を押し上げる。

たちまちに降り注ぐ興奮から、幸福論を打ち立てるだけの欺瞞を壊し、歯がゆくもだえる寂寞に帰るエゴから、淵源に果てる思いが、いぶかる事無く、遠因に打ち立てられる言葉に介し、あらゆる慟哭を受け入れ、経過していくだけの今に損なうだけの時間に置いていかれる事も無く、今に至る原因に果てる事が世界としての正解でも無く、ただ用いられる事に領土を用い、結合されるだけを関係とも呼ばず、要する形の傀儡として徘徊し、這いつくばる思いに阻まれるだけに行き先に投じられる事に逃走していきながら、分裂的にえぐる先先に永遠は産まれ、阻まれる事も無ければ、広がるだけに習性を引き裂き、貧寒な理由で理性を作り上げるだけのデカダンな意味に投じられるだけの堕落した思いに照合されずに、投じられる問題にアクセスを繰り返すだけに利己的な私欲を今にふさぎ込むだけの原理に倒錯するだけの理想に強要するだけの権威的な何かに貧富の差を持ち込まれ、こじれる辺りから、用いられるだけの価値観で陰鬱に至るような悲劇を打ち倒すべく、何事にも引っ張られず、自ら選ぶ出来事だけに溌剌とした思いが巻き込まれ、阻まれずに先先を討ち取り、理念を用いずに、ただ自然としている時に選ぶ事も無く、おざなりに流されるのでも無く、ただ届かぬものを、届かぬものとして物質化されるだけのエゴをくぐり抜け、物事の価値などの家畜として食わされる餌を蹴散らし、自ら鋭くえぐる先に確かなものすら無くなるほどに走り抜ける。