時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

深層心理で孵化する罠

愛は、永遠化せずとも、その場で確かに愛を踏みしめ愛を永続化させれば、その愛は、永遠では無いのか? 君の声も程遠く、何故か、と促す問いも、幽遠に引き込まれ、自らの痛みを答えに変え、すべての若くて軽薄な者は、強い者にあこがれ、自らを見失う、と謳う海鳥たちが、チグハグな昨日に悠然と立ち向かい、泰然として抉られる今に瀰漫する不満足も、機械的な神をも隔てる一大叙情詩が降り注ぐ。加熱された精神は燃え尽き、思い、考えるという行動は、遅れた技術に過ぎぬことを知る。愛とはうねり、互いを包括し、隅々に結ばれる愛が隷属から離れ、汚れなく、健気なままに至り、しみいる意味から離れ、たどたどしくも見過ごす幸福ならも離れ、すべてから自由であることを謳わずに進み、蝕む過去から軽薄なものを引きずらずに我儘に進む軽薄さに記憶を奪われ、権威的に配される愛が苦悩を蓄積され、抑圧されるだけの身体から離れ、未熟な思いが虐げる現状に装填される理由を撃ちこむ間に、培う理由が土に帰り、鋭利な理想を謳い出し、刃向かう間に立ち向かう態度が、永遠性を携え、対等さを謳う以前に、傲慢でいびつな自由を手に入れるよりも、抵抗力を高め、たちまちに退く言葉を信じずに、ただ君との間に生まれる恒久的な敵意や、理屈に長じるだけの原理的な言葉に主義を移さずに、大抵の異物感を取り除くロジカルな浪費から、力をため込み、短絡的な動機へと一巡する間に受理する事柄を往復し、応じる言葉に理念を移し替え、孤独に煩うよりも、頓挫しないように、孤独には慣れるべきであるし、そこになれ合いも無く、なあなあになるだけに義務化していく思いから解き放たれ、ああなる以前に、歯止めも無く自分の思いをそこかしこに広げ、不満なども無く、不平なども、意味に蓄積されるだけの幾ばくかの波形を携え、よどんだ思いが貪婪な思いを今に掲げ、重なる意味も、果たす原理に集められ、あいまいなままになまめかしく重なる名前に意味を授け、そこに領域を生み、生み出された境界線が、境涯を痛めつけ、考えつく痛みに鑑みる思いが横暴さを携え、鈍感で愚鈍な思いが超克しよう、と用途に漏れる木漏れ日にぬくもりも遙か幼稚な場面にセンテンスを求め、倒錯する時代的な緩慢さに緩和すべき譲与されるだけの無機質な身体や、無関心なままの思いが横溢しては、状態に固執するだけの観念を刷り込み、つたない思いが、破壊的な情事にむさぼられるだけの無垢な身体に禍根を生み出し、倒錯する原理に情感は、授かるだけの愛を子供として育て上げる間に露骨な支配が、現状を締め付け、孤立するだけの永遠のテーマが購うだけの理屈に所持する由縁がシンフォニーを携え、がらくたな思いをフラクタルに変え、対象として見つける相似する意味から偶像崇拝は生まれ、同調圧力を生み、同時多発的に迫る痛みが瀰漫し、不満足のテロリズムが抵抗を謳い、その場で与えられる暴力性が制度として、意味を瓦解させ、果敢に挑む者のこころを蝕み、無作為に与えられる痛みが怒りを生み出し、移行する気持ちを憎悪で統制し、統合される痛み意味は誇張され、行為そのものによじれ、受理する思いが、行いに粉々になりながら、内面的な暴利をむさぼるだけの至福が性格を歪ませ、元ある性質も、経路を失い、ただ別離していく真実をさまよい、最たる意味を喪失し、行為そのものに屈従する限りに硬質なイメージを携えず、ただ促されるままに流されるだけの観点から、浪費していく思いの異物感を取り除けずに、与えられたイメージにより、見目は変わり、見た目だけに与えられるイメージだけでその者を見続ける間に、意味は今に痛みを与え、預かるままに倒錯し、踏破せずに、その場に与えられただけの意味を受け取り、今に徒労を重ねるデカダンスが、神経質そうに疎外される現実に傲慢な差異を謳い、理想を腐らせるだけに最たる意味は砕身を促し、途端に否定的なもので埋め尽くす言葉がこじれ、怖じ気付く思いが、透徹せずに、投下される悪意に破壊し尽くされ、ただ交差する思いは、途端に空疎な思いを生み出し、今に見出すべき思いもねぎらいを忘れ、煩わしく結ばれるだけに無作為に示される悪意あるものに支配され、芝居を続けるだけの選りすぐるだけの観点に陰湿なものが迫り来ては、接続される意味に性質を与えるかのように仕向ける事から、ことごとくは隠遁し、沈積する思いのよどみを掬い、交錯する思いが超越を繰り返し、生み出される言葉が、正しさすらも謳わずに、ただ永遠性を用い、物事のモチーフを打ち倒し、自らの正しさを謳わずに、統制されずに、等差を用いずに、頭角を現す意志が純然たるものであるべく、状態を恥じずに、配備される意味を意義として受け取らずに、ただ生み出される意味にはみ出すからこそ、物事のギミックに支配されずに、孤独に議論を重ね、自分を問いただす間に、等差を用いる答えに支配されずに、物事に転換されるだけの価値観に利用されるだけの愛から離れ、ただ用いられる事柄に使命を授け、預かる思いを今に昇華させる。