時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

惰性

もぞもぞとうごめく秘密が、傷口を癒やす。物事に加える抵抗力が刹那に影響を与え、たちまちに増え続けるファシズムたちの意向が現実をくみ取る前に与え合う影響で崩壊していく精神が開示する運命も背くほどにほどよくほぐれ、縫合される傷口が、陰鬱な衝動を証拠に、攪拌され続けるシステム的な成合に激しい痛みを抱えたコンプレックスたちが、均等な位置に意味を残すなど、と促す限りに自我論に収まり、階級的な窮屈さに軋轢を加えられ、演技的に締め付ける意味合いにこじれるだけの意図に怠惰さを重ね、懐に重ねた痛みが形骸化していく思念にジレンマを授け、惨憺たる余韻に因果応報などを謳う限りに物事の負荷を与えられ、垂れ流す痛みが欺瞞を運び、不満足を謳うだけにデカダンな意思が用いられ、悶々としていき、指定される義務にシステム的な試験から、緩衝していく愛に出会わずに、邂逅すべき愛が、そこかしこで運命を謳う限りに陰る本質が、犠牲心などを謳い、端的な出会いは、契合を求め、儀式的な懇意へとさすらい、訂正されずに、締結していくだけの愛に同情だけが絡まり、関わるほどに零落していく思いが朦朧としていき、指定されるほどにほとんどの義務は、果敢に挑む事を喪失し、損なうだけに陰る本質に逃げ惑うだけの観念が零落し、浪々と泳ぐ君がつたない意思を抱え、観点を失い、ただ「注がれる」思いに注意散漫で、発散されるほどにほつれる思いは、懐疑的な論争を自己の内部で執り行い、性質を損ない、注がれる関係だけに注視し、明晰な意味を掴まえられずに、とりあえずとりとめの無いものに文言を与え、規制を加え、自己犠牲的に謳われる奇跡などに奪われるだけの価値や形を利用する偽善的な価値を謳うだけのカタトニーを抱えた神を利用する毒された者どもが磔にされるのを順番待ちにするようなテロリズム的な観念から、性悪説が謳われ、物事にカタルシスを与えずに、あてがわれた悪を利用し、利己的に支配するだけの芝居を続けるだけに追考する意思は、信じるべき神を信心せずに、親身になろう、と近づく者に利用され、自らの信仰の落ち度に気がつかずに、ただつたない思いが信じるだけの神をシステムとして、膨張する意思に軋轢を加え、破裂寸前にまで追い込み、そこにけしかける暴力的なまでに成長した信仰から抑止されていた冷淡な思いが発散され、一切は、暴力的なサイクルをめぐり、愚行を重ね、取り合う本質から、ほどよく入り交じる過程に無数の真実が、一切の暴力に捕まり、強制労働に従事するか、はたまた強制的に牢獄に入れられ、裁きを受けるのを、飢えたままで待ったり、嵌まる疑念に採掘される濃淡な悪意の石炭で燃え続ける憎悪が生み出すプロパガンダが、瓦解を促し、果敢に挑む者ほど、悪意に染まりやすく、たやすく感染者を増やすべき、同じ思いを大量生産していき、そこに型番を与え、プロットを授け、個人主義的な者がたやすく衆愚に陥る事を傍観し続ける者どもの至福から、私議はまやかしに変わり、利己的な者が技巧な者だと崇められる隙間に神話的な何かが思慮深く迫る間にシームレスな物事を渡る現在に駆けつける思いが疑念を晴らすためにギミックを解き、大抵の奇抜さなどは、物事との差異を埋められずに、何かを扇動し、その奇抜さを謳うほどに堕落する瞬間に果てる意思が、希望を謳い、何かを利用し、君をいいように使うだけに至るだけの制度から抜け出すべく、今に生い茂る官僚制的な性的な傀儡として、指定される義務を晴らすためのボタンを押し続ける受動性から離れ、脳内が求める報酬を義務的に押し続ける快楽的な意味から見出す意味などは、権威的なものが計画的に促す意味合いに見出すべき意味すら無い、と促す上手い話から、道徳は高徳を求めずに、ただ高次に至らずに、誇示するほどに、鋭利さは奪われ、物事に哀れみを用い、何かを謳うほどに、施される意味は、どこか空疎なものに変わり、物事におののき、事実の濃淡さに暴かれる定理などに照り返す意味を明かすべき犀利さを持たずに、最たる意味の管理下に置かれ、宦官になり、関わるすべてをすべき事のように仕向ける辺りから、緩和する意味が是正すべき点を求め、用いられることごとくに最たる意味は損なわれるだけに至り、いぶかる原理が、定理に基づかず、自分の意思で決定し、省かれても尚、自ら選んだ事に決意が備われば、どんな痛みにも耐えられるものであるし、得るものすらも、得た後には、得たという事実しか残らず、そこに現れる事などは、その場で影になり、過去になり、関わるほどに補填されるだけの重要度すら持たずに、押しつけられる価値に形があり、価値あるものだ、などと促される限りに物事に偏りは、生まれ、今に膠着し、凝り固まり、硬質になった意思は、ただ物事を否定的に受け取り、受け取る限りに濾過できずに、そのままで受け取られる意味は、底抜けも無く、ただあふれるだけの情報に溺れ、自らの意志を失うだけに至るのだ。