時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

言葉の物陰

言葉をどこまでも引きずっていく。物事の影で覆われた時代に這いつくばるだけの輩だけが、徘徊する掃きだめから、永劫へと疎外感を蓄えていく希望と孤独の隙間から、絶え間ないジレンマを生み出し、豪壮に長ける思いが永遠性を蓄え、たちまちにあふれる複雑な経路を越え、形容されるだけの価値観や、形だけの愛に懈怠していくシンドロームから、ちぐはぐな領域に備わるだけの無意味な今に備わる短絡的な動機にクラッシュし、破砕された思いがちりばめられる宇宙空間から歪んだ思いがカタストロフを用い、強請られていくほどに欺瞞をため込み、退廃的なムードにこじれ、抵抗せずに、たた揺るがぬ思いを用いぬから、偏りに示される値に緩衝しては、僅差を生み出し、対等な意味などを用い、互いを差別的にも散るだけの無為なままで場面を転換していく老子的な観念から、経路を持たずに自由すら謳わずに、備わるだけの愛に流されずに、ただちぐはぐなままに回路すら不必要で、思えばすぐさまつながる世界へと移行していっては、離れる思いは距離や位置を持たず、ただ伝わるだけの確かさだけで互いに反響し、そこかしこに威力を与え、フォースを用い、確かな行動へと移送させるべく互いの背中を押し、応じる答えに与えられる栄誉や、永劫すら観念に果たされるだけの義務へと押し込まれる劣等感へと裁かれるだけの懈怠する身体を傍観する離人的な繰り返しを重ねるだけの軽薄な関係が浸す意味に支配されるだけに隷属するだけの支配へと移送される身体は、他者を媒介してしか存在を示さぬような離間をさまよう形だけの身体は、自分を軽く扱い、書き込まれる意味だけを受け取る軽々しい思考を用い、あるいは獣や化け物として、ひとの皮を被った悪魔的な呪詛を繰り返す者か、ただ理解力を持たずに、暴力的にしか示せぬ馬鹿者を生み出すだけに至らせるだけの性質だけが、物事に生死を与え、戦くほどになびく意味合いが、期月を封じ、ただ暗澹としていく意思から、凄絶な意味を蓄え、ただ短絡的な動機に至るだけに染みいる理由が楽天的に踊ればリベラリズムに踊らされるだけの自由主義者が生み出す夢想から離れ、十全とした一貫性で自らが行う事に永遠性を含ませ、恒久的に屈さぬように、強固な思いを蓄え、超人的な理想を用い、狂騒に掻き乱されずに、儒教的なものや、キリスト的な同情のまやかしに騙されずに、自らバビロンと対峙し、ただ降り注ぐ恐怖に立ち向かい、ただ抵抗や革命が売名に終わり、ただ偏るだけの思想へと移行し、移動する思いは、短絡的な暴力へと陥り、テロリズムへと移行し、ファシストばかりが、世界を変えよう、と躍起になるような用途に愛は無く、ただ儚くちりばめる理由に致死量となるイメージを運び、そこに怒りを媒介させ、情念の煤塵降り注ぐ俯瞰から空間は利用されるだけの形を用い、驕傲な者が生み出す制度から、制約は虚像を用い、競合されるだけの価値は偏りを生み出し、終わらない戦争へというわだかまりの言葉から、終末論者がうるさくつきまとう現在に示される世界などから締め出されるべきであるし、用いられる世界とは、他者に利用されるだけの世界として空間を配置し、作られたもので動くものでしか無く、自ら動こうとするほどに、動かす者の罠に嵌まるような欠如から、自らを欠落し、支配されるだけの便利な身体がマゾヒズムを抱え、重なるものに報酬系の信号を送る脳内から麻痺した観念が契約を済ます現在に浸透していく依存心だけが、中枢を刺激し、浸透する思いがシンドロームを用い、快楽を促すほどに軽快な利息を支払うだけに至るような人工的な自己から、ジオラマ化した自我から、過疎化していく思念の区域に降り注ぐ爆弾から、未済の身体に支払われる死は笑い、割に合わぬ精神は、崩壊に向かい、向き合うべき自己も無に消え入り、陰湿な支配は、戒厳令を敷き、あらゆる抑圧を現在に用い、用いられるすべてに君は気配を持たずに、支配されるべくして、支配されるのだ、と諭す間に整合される答えは、問題点を生み出す者を徹底排除し、用いられる意思とは、他者と同調すべきためだけにスペックを明かし、すべてを解き明かさぬように、アカデミックな者から支配の経路を生み出し、あらゆる論理は、用いられる権利に利用されるべく、些細な物事に権化を生み出し、根源を探らぬように、互いを示す意味すら麻痺させ、愚鈍な者こそ、確かな対価と、確かな成功を約束する、と嘯く現実から、原理的な就労から、浪費するだけの労働は、雇用という制度に疑いを持たずに、ただ高揚感を求めるべく心身的なマゾヒズムが愚弄を重ね、愚行によじれ、自らのオーガズムにより腐る、という現実に向き合わずに、斡旋されるだけのサクセスストーリーが離反を用いずに、ただ成功という枠の中で支配されるだけの欲望の独房の中で叶える是非などは、是認されるだけに認識される事を認可しているに過ぎない、という小さなものの中で収まるような出来事を、あたかも深いもののように示す事から、自らの過ちは正されずに、今を引きずり、過去を今あったように騙るだけの阿呆に成り下がる。