時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

さすらう身体

理不尽な奴らが、理不尽な教育をほどこし、楽しむべき意味を喪失させ、孤独に媒介し、たむろする輩が卑下するあたりから、一切は枯渇し、考える事を失わせる。考える先に導く答えすら、偏りや、くたびれを授け、思う事を邪険にする。なぜ、貨幣でしか交換できないのか?そこには、互いの信用は、貨幣的な価値に趣きを与え、主たる意味を排除し、あらゆる疑念を、そこかしこに生み出す。生み出された疑念は、ルサンチマンを引き起こし、あらゆる権威的な者や、資本家などを恨み出す。忘れないように、と習慣化し、儀式化され、落とし込まれた意味に収奪される意思が、薄弱な精神を、聖域化させ、孤立していく。愛無しに快楽は生まれず、短絡的な快楽は、無い愛を追いかけ、満足できぬから、快楽だけに溺れる。未知のドアを蹴破り、時間の扱い方に収斂する思いが世界性に連動し、次々に、新たな意味を解き放つ。幽遠に濡れる言葉が万物に伝わり、硬質な思いが伝わり、たゆたう記録や、引き出される思いが性質を生み出し、多幸感を生み出し、優雅に敷衍し、たしなむ意味が行間を愛で埋め、明晰な由縁が抽出され、導き出される記憶から、着膨れする思いが終焉に巻き込まれ、号哭を繰り返し、惨憺たるものが絶望を生み出し、腐り切る思いが殺伐としながら、しなやかに跋扈し、軽やかな意思が収斂され、世代間を超え、世界観を超越し、交わす言葉が純粋になり、満たされぬ思いが軽さを取り戻し、飛び立つ準備をし、むすばれる刹那にのびのびとし、豊かなものは、自ら生み出す動機を勇躍させ、あらゆる現実を健気にひるがえす。


代償を支払う理由すら、権利すら謳わず、潤う思いが拡散され、寂寞に踏み込む意識が、悠然と手向ける思いが刹那を生み出し、短絡的な動機を超越し、超克していく限りに攪拌される思いが超越し続け、超然と生み出す余韻が確かなものを生み出し、託す言葉を引き出し、退廃的なものを掻き消し、軽快に結びつき、手入れを加える時折に蔓延る思いが敷衍し、変化を出迎え、思いに抵抗力を加え、空白を歪ませては、融合する動機が、訂正を加えずに、響き渡る思いが純然たるものに変わり、介する動機をあてがうだけに、自らの軌道は失われ、何かに左右され、指図されるままに従い、行き着く果ては、排斥する動機が、道理を突き抜け、懈怠する前に飛び越え、興じる思いが、ことごとくの正しさを促し、恬淡な動機が、道理を拾い、解析される思いが中庸を求め、偏執を謳うものから、悶える思いが動機がちょうどを求め、幸福を求めるほどに逃げ惑う意識が跳躍を繰り返し、軌道修正をほどこし、混沌とする思いが堆積し、輝く心情が不死鳥のように舞い戻り、あらゆる原理を荘厳に超え、拘泥するだけに堕落し、陥落する理由に頓挫しては、ファシズムに至り、鬱々とする記憶が激動を呼び、昏倒するな意識が、革命を勘違いし、先天的な悪意が引き込まれ、希望を謳うほどに、施される悪意が亀裂を生み出し、だんだんと迫る思いが、同じ出会いを弄り、悶絶する意識がレイシズムを生み出し、蔓延る悪意が収斂し、世界という汚穢を生み出し、堕落するだけの思いが混沌とし、高揚する意識が傀儡を打ち倒し、耽溺する意識にすれ違い、寸前に生み出される言葉が枯渇せずに、センテンスを用い、もたげる思いが急成長を遂げ、咎めずに用いる事が、確かなものを生み出し、勝ち誇るよりも、誇らしく見せつけるよりも、見つける意味が、浅はかなものを超越し、切り取る意味から、君が逸脱し、何にも使われず、掴まれずに、頓挫せずに、嵌め込まれずに、はみ出すからこそ、当てはめるだけの未来から抜け出し、自らを超越し続けるからこそ、傀儡では終わらずに、自らをくぐり抜ける事こそが、姑息な標記を引き抜き、自らの意志だけが、明晰に物事を掴み、生み出す意味が見出す未来だけが、今に確かさを生み出し、受け取る意味が、確かなものであり続ける事こそが、物事の姑息さを超越し、躍動する意識が喪失感などを飛び越え、あらゆる論理を打ち倒し、たゆまずに続ける意志が最たる意味を突き抜け、手放すほどに、羽ばたく意思が、物事を素晴らしくし、些細な出来事に神格化されるだけに憎悪が増やされ、大罪を謳い、宿命を用い、何かを奪うだけの交換が繰り返され、介する愛が深まり、君との永遠に嵌め込むコアすら要らず、ただ合わさる心に嵌め込む儀式すら不必要であり、謳われるストレスなどを用い、受け取る意味が悲鳴を吐き出し、破壊的な情事へとエスケープし、頓挫し、凝縮された悪意にさらわれ、自らの安易さに躓き、恙無い思いに悶える意識が黙々と、多目的にむすばれる行為から離反し、綴る意識の半径に放たれる純然たる思いが、覚醒を目指し、無数の鈍麻なものを引き込み、物事のモニュメントを倒壊させ、労働的に退廃するだけの理想の根を引っこ抜くよりも、多目的に分裂的にむすばれる行為に引き取る精神性すら無く、自らが生み出す意識が、儀式化したものを、打ち倒していくの、だ。