時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

享受

どうやっても、見誤るのが、恋である。見誤ったものすら、許すのが、愛である。その愛を失っても尚、惰性に続ける事の諦観せまり、すべてを無駄に過ごす。寸分変わらず、永遠回同じ時を愛する事ができるか? とニーチェが促すカタルシスが、永遠性を、その場に蓄え、背伸びする思いが昇華し、素粒子単位に分解し、理解する以前に分裂し、愛をもって、すべてを愛し始める。美しい旋律を抱え、みすぼらしくも、素敵で盛大な意思で、あらゆる原理から、超脱し、はびこる意味をつんざき、豊かな思いを募らせ、現在に至る描写が、生命を輝かせ、淵源に長ける思いが、この刹那に息吹き、求め合う動機が静寂を飛び越え、朦朧としながら、しなびぬ思いが慎ましく、今を結び、至る思いが、静謐を飛び越え、矛盾した思いを翻す。美しい文学に触れ、ねじ込まれる思いに従事する君が凄絶な時をあやめ、冷厳として今に追憶を重ね、混淆を繰り返し、カルマが肥満化し、仮死化する思いを覆い尽くす暗雲から、消費されるだけの愛を俯瞰にこぼし、偶感へと変え、思いはいとわしい現状を越え、猥雑な思いを堆積させては、対象とすべき意味に自然性を与え、全容に欠ける思いが憐憫を携え、照合されるだけの思いを移行させては、正常な意思などは、現状に与えられるだけのためらいを堅持しては、誇示する意味にこじれる移動から、一貫した意味を吐き出すだけの愚行を重ね、状態に受理する思いも、収斂するほどに連動する意思がするりと抜け、能動し続ける限りにシステムに逆らい、死すらも乗り越え、行為に溺れずに、続ける意思だけが、意味的なものを飛び越え、等差を用い、交錯するだけの現実に反し、かかずらう意思に生涯の切片をつなげるだけの打算を終え、散漫な現実に迫る戦地や、リベラルな思想が高じるだけのエゴイズムから、延々と証拠を残すだけに堕落する今から、磔にされるだけの自己との対話を終え、枷を外し、世界性から抜け出し、淫蕩な意思を震えさせるだけの孤独に介するだけの理解を撥ね除け、陶然たる様子で淫靡な結末に残り香を残し、こじれる後から理性を損ない、段階に隔てられるだけの理性を完結させるだけに補填される意思から、意味は簡潔的な生死を描写し、捏造されるだけの神話を飛び越え、自らに帰結していくだけに、開ききる思いが刹那を飛び越え、倒錯する思いが錯綜せずに、性差を飛び越え、受理する動機に意味が染み渡り、短絡的な動機に代償を謳わずに、起源を持たずに、自らに帰り着き、あらゆる原理を捨て去る辺りから、愛も敷衍する。

ほとんどの運命の底は抜け、そそのかされる意味にカオスを用い、化合される動機に退嬰的なビジョンを与え、全体主義的衆愚へと陥るだけの愚かさを仮装し、飢渇するだけの意思は敢行されるだけの意味に相互交換され、構造的に配される今から情事に迫る愛は封緘され、空間に送られる意思として、今に損なうだけの思いを流動させ、措置する思いが、生じる由縁に蔓延るだけのさざ波として、空間に心地の良いものを運び出し、蔓延る意思が情理に反し、ただ備わる由縁に構築される要理に関し、災いを転じるだけの道理に感傷を用いずに、地層に与える年月よりも、現前に触れる意味に増やされ続ける確かな思いだけが、豪胆磊落に至る今に注がれる寛容さだけが、最たる意味を傀儡として備えずに、相似する思いに行いは控除され、行為は、元々のものに関わるほどに、自らの窮屈さに苦しみ、疎外されるだけの寂寞に敷衍する思いも、硬直するだけに至り、行為にこびるほどに、ほどけぬ思いが包容されずに、行為に硬直するカタトニーから、起源を謳う憐憫や、同情が不潔と汚穢を用い、賄賂を与えるだけの関連性に過激な思想は逼迫する精神に与えられ、暴力的なレイシズムを携え、反抗に至るだけに敢行する意志は、確かな力を用いずに、偏るだけの意志は、偏るほどに、自らの意思に沈み、しじまに消え入る本質も、ぬぐわれずに、ただストーリーに欠乏していく苦しみに繰り返される意味が瀰漫する不安を帰属させるだけの系列や体制へと蔓延らせるだけの拘泥から、姿勢を失い、ただ要するだけの形に自らを膠着させ、唾棄する思いが、根幹を腐らせ、駆動する意志も、草臥れた意味に関わるだけに愛されよう、と強請るだけに、本当の愛は消え去るだけに至り、自ら愛するように出向かなければ、その場でその愛は朽ち果て、駆逐され、草臥れた自己は、利己的な愛に調べを残し、残影に果てる距離に、用いる軽薄な存在は、迫害されるままに至り、終わりにひしめく思いが軋み、ゆがみは生まれ、空間に弛むだけの他者を介した批判的な自己から、能動していく思いは、応じる答えにアイロニーを残し、切片に塗りたくる思いが堆積させる苦悩だけが、今に旋律を与え、こじれる意味を反響させ、今に苦しみ、染みいる思いが冷酷な情理に迫り、誠実さを謳うほどに、意味を喪失し、荘厳な意志を持たずに、浅薄な者が謳う現実に意志は、扇動されるだけに過ぎず、その償いを求めるだけの戦争を繰り返す。