時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

バビロンに下す鉄槌

人間の終わりがひしめき、法治国家の終焉が染みいる現実から、姑息な収斂を下すだけに肉迫する私論が、前衛的な私情を携え、延々と演繹する隙間に瀰漫する不満足を取り除き、ロジカルな住まいへと移行する思いが、歯止めも無くこみ上げ、固執するだけに生涯は、切片を求め、誰かとの統合を目指すだけの接続を試み、姑息なものの譲与こそが、常套句を生み出し、物事に正しさを押しつける事への抑圧を今に生み出し、改ざんされるだけの抑鬱から、衝動的な観念は、関係性のまどろみへと吸い込まれ、混淆される意識は悲鳴を上げ、カタルシスを促す傀儡や、機械兵たちが促す愚鈍でプラトニックな意味に変換されるだけの血みどろの支配から、散々な道理を促すだけの加速する現在に過去は枯渇するだけに至り、陰鬱な照合を反復させ、頒布される思いは、品位を謳うほどに、階級的な意思が加速し、すべてを枷として捉えるだけの退屈な人間性だけが、国家の中で欺瞞を携え、そこに加えられる抵抗から、反動していく意識は、革命を謳い、独善的な意思は、今に暴力性を携え、屈折した意思へと連動していくままに帰する意味は、加算されるだけの原理を抑圧させるだけの心身に破裂するジレンマから、自転は逆回転し、破壊し尽くされるだけに至り、来すイメージは転々としながら、散漫なイメージをシナプスを介して送り込まれる脳内へと充填される思いも、ただフラストレーションをため込み、爆発する怒りが掻っ攫う動機が、豊かなものを奪うだけの欠如を設立させ、物事への切実さを奪い、短絡的な動機で傲岸不遜な人間という哀れを生み出し、切実さを喪失し、説明される範囲だけを世界として捉える事により、その人間たるものの狭さに押しつぶされるだけに至り、陰鬱なものを抱え込んだ意思は、混濁する今に表現すら残さずに、交錯する現在に締結していく思いが高揚感を損ない、心ないものに促されるだけの何かに支配されるだけに気配を隠し、攪拌されるべき愛へと移行せずに、選択権を用い、こじれる後から豹変するだけに攻撃的なものに変わり、拘泥するだけに明け暮れる意味から、今は答えを不潔なものへと変異させるだけに僻地へと移動し続ける孤独から、固執するだけの正義を用い、何かを支配しよう、ともくろむ用途から、幼児退行的な意識は、印象にこじれるだけの意図を利用し、良俗の風景などを謳い、何かを統治しよう、と攻め入るだけのファシズムを生み出し、統合される現実に堅持する意味などは、独善的で独裁的なものしか生み出さず、それは生むという観念では無く、ただ還元されるものを収め制圧するという観念に継続する意思が権威的なものに戦き、統轄される原理が理想を用い、投影されるものを本質として認識するだけに至る原理などに本質などは無く、ただ与えられた影響にただれるだけに組み込まれる意思がはぐくむべき意思を捉えずに、今に途絶え、とぼしい熱情を繰り返すだけに陥落する関係性に居心地を求め、いたわる事を忘れ、煩わしい闘争へと至るだけに諦観し続ける間にトラウマを授け、間違いを改めずに、ただ物事に迫る是非に帰任するだけの身分などが、分裂を誘い、歯止めも無く逃走し続けるだけの思念が淵源に潜む汚穢を掬い、ひたすら嫌悪するだけの戦争へと移行し続ける限りに用いられるナショナリズムなどは、浅薄なものに過ぎず、そこに現れる事などは、ことごとくを統治しよう、ともくろむ権威的な支配に陥るだけの嫌疑を司る法理から、理性は、はぐくむべき正しさを用い、何かを制圧しよう、と君に攻め入り、生命的な語源を喪失させ、相互交流すべき正しさは、すべてをすなどり、互いを恨むか、うらやむかに至るだけのうやむやになる正しさは、次元と時間を用い、その場で屈従すべきなのだ、と空間的な支配から、関係性は、権力的なものに統合され、統治されるだけに至る国家的な地続きに立ち並ぶだけの鈍磨な獣として、指定された義務で支払いを続けるだけの観念に継続していく思いが、衰退し、退廃していく限りに過剰な負荷を与え、怠惰な理念を吐き出すだけのテクストを信じ込み、崇拝するまでに至り、誰かが騙る事こそが、真実なのである、と妄想し続ける事に生まれるジレンマから、曲がった者を大量生産し、誰かが促す悪意こそが、正しいもののように思える快楽が脳内を循環し、巡回する意識は、何か誤った者は無いか?誤った考えを用い、こちらを否定していないか?と探し回るだけの餓鬼どもの私腹を肥やすだけに至らせるような悲劇的な観念などが、短絡的な関係性を謳い、同調を誘うだけに言い放つ肯定が、契合を誘い、啓蒙には至らず、ただ流される言葉を、自分のもののように扱うような者が統治するだけに、淘汰された善悪は、新たなものを形成せずに、ただ介する間に統治を繰り返すだけに継続する悪意が、昏迷させるだけの世界を世界として認識させよう、と強制するだけに、そこに加えられた軋轢に屈するだけに至るだけの人間を、人間として認識する限りに、人間などは、人間として腐るだけに至る。