時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

意識の波形

すべてを、知ったような気になってはならない、と告げる老婆がチクチク縫うリアリズムに透過していく帰り道に見つけた雲の褥が、アンニュイとした感情に落とし込む原理的なホログラムに都会に疎外され、肉薄していく環境的な矛盾に、無邪気に笑う思春期の静かな暴走や、プログラミングされた現在に打ち出された情報などが提示する事の貪婪さや、卑賤さに嫌気がさした私は、一切の渇きを癒すこともせずに、設置されるセンチメンタルなメタファーの返り血を浴びて、アンダーグラウンドな活動にひた走り、佇む思いが、ビジョンを瓦解し、果敢に挑む感覚だけが、創造性を用い、すべてを破壊するとは、創ることを補うものであり、そこに何かを満たそう、と用いられる疎ましさに反して、自らを正すような企みが今に帰結していき、行く末に孕む事が永遠性を捉え、神秘的に至り、すべてを調和させる事で、何かは何かになり変わらずに、自らを自らとして翻しては、新たな試みに転じていく。私に接続される刹那が微力を携え、安易な世界を手なずけ、懐かしむだけに無残な時折に間違いを突きつけ、点在する日々に間違いを促すだけの否定的な観念が、独り言を携え、孤独な独り言は、コアを喪失し、空間的な不安を揺るがし、呪文のように、木々と対話し、自らの危機感を訪ねる明白な時の革命が、私を照合させるだけの要理に補足を加え、混同する意識に加点を与え、句読点で区切るだけのいたずらな時に支配的な思いが、横暴な投棄を繰り返し、健全とは、ただ対するだけの物事に懸隔を与え、高じるだけに至る怒りから、痛みは生まれ、奪うだけの関連性に連動していく痛みが、陰鬱な衝動を加え、こじれる後から、愛惜を携え、剣呑な事実に移行していくだけの分針をつかみ、分裂する時間に引き込まれていくだけに満たない存在の軽さに屈折し、不当な事実に巻き込まれ、軽々しい思惟は、ふさぎ込んだ示唆でもって、もつれる自己に軋轢を加え、象徴される信仰を砕くような一撃でもって粉砕される主義思想が、昏倒する意識の過程にもたらすファイナライズから、断交していく形骸化したプラトニックな経済が、演繹と性善説を纏い、悠揚な史実に迫るだけに、贋物の時代というものが、愚かな事を形成し、驕るだけの社会性などが、大衆性をもじり、暗鬱な衆愚へと感性を捨て去り、ただ流される事を流動するなどと促すだけのマゾヒズムたちの暴走が、ノマドなどを謳い、観点を喪失するだけに、早熟なエゴは、横暴に物事を食い散らし、草臥れた観念が、加勢する動機に簡明なものすら無く、ただ高次に至らず、高尚に至らずに、ただ思考に点在する意識に繰り返し自己暗示するだけの軽々しい考えが、自己啓発などを謳い、啓蒙に至らず、哲学的な深淵を覗かず、ただ浅はかで浅薄な意識は、短絡的な行為に基づき観念を汚す事だけに偏り、衆愚が生み出す凡庸なプロセスが、全体主義的な扇動と専横と洗脳へと展開していく限りに、鍵が無いから、と無理矢理にこじ開ける軽々しい考えが、虐げるだけの意識の拷問から、交互する意識は、食い込む限りの鞭の痛みに、耐えきれず、兼ねるだけの意識は、観点を喪失し、ただその場で浮遊し、無重力だなどと促す魯鈍な価値から、大破局は生まれ、こじれる後から時系列は、末端に退き時間にすら残らぬ存在の静謐へと移行していくだけのプロセスに転じ、後ろめたい言葉に吐き出される関連性から、連動していく自らの否定的な還元へと憂鬱さに執行されていく意味合いが、近景にまどろみ、その場で朽ち果てるだけの景色に形式だけを残し、そこに心残りや、残り香や、呪いなどを落とし込み、応じる個体にすら、白々しい存在の軽さに懐疑的な認識は、受理すべき答えを喪失し、損なうだけに還元される言葉の重みに耐えかねず、加算されるだけの原理的な制限にふさぎ込み、抑圧された観念は、思考力を損ない、ただ促される言葉だけを頼りに、答えを慟哭させずに、快活さを損ない、自らを喪失し、命からがらに逃げ出す本性も、贋物の価値に騙され、まどろむ失意に昏倒していくだけに堕落する本質は、真実を見失い、終いには、しどろもどろになる観念に関係性を打ち出すだけの惰性な意味合いから、均等さを奪われ、浸透する意識に可決される問題点にすら、惰性に兌換されるだけの価値が、用いるカタストロフに安直なデータを重ね、閑散とした散々な主体が死体化するまで加算される原理に証拠を残そう、とそこかしこに依存するだけの存在などは、その場で存在を損なうだけに満たず、その場で消え去るだけの価値を加工し続けるだけに満たず、その場に現れる言葉に偏るだけに満たない精神が、至らぬままの自分を追従するだけに打ち出されることごとくに配する間に用いられる原理に交合しては、妄りな行為に耽り、献体としてその場で差し出される軽々しい心身が、誰彼かまわず今に汚されるだけに満たないレジスタンスが暴走し、レイシズムに移行し、いぶかる現実に持ち込まれる民族的な観念に惑わされ、物事の本質を見失うためのサクリファイスとして自らの献体を傍観する離人的な死者として、今を傍観し続けるだけに終える。