時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

猥雑

音色に瞬く蜃気楼が、かすむ余韻にひらりと影を落とし、さすらう記憶に遺伝子からの悩みごとや、高度成長期の光化学スモッグや、統合される記憶に慢性的な痛みを瀰漫させ、俯瞰に注がれる不満足の形影や、陥落する思念に受理する豊かさに欣然として死地に赴く的な帝国主義的な輩や、簡素な理由に趣を授けるだけに、主体性は、大衆的なものに偏り、全体主義に陥り、監視社会的な轟音が近づき、生きる事を妨げるだけに、鞍替えするべき今にハミングする由縁が、チクチクと傷つけ、けだるい描写に織り込まれる意味が、君にすり込む理由などを内戦化させ、激戦区となるこころの中の倒錯から、はみ出す思いが距離感を生め、静謐によがる性質から、観点は、暗鬱なものを消費させ、暗澹とした主体に措置される故のほころびから、刃こぼれする思いが、興じる由縁を切り裂くべく、その収めた刀で互いを傷つける間に看守と囚人的な役目を放つ権力装置たる社会と監獄との距離感に虚偽が生まれ、誰もが罪を隠すべく、被害者面して、寂寥たるものを超えるもののように超越を謳い、今に嗚咽を重ね、隠れて泣く君の姿も無く、儚く鎮座する行方は、隔世に欺瞞を与え、不安を謳うだけに占うべき確かな未来も、今に起源を残し、行為に順序を与え、制限を与えるだけに還元されるだけの関係性に制度を与え、整合されるべき主体性に生後から恨みを重ねただけに強請る思いが、競合を重ね、還元されるだけの間柄を清遊し、融合される時折だけに貢ぐ物事から、物語は、硬質なものを携え、安閑にひしめく流動的な疎外こそが、孤独を育て、惰性な締結を求めるだけの合否を飛び越え、善悪に緩衝するだけの互いの理論を超越し、即効性のある抗生物質を打ち込み、自らの悪意の細菌を隠滅させ、印象に残るだけに退嬰的な呪詛を与えるだけの体系から離れ、自らのルサンチマンとは、羨望する事により、自らを牢獄に投獄し、魂胆は、解決を求めず、関係性の渦中に普遍的な憎悪を巻き込み、自らが撒き散らかす猜疑心により、慢心を生み出し、物事に対する弊害を生み出し、根幹は腐りきり、草臥れた関連性に連動する劣悪な環境に責任転嫁するだけに解決すべき自己を飛び越えず、システムの穴に落ち、トラウマに重なる漫然とした日々に陰鬱な衝動が照合され、快活な動機を喪失し、相互する意識は淫靡な状態を移動し、用いられるジレンマに連動するちぐはぐな思いが儚い記憶を流動し、重用される物事だけが、ことごとくの正しさを奪い、収奪されるだけの起源から、物事に対する限界が生まれ、現前に果てる思いが、こじれる意図から引き出す理由に偏るだけの思想が生まれ、今に恨むべく、ベクトルを操作し、相互する意識は、知り得るものだけを虐げ、知り得るものだけを知っているように仕向けるだけに損得は、その場で尊厳を用い、自らのプライドを守るために摩耗する意識に言い分や、イーブンな思いで物事と対抗し、こじれる意図から、管轄に陥るだけに欠ける関係性に制度から権利が運ばれ、瓦解する精神は、経緯を損ない、生じる痛みにより、帰任すべき愛すらも復元されるだけの理由に領土を明け渡し、経路を失い、生じる理由に無垢であるべく、弁解を続けるだけに嘯く思念は、心象に染みいる理由に理想を与えず、競うだけに価値を与え、こじれる辺りから、従属するだけの思いに重みを与え、愛した軌跡に閉じる思いが、集約される無念さに領土を明け渡し、契約されるだけにあいまいな理想は、競う事により、寄りかかるだけの問題に押しつけられる痛みに陰鬱な衝動を正直に放ち、配下にされるだけに査定される思いは、愛した記憶に分析を施し、幇助されるだけに傍受される思いは、内面的な制約に終えるだけの緩慢な情だけが、愛なのだ、と勘違いし、管理下に置かれるだけの愛に妨げられ、最たる意味を消失し、証拠も残さず、還元されるだけの関連に連動していく思いが、動詞をそこに与え、緩衝するまにまに、互いの愛は繭になり、すべてを包容するよりも、包括するのが愛であり、理解を超越した包括こそが、依存的に互いを捉えず、損得や善悪を超え、長じる運命が虚偽や距離を与えずに、胸裏にひしめく確かさだけが、対価を求めず、体感する思いが歯止めも無く、意味合いを超え、近因に破裂する愛が、物事の姑息さを超越し、あらゆる因果を超克しては、数々のジレンマに陥るだけの悪意を飛び越え、投じる答えに応じる思いが、永遠性を蓄え、相互依存するだけの運命から、放たれ、自らは運命からも孤立し、乾いたままで、印象にとろけ、包括される限りの世界からも抜けだし、安易な計算から逃れ、放たれる事に自由すらも用いず、牽引されるだけの権威的な気配を毛嫌いし、快活なままで不羈にとどろく者である私は、何事をも捉えず、途絶えずに引き継ぐだけの理由に姑息な支配は現れ、物事の煩わしさばかりが増える事を知る。